通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

アカウントとマシンのマッピングを設定する

このページでは、管理者がいつも特定のホスト マシンのログインに使用しているアカウントを、関連するマシン テンプレートにリンクさせて、特定のアカウントとマシンのペアを唯一有効な実行ターゲットとして設定する手順を、段階を追って説明します。

管理者は、ジョブを開始したりトリガーを設定したりするときに、特定のアカウントとマシンのペアを実行ターゲットとして定義できます。アカウントとマシンのマッピング機能では、特定のアカウントによるプロセスの無人実行を特定のマシン テンプレートに関連付けることができます。これにより、特定のアカウントとマシンのペアを唯一有効な実行ターゲットとして設定し、ユーザーが自分がログインしているマシンでのみオートメーションを実行できるように制限して、オートメーションの実行ターゲットをきめ細かく制御できます。
アカウントとマシンのマッピングは、テナントベース (特定のフォルダーに関連付けられていない) またはフォルダーベース (特定のフォルダーに関連付けられている) で実行されます。
Learn about account-machine mappings.

テナント レベルでマッピングを設定する


📘

テナント レベルでアカウントとマシンのマッピングを変更するには、マシンに対する [表示] 権限と [編集] 権限、またはマシンに対する [表示] 権限と [作成] 権限が必要です。

  1. [新しいマシンを追加] または [マシンを編集] をクリックして、新しいマシン テンプレートを作成するか、既存のマシン テンプレートを編集します。
  2. 全般設定を設定します。
  3. [アカウントとマシンのマッピング] タブをクリックします。
  4. マッピング方法を選択します。
    • すべてのアカウントにこのマシンの使用を許可 - 特定のマッピングはありません。
    • 特定のアカウントのみをこのマシンに割り当て - 実行が許可される、特定のアカウントとマシンのペアを設定します。
  5. 特定のマッピング方法について、当該マシンでの実行が許可されるアカウントを選択します。フォルダーごとに、許可されたアカウントとマシンのペアのよりきめ細かいサブセットを作成できます。
    フォルダーにアカウントとマシンのペアを設定する方法については、こちらをご覧ください。
920920

アカウントは、Unattended ロボットの Windows 資格情報 (ドメイン\ユーザー名) を使用して [アカウントとマシンのマッピング] ページに示されます (作成されている場合)。

920920

テナント マッピングに対して行われた変更はすべて、フォルダー レベルで次のように反映されます。

  • テナントから継承 - テナント マッピングに対して行われたアカウント設定の変更はすべて、フォルダー レベルでも反映され、テナント マッピングでアカウントを追加/削除すると、ユーザーはフォルダー マッピングでも追加/削除されます。
  • このフォルダーに対する特定のアカウントとマシンのマッピング - アカウントをテナント マッピングに追加しても、フォルダー マッピングで使用できるようにはなりません。アカウントは、フォルダー マッピングからは除外されます。テナント マッピングからアカウントを削除すると、アカウントはフォルダー レベルでも削除されます。

フォルダー レベルでマッピングを設定する


📘

フォルダー レベルでアカウントとマシンのマッピングを変更するには、フォルダーに対する [編集] 権限またはサブフォルダーに対する [編集] 権限が必要です。

📘

反映されたマシンに対して、アカウントとマシンのマッピングを設定することはできません。

アカウントとマシンのマッピングはフォルダーごとに設定できます。つまり、特定のフォルダー内のマシン テンプレートに対して、特定のアカウントのみがプロセスを実行できるように制限できます。フォルダー レベルでマッピングを設定した場合は、マッピングしたアカウントとマシンの組み合わせでのみ、フォルダー内で自動化プロセスを実行できるようになります。

フォルダー マッピングはテンプレート マッピングのサブセットで、最も細かいレベルでの設定を行えます。フォルダー レベルのマッピングを設定しない場合は、テンプレート レベルのマッピングが既定の設定として保持されます。

894894

🚧

重要

  • アカウントとマシンのマッピングにフォルダーに追加されたアカウントは、既存のマッピングには追加されません。そのため、それらのアカウントはそのマシンを使用できません。使用できるようにするには、アカウントをマシンに手動でマップします。
  • トリガーに使用されるマッピングの一部であるアカウントを削除したり、トリガーが存在するフォルダーへの割り当てを解除したりすることはできません。アカウントがトリガーで実行ターゲットとして設定されておらず、削除できるようになっていることを確認します。

アカウントとマシンのマッピングを有効化/無効化する


  1. テナント レベルで、[設定] > [全般] に移動します。
  2. [モダン フォルダー] セクションで、[ユーザーとマシンのマッピングを有効化] チェックボックスをオンにします。
    enable_ummenable_umm

📘

既知の問題

アカウントとマシンのマッピング機能を無効にすると、UI にマッピングが表示されない場合も、ジョブの実行時に既存のアカウントとマシンのマッピングが保持されます。

1 年前に更新


アカウントとマシンのマッピングを設定する


このページでは、管理者がいつも特定のホスト マシンのログインに使用しているアカウントを、関連するマシン テンプレートにリンクさせて、特定のアカウントとマシンのペアを唯一有効な実行ターゲットとして設定する手順を、段階を追って説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。