Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

Robot を Orchestrator に接続する

このページでは、Orchestrator で設定されているロボット認証メカニズムに応じて、Robot を Orchestrator に接続する方法を選ぶ方法について概説します。UiPath では、期限が切れるトークン認証から無期限のトークンを使用する認証まで、多数のロボット認証方法が用意されています。

使用できる 3 つの認証メカニズムは、[設定] ページ > [セキュリティ] タブにある 2 つの Orchestrator テナント設定をどのように指定するかによって決定されます。



ロボット認証の種類

標準認証

[設定] ページ > [セキュリティ] タブで両方の認証オプションをクリアして、無期限の認証トークンを使用する接続のみを許可します。

  • ユーザー認証とロボット キー認証の両方を許可 - 未選択

  • ユーザー認証を強制し、ロボット キー認証を無効化 - 選択済み

入力

影響

Attended

Assistant での Attended ロボットの認証を、マシン キーだけに制限します。Assistant に [サインイン] オプションは表示されないため、ユーザーは資格情報を使用して Studio と Assistant を Orchestrator に接続できません。

Unattended

Unattended ロボットには常に、マシン キー接続が必要です。

ハイブリッド認証

[ユーザー認証とロボット キー認証の両方を許可] を有効化して、[ユーザー認証を強制し、ロボット キー認証を無効化] をクリアすることで、期限が切れないトークンを使用する標準接続と期限が切れるトークンを使用する接続の両方を許可します。

ユーザー認証とロボット キー認証の両方を許可 - 選択済み

ユーザー認証を強制し、ロボット キー認証を無効化 - 選択済み

影響

 

Attended

対話型サインインを使用して、Attended ロボットを認証できます。Assistant に [サインイン] オプションが表示され、ユーザーは資格情報を使用して Studio と Assistant を Orchestrator に接続できますが、これは必須ではありません。

Unattended

Unattended ロボットには常に、マシン キー接続が必要です。

セキュリティで保護された認証

[設定] ページ > [セキュリティ] タブで両方の認証オプションを有効化して、期限が切れるトークンを使用する接続のみを許可します。Orchestrator への HTTP 要求を作成したり、Attended ロボットを実行したり、Assistant でプロセスを表示したりするには、ユーザー ログインが必要です。

ユーザー認証とロボット キー認証の両方を許可 - 選択済み

ユーザー認証を強制し、ロボット キー認証を無効化 - 選択済み

影響

 

Attended

Assistant での Attended ロボットの認証を、対話型サインインだけに制限します。

Attended ロボット認証にはサインインが必要です。サインインしないと、Assistant 内に関連するプロセスが表示されず、ロボットは「接続済み、ライセンスなし」として表示されます。

Unattended

Unattended ロボットには常に、マシン キー接続が必要です。

有人モードでの Unattended

Unattended の場合、ホスト マシンは有人モードで接続され、ライセンスされるため、プロセス実行の規定の方法は Orchestrator になります。

マシンを有人モードで (Assistant を開いて) 使用する場合、ユーザー認証が強制されているとサインインが必要です。そうしないと、Assistant でプロセスが表示されず、ロボットは「接続済み、ライセンスなし」として表示されます。

警告:

この認証方法では、Orchestrator アクティビティを使用したり、Orchestrator API への直接 HTTP 呼び出しを行ったりするワークフローは、v2020.10 以上のアクティビティ パッケージを使用して再コンパイルする必要があります。

オートメーション プロジェクトで以下の依存関係の 1 つ以上が使用されている場合、ジョブの実行が失敗する可能性があります。

  • UiPath.System.Activities < 20.10.0
  • UiPath.Persistence.Activities < 1.1.7
  • UiPath.DataService.Activities < 20.10.0
  • UiPath.Testing.Activities < 1.2.0

プロセスの依存関係を上記で指定されたバージョン以上のバージョンに更新するには、Studio のプロジェクト依存関係一括更新ツールを使用します。本番環境にデプロイする前にテストします。

Attended ロボットを Orchestrator に接続する

対話型サインイン

対話型サインインを使用して、Attended ロボットを認証します。Assistant に [サインイン] オプションが表示され、ユーザーは資格情報を使用して Studio と Assistant を Orchestrator に接続できます。以下に対応しています。

  • ハイブリッド認証
  • セキュリティで保護された認証
  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで、[サインイン] を選択します。Orchestrator インスタンスの [ログイン] ページに移動します。
  3. 通常どおりにログインします。
  4. ユーザー情報が確認されると、Assistant に、お使いのアカウントがアクセス権を持つフォルダー内のプロセスが設定されます。対話型認証の詳細については、こちらをご覧ください。
    注: 対話型サインインを使用するときに、作成する必要はありません。

    Orchestrator のマシン オブジェクト

    重要: 対話型サインインは、クラシック フォルダーのコンテキストではサポートされません。

Assistant でマシン キーを使用する

Orchestrator で生成されたマシン キーを使用して、Attended ロボットを認証します。以下に対応しています。

  • 標準認証
  • ハイブリッド認証

    注:
    • 社内で Orchestrator の設定を担当する人は、Attended User と開発者に正しい Orchestrator URL とマシン キーを提供する必要があります。マシン オブジェクトを Orchestrator のフォルダーに割り当てる必要はありません。アカウントのみを割り当てます。
    • 複数のアカウントが同一マシン上で作業している場合、それぞれに Orchestrator で作成されたロボットが必要です。
  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで、[設定] を選択します。[設定] ウィンドウが表示されます。


  3. [Orchestrator の設定] に移動します。
  4. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の Web アドレスを入力します。例: https://myOrchestrator.uipath.com/.
  5. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン エンティティによって生成されたキーを入力します。
  6. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。


コマンド ラインでマシンキーを使用する

  1. Orchestrator で生成されたマシン キーをクリップボードまたはファイルに保存します。
  2. コマンド プロンプトを開きます。
  3. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します (既定では C:\Program Files\UiPath\Studio)。例: cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  4. コマンド ライン引数 --connect-url、および -key を Orchestrator URL およびマシン キーと組み合わせて使用します。たとえば、UiRobot.exe --connect -url https://demo.uipath.com/ -key ba1e4809-2f64-4965-bae2-efda62d20164 です。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
    注:「https://demo.uipath.com/」は実際の Orchestrator の URL に置き換えてください。

Unattended ロボットを Orchestrator に接続する

Assistant でマシン キーを使用する

Orchestrator で生成されたマシン キーを使用して、Unattended ロボットを認証します。無人実行には常に、マシン キー接続が必要です。以下に対応しています。

  • 標準認証
  • ハイブリッド認証
  • セキュリティで保護された認証

注: この手順をサービス モードの Robot に実行するには管理者権限が必要です。
重要:

Orchestrator を使用して無人プロセスを実行できるように、ホスト マシンは無人モードで接続され、ライセンスされています。

マシンを有人モードで (Assistant を開いて) 使用する場合、ユーザー認証が強制されているとサインインが必要です。そうしないと、Assistant でプロセスが表示されず、ロボットは「接続済み、ライセンスなし」として表示されます。

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで、[設定] を選択します。[設定] ウィンドウが表示されます。


  3. [Orchestrator の設定] に移動します。
  4. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の Web アドレスを入力します。例: https://myOrchestrator.domain.local/.
  5. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン エンティティによって生成されたキーを入力します。
  6. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。


    注:
    • マシン オブジェクトを Orchestrator のフォルダーに割り当てる必要があります。

コマンド ラインでマシンキーを使用する

  1. Orchestrator で生成されたマシン キーをクリップボードまたはファイルに保存します。
  2. コマンド プロンプトを開きます。
  3. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します (既定では C:\Program Files\UiPath\Studio)。例: cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  4. コマンド ライン引数 --connect-url、および -key を Orchestrator URL およびマシン キーと組み合わせて使用します。たとえば、UiRobot.exe --connect -url https://demo.uipath.com/ -key ba1e4809-2f64-4965-bae2-efda62d20164 です。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
    注:「https://demo.uipath.com/」は実際の Orchestrator の URL に置き換えてください。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.