Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

Attended ロボットを設定する

Attended ロボットの基本的な情報についてはこちらをご確認ください。

グループに Attended ロボットを設定する

以下で、管理者がユーザーのグループに対して Attended ロボットを有効化する手順を、段階を追って説明します。グループは、同様のアクセス権、ロボット構成、ライセンスを必要とするアカウントをまとめて管理できるようにして、作業を簡素化するために使用します。

  1. Orchestrator のグループを参照するか、既存のグループを編集してロールを割り当てます。
  2. [ロボットの設定] タブで、Attended ロボットのトグルを有効化します。
  3. [ロボットの設定] タブで、対応する UiPath Robot の実行設定を行います。
  4. [追加] をクリックします。グループが参照/更新されます。Orchestrator にサインインしている各グループ メンバーに 1 台の Attended フローティング ロボットがプロビジョニングされます。Attended ライセンスはユーザーごとに消費されます。ライセンスは先着順の原則に従って割り当てられます。別のユーザーにライセンスを割り当てる場合は、既存のユーザーのライセンス割り当てを解除して、ライセンスを手動で解放する必要があります。

個別のアカウントに Attended ロボットを設定する

以下で、管理者が個別のユーザー アカウントに対して Attended ロボットを有効化する手順を、段階を追って説明します。これはグループ メンバーシップによってアクセス権が付与される機能だけでなく、他にも何らかの機能を必要とするグループ メンバーがいる場合に推奨される方法であり、ロボット構成に対するよりきめ細かい設定が可能になります。

  1. ユーザー アカウントを追加または編集して、ロールを割り当てます。
  2. [ロボットの設定] タブで、Attended ロボットのトグルを有効化します。
  3. [ロボットの設定] タブで、対応する UiPath Robot の実行設定を行います。
  4. [追加] をクリックします。ユーザー アカウントが作成/更新されます。ユーザーに 1 台の Attended フローティング ロボットが作成されます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.