Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

アカウントとグループ

[アカウントおよびグループ] ページでは、組織のローカル ユーザー アカウント、ロボット アカウント、およびローカル グループを定義できます。

アクセス権のレベルやユーザーが実行できる操作は、次の 2 つの要素を使用して制御できます。

  • アカウント - ユーザーの ID を確立し、UiPath アプリケーションへのログインに使用されます。
  • ロール - UiPath エコシステム内で特定の権限を付与するために、アカウントに割り当てられます。

アカウントは Orchestrator で作成または管理されません。Orchestrator では、ロールとその割り当てのみを管理できます。

アカウントについて

アカウントとは、割り当てられたアクセス権に基づいて Orchestrator の表示と制御が許可される、アクセス権限に応じた能力を持つ UiPath Platform のエンティティです。

アカウントの管理は以下のように行われます。

  • 以下の場所から、ローカル (ローカル アカウント) で作成・管理できます。

  • 外部ディレクトリ (ディレクトリ アカウントとディレクトリ グループ) で作成および管理できます。ディレクトリ連携の仕組みをよりよく理解するには、「Active Directory との連携」をご覧ください。

詳細情報:

アカウントの種類について詳しくは、こちらをご覧ください。 Orchestrator のアクセス制御モデルについて詳しくは、こちらをご覧ください。これはロールの割り当てに依存します。

アカウントは組織レベルの管理ポータルで追加して、対応する組織内でのみ使用できます。

正常に追加されたアカウントに Orchestrator へのアクセス権を付与するには、次の 2 つの方法があります。1 つはアカウントをグループに追加してグループのロールを継承させる方法、もう 1 つはサービス レベルでアカウントごとにロールを割り当てる方法です。2 つの方法を併用することで、組織内のアカウントに付与するアクセス権をきめ細かく制御できます。

注: モダン フォルダーでは、ロボットの管理をユーザー レベルで行います。アカウントを管理する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Active Directory との連携

Active Directory (AD) をOrchestrator で参照すると、そのメンバーは潜在的な Orchestrator ユーザーとなります。ディレクトリ アカウントのアクセス レベルは、Orchestrator 内で、グループ レベル (ディレクトリ グループ) またはユーザー レベル (ディレクトリ ユーザー) のいずれかで設定されます。

以下と連携できます。

前提条件

  • WindowsAuth.Domain パラメーターに、有効なドメインが指定されていること。ユーザー/グループを追加するときに、WindowsAuth.Domain パラメーターで指定されているドメインと双方向の信頼関係にあるフォレストのすべてのドメインとサブドメインが使用可能であること。
  • Orchestrator がインストールされているマシンが、WindowsAuth.Domain パラメーターで設定されているドメインに参加していること。デバイスがドメインに参加しているかどうかを確認するには、コマンド プロンプトから dsregcmd /status を実行して、[デバイスのステート] セクションに移動します。
  • Orchestrator のアプリケーション プールを実行する ID は、Windows 認証アクセス (WAA) グループに属している必要があります。

動作

  • ディレクトリ グループを追加すると、必要なアクセス権を設定できるユーザー グループ エンティティが Orchestrator 内に作成されます。この Orchestrator のエントリは、Active Directory のグループへの参照として機能します。
  • ログインすると、Orchestrator はグループ メンバーシップを確認します。確認が済むと、ユーザー アカウントが自動的にプロビジョニングされ、グループから継承されたアクセス権が関連付けられます。継承された権限は、ユーザー セッションの間だけ保持されます。
  • 自動プロビジョニングは、最初のログイン時に行われます。自動プロビジョニングされたユーザー アカウントは、監査のためにそのエントリが必要になる可能性があるため、ログアウト時に削除されません。
  • アカウントのグループ メンバーシップは、Orchestrator によってログイン時に、またはアクティブなセッションでは 1 時間に 1 度確認されます。アカウントのグループ メンバーシップが変更された場合、アカウントに対しする変更は次回のアカウントのログイン時に適用されますが、アカウントが現在ログイン中である場合は、1 時間以内に変更が適用されます。

    グループ メンバーシップを確認する期間は既定では 1 時間ですが、IdentityServer.GroupMembershipCacheExpireHours パラメーターの値を設定して変更できます。

  • Active Directory のグループは Orchestrator と同期しますが、Orchestrator に加えた変更は、Active Directory のユーザー構成には影響しません。
  • (グループ メンバーシップから) 継承したアクセス権を持つ Active Directory ユーザーは、ローカル ユーザーと同じように、つまりアカウントに割り当てられたロールに完全に依存して機能するようには定義できません。
  • アクセス権がグループ メンバーシップの変更に関係なくセッション間で保持されるよう設定する唯一の方法は、グループを使用してロールを割り当てるのではなく、Orchestrator のユーザー アカウントにロールを直接割り当てることです。

既知の問題

  • ネットワークや設定の諸問題により、[ドメイン名] のドロップダウン リストに表示されるドメインの一部にアクセスできない可能性があります。
  • Active Directory のユーザー/グループ名を変更しても、その変更が Orchestrator に反映されません。
  • 双方向に信頼関係にあるドメインを新たに追加すると、ドメインのリストを更新するのに最大 1 時間ほどかかることがあります。
  • GetOrganizationUnits(Id) および GetRoles(Id) 要求を送信しても、自動プロビジョニングされたユーザーに明示的に設定されたフォルダーおよびロールしか返されません。グループの設定を継承したフォルダーやロールを取得するには、/api/DirectoryService/GetDirectoryPermissions?userId={userId} エンドポイントを使用してください。
  • ユーザー インターフェイスも同様です。[ユーザー] ページには、明示的に設定されているフォルダーとロールのみが表示されます。一方、継承されたフォルダーとロールは、新しい専用の [ユーザーの権限] ウィンドウ ([ユーザー] > [その他のアクション] > [権限を確認]) に表示されます。
  • 既定では、ユーザーはアラートのサブスクリプションの設定を親グループから継承せず、アラートを受信しません。ユーザーがアラートにアクセスできるようにするには、アラートへの権限を明示的にユーザーに付与する必要があります。
  • ディレクトリ グループを削除した際、関連付けられたディレクトリ ユーザーがフォルダーから割り当て解除されたとしても、そのユーザーのライセンスは削除されません。ライセンスをリリースするにはロボット トレイを閉じてください。
  • ブラウザーによっては、Active Directory 資格情報を使用して Orchestrator にログインする際に必要なのはユーザー名のみで、ドメインを指定する必要がありません。このため、domain\username の構文が機能しない場合はユーザー名のみを入力してみてください。

監査の考慮事項

  • ユーザー メンバーシップ: ユーザー [ユーザー名] は、次のディレクトリ グループ [ユーザーが現在のセッションでアクセス権を継承するディレクトリ グループ] に割り当てられました。
  • 自動プロビジョニング: ユーザー [ユーザー名] は、次のディレクトリ グループ [ユーザーが現在のセッションでアクセス権を継承したディレクトリ グループ] から自動的にプロビジョニングされました。

ユーザーの種類

グループ

グループを使用すると同じロールや設定を複数のユーザーに適用できるため、一度に複数のユーザーを管理できます。

  • ユーザーのメンバーシップは、[管理] > [アカウントとグループ] から設定します。

  • ユーザー グループを使用するとグループ権限による自動アクセス制御が可能になります。ユーザー権限はグループに対するユーザーの追加または削除に基づいて設定され、個別に管理する必要がありません。

  • 既定のグループは、AdministratorsAutomation UsersAutomation DevelopersEveryone です。すべてのグループには、作成する新規サービスごとに、既定の権限セットが付属しています。そのまま使用できる、この付属のロールは、Orchestrator のサービスごとに後ほどカスタマイズできます。

  • UiPath が提供する 4 つの既定グループよりも多くのグループが必要な場合は、カスタム ローカル グループを作成できます。既定のローカル グループと異なり、カスタム グループは Orchestrator 内で手動で追加する必要があります。ユーザーが持つグループ メンバーシップとそれに対応する Orchestrator 内のロールが正しくマッピングされるようにするためです。

グループのロールは、自動プロビジョニングされたユーザーまたは手動で追加されたユーザーを問わず、そのグループに属するすべてのユーザーに渡されます。これらのロールは、アカウントごとにのみ設定できる「直接割り当てられたロール」とは対照的に「継承されたロール」と呼ばれます。

注:
  • 複数のグループに属するユーザーは、それらすべてのグループからアクセス権を継承します。
  • 複数のグループに属し、ロールを直接的にも付与されているユーザーは、グループから継承されたロールと直接割り当てられたロールの和集合を所持します。
  • Orchestrator に追加済みのグループに属しているユーザーは、Orchestrator にログインするための明示的なユーザー アカウントを必要としません。
  • 継承されるロールは、関連付けられたユーザー グループに依存します。グループがサービスから削除されると、アカウントの継承されたロールも削除されます。
  • 直接割り当てられたロールは、アカウントが存在するグループの影響を受けません。これらのロールは、グループのステートに関係なく保持されます。

たとえば、ジョン・スミスさんを Automation Cloud 組織の Automation UsersAdministrators ユーザー グループに追加したとしましょう。

  • Automation User グループは Finance Orchestrator サービス内に存在します。
  • Administrator グループは HR Orchestrator サービス内に存在します。
  • ジョンのアカウントには、両方のサービスで直接的にもロールが割り当てられています。

ジョンには各サービスの継承した権限と明示的権限の和集合が与えられます。

サービス/ロール

ユーザー グループ

継承されたロール

明示的なロール

全般

Finance テナント

Automation User

   

テナント レベルのロール

  • Allow to be Automation User
  • Allow to be Automation User
  • Allow to be Folder Administrator
  • Allow to be Automation User
  • Allow to be Folder Administrator

フォルダー レベルのロール

  • フォルダー A の Automation User
  • フォルダー B の Automation User
  • フォルダー A の Automation User
  • フォルダー B の Automation User
  • フォルダー A の Folder Administrator
  • フォルダー A の Automation User
  • フォルダー B の Automation User
  • フォルダー A の Folder Administrator

HR テナント

Administrators

   

テナント レベルのロール

  • Allow to be Folder Administrator
  • Allow to be Folder Administrator
 
  • Allow to be Folder Administrator

フォルダー レベルのロール

  • フォルダー D の Folder Administrator
  • フォルダー E の Folder Administrator
  • フォルダー D の Folder Administrator
  • フォルダー E の Folder Administrator
  • フォルダー F の Folder Administrator
  • フォルダー D の Folder Administrator
  • フォルダー E の Folder Administrator
  • フォルダー F の Folder Administrator

ユーザー (User)

Orchestrator へのユーザーの追加に使用されるメカニズムによって、ユーザーは 2 つのカテゴリに分類できます。

手動で追加されたユーザー

Orchestrator に手動で追加され、テナント レベルまたはフォルダー レベルのいずれかで明示的に権限を付与されたユーザーです。手動で追加されたユーザー アカウントが、Orchestrator サービスに追加されたグループに属している場合、アカウントはそのグループのアクセス権も継承します。

自動でプロビジョニングされたユーザー

ローカル グループに追加され、Orchestrator にログインするユーザーです。これらのユーザーは、グループから継承した権限に基づいて Orchestrator にアクセスできます。Orchestrator に初めてログインした時に自動的にプロビジョニングされます。

注: [ユーザー] ページの [ロール] 列には、ユーザーに明示的に割り当てられたロールが表示されます。手動で追加されたか、自動プロビジョニングされたかは問いません。この列には、継承されたロールは表示されません。

特定ユーザーに対する [その他のアクション] > [権限を確認] > [ユーザー権限] ウィンドウでは、そのユーザーのすべての権限セット (継承したものも含む) を確認できます。

手動で追加されたユーザー

自動プロビジョニングされたユーザー

 

アクセス権を継承する

利用可能

利用可能

明示的なアクセス権を持つことができる

利用可能

利用可能

Cloud Portal がユーザー情報の一元的なハブである

利用可能

利用可能

SSO

利用可能

利用可能

Robot

ロボットを Orchestrator に手動でデプロイすると、ロボット ユーザーが自動的に作成されます。ロボット ユーザーには、既定で Robot ロールが割り当てられます。このロールでは、複数のページへのアクセス権がロボットに付与されるため、ロボットはさまざまなアクションを実行できます。

アカウントとグループのアイコン

アカウント、グループ、ロールを管理するページでは、アカウントの種類やグループの種類を認識しやすくするために、それぞれの種類に対する固有のアイコンが表示されます。

アカウントのアイコン

- UiPath ユーザー アカウント: UiPath アカウントに関連付けられ、基本認証を使用してサインインするユーザー アカウントです。

- SSO ユーザー アカウント: SSO を使用してサインインする、UiPath アカウントに関連付けられたユーザー アカウントです。UiPath のユーザー アカウントとディレクトリ アカウントの両方を所有するユーザー アカウントにも、このアイコンが表示されます。

- ディレクトリ ユーザー アカウント: ディレクトリから作成され、Enterprise SSO を使用してサインインするアカウントです。

- ロボット アカウント

グループのアイコン

- ローカル グループ (または、単にグループ): ホスト管理者によって作成されたグループ。

- ディレクトリ グループ: 関連付けられたディレクトリ内で作成されたグループです。

ロールについて

Orchestrator では、ロールと権限に基づくアクセス管理メカニズムを使用します。ロールとは権限の集合です。つまり、Orchestrator の特定のエンティティを使用するために必要な複数の権限がロールに割り当てられます。

ロール権限とユーザー ロールの組み合わせにより、Orchestrator に対して一定レベルのアクセスを許可できます。ユーザーは、1 つまたは複数のロールによって、特定の操作を実行するために必要な権限を得られます。権限はユーザーに直接割り当てられるのではなく、ロールを通じてのみ取得できるため、アクセス権限の管理では、ユーザーに適切なロールを割り当てるという作業が伴います。

詳しくは、「ロールを管理する」をご覧ください。

ユーザーを管理するための権限

[ユーザー] ページや [ロール] ページでさまざまな操作を実行するには、関連する権限を付与されている必要があります。

  • ユーザー - 表示 - [ユーザー] ページと [プロファイル] ページを表示できます。
  • ユーザー - 編集 - [プロファイル] ページでユーザーの詳細や設定を編集したり、[ユーザー] ページでユーザーをアクティブ化/非アクティブ化したりできます。
  • ユーザー - 表示ロール - 表示 - [ユーザーの権限] ウィンドウでユーザーの権限を表示できます。
  • ユーザー - 編集ロール - 表示 - [アクセス権を管理] > [ロールを割り当て] ページでロールの割り当てを編集できます。
  • ユーザー - 作成ロール - 表示 - ユーザーを作成できます。
  • ユーザー - 表示ロール - 編集 - [アクセス権を管理] > [ロール] ページの [ユーザーを管理] ウィンドウでロールを管理できます。
  • ユーザー - 削除 - Orchestrator からユーザーを削除できます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.