通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ST-DBP-020 - 未定義の出力プロパティ

Rule ID: ST-DBP-020

範囲: アクティビティ

📘

注:

このルールは、既定では無効化されています。

説明

このルールは、特定のアクティビティの出力プロパティが宣言および使用されているかどうかを確認します。特定のアクティビティを除外できます。このルールで既定で除外されるアクティビティは次のとおりです。

  • For Each with the namespace UiPath.Core.Activities.ForEach です。
  • Message Box with the namespace UiPath.Core.Activities.MessageBox
  • Run Spreadsheet Macro with the namespace UiPath.Excel.Activities.Business.ExecuteMacroX です。
  • Check App State with the namespace UiPath.UIAutomationNext.Activities.NCheckState です。
  • Insert Sheet with the namespace UiPath.Excel.Activities.Business.InsertSheetX です。

推奨

特定のアクティビティの出力プロパティが宣言された変数に設定されていることを確認してください。

875875

ルールの変更

[プロジェクト設定] ウィンドウで、[ワークフロー アナライザー] タブを選択します。以下の画像のように、ルールを見つけて選択します。

Add more activities in the Excluded field by adding their namespaces separated by a comma. For example, the following parameter UiPath.Core.Activities.ForEach, UiPath.Core.Activities.MessageBox, UiPath.Excel.Activities.Business.ExecuteMacroX, UiPath.UIAutomationNext.Activities.NCheckState, UiPath.Excel.Activities.Business.InsertSheetX, UiPath.Core.Activities.GetVisibleText adds Get Visible Text to the list of activities excluded from the check.

既定値にリセット

値を既定値に戻すには、[プロジェクト設定] ウィンドウのルールを右クリックして、[既定値にリセット] をクリックします。

875875

1 年前に更新


ST-DBP-020 - 未定義の出力プロパティ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。