Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

Orchestrator でアセットを管理する

アセットを作成する

  1. [アセット] ページで、[追加] をクリックします。[アセットを追加] ウィンドウが表示されます。
  2. [アセット名] フィールドに、アセットの名前を入力します。
  3. Type のリストから、作成するセットの種類を選択します。
  4. アセットの説明を追加します。
  5. このアセットを保存する場所を、[資格情報ストア] のリストの定義済み資格情報ストアの中から選択します。
  6. このアセットに既定値 (アカウントごと/アカウントとマシンごとの固有の値が存在しない場合に使用されます) を設定するかどうかを [グローバル値] のトグルで指定します。
    • 有効化する場合は、アセットに含める内容を [値] フィールドに入力します。アセットがブール型の場合は [True] または [False] を選択します。アセットが資格情報の場合は、[ユーザー名][パスワード] を入力します。
    • 無効化する場合は、アカウント固有のアセット値を少なくとも 1 つは指定する必要があります。
  7. [ロボットのアセット値を追加] ボタンを使用して、必要なアカウントごとまたはアカウントとマシンごとのアセット値を作成します。
  8. [作成] をクリックします。アセットが作成され、[アセット] ページに表示されます。
    注: アセットを作成した後は、アセットの種類は変更できません。

    フィールド

    説明

    アセット名

    ユーザーが設定する名前で、アセットを識別するために役立ちます。

    256 文字までです。

    入力

    アセットの種類です。 次のオプションがあります。

    • Text - 文字列のみを格納できるアセットです。既定のオプションです。
    • Bool - true または false の値のみを格納できるアセットです。このオプションを選択すると、[] フィールドに2種類のラジオ ボタン ( [True]、[False] ) が表示されます。
    • Integer - 整数値のみ格納できるアセットです。
    • Credential - 認証情報を格納するアセットです。このオプションを選択すると、[Value] フィールドが、[Username] および [Password] に置換されます。

    資格情報ストア

    資格情報アセットを追加する際にのみ利用できます。

    アセットが保存される資格情報ストアです。ネイティブの Orchestrator データベースの場合と、ユーザーが作成した任意の外部ストアの場合があります。

    外部名

    資格情報アセットを CyberArk 資格情報ストアに追加する場合にのみ使用できます。

    CyberArk®と通信するときに使用されるアセットの名前です。

    グローバル値

    特定のアセット値 ([ロボットのアセット値を追加] ボタンを使用して定義) が割り当てられているアカウントを除くすべてのアカウントが、グローバル値を持つアセットを受け取ります。このオプションが有効化されている場合、アカウントが受け取るグローバル値を入力する必要があります。

    • [Bool] アセットの場合、[True][False] の 2 つのラジオ ボタンが表示されます。既定では、[False] が選択されています。
    • [Credential] アセットの場合、[ユーザー名][パスワード] のフィールドが有効化されます。これら両方のフィールドに入力する必要があります。
    • テキストアセットの場合、このフィールドの最大文字数は 1,000,000 文字です。

    ロボットのアセット値を追加

    マシンごと、またはアカウントとマシンごとに、特定のアセット値を追加できます。

    注: [グローバル値] のオプションを使用しない場合は、特定の値を少なくとも 1 つは設定する必要があります。グローバル値が設定されている場合は、特定の値の追加は任意です。
    • [Bool] アセットの場合、[True][False] の 2 つのラジオ ボタンが表示されます。既定では、[False] が選択されています。
    • [Credential] アセットの場合、[ユーザー名][パスワード] のフィールドが有効化されます。これら両方のフィールドに入力する必要があります。
    • [Text] の場合、このフィールドに入力できる最大文字数は 1,000,000 文字です。

アセットのリンクを管理する

フォルダー間でアセットを共有すると、基になるプロセスが同じアセットをターゲットにしている場合、Studio でワークフローを再設計しなくても、複数のフォルダーでジョブを開始できます。アセットをフォルダーにリンクすると、そのアセットとアセットに関連するすべてのオブジェクト (アセット アイテムなど) をそのフォルダーで使用できるようになります。

重要: 共有できるアセットは、グローバル値を持ち、アカウントごとの固有の値を持たないアセットのみです。アカウントごとの値を持つアセットをフォルダー間で共有することはできません。
注:

複数のフォルダーにリンクされているアセットは、 アイコンでマークされます。アイコンが表示されていない場合、現在のフォルダーは、アセットが存在する唯一のフォルダーです。ここでアセットを削除すると、アセットは Orchestrator から完全に削除されます。

アセットを追加するフォルダー (ターゲット フォルダー) のアセット - 作成権限と、現在アセットが存在するフォルダー (元のフォルダー) のアセット - 表示権限が必要です。ターゲット フォルダーのアセット - 編集権限がある場合は、元のフォルダーのアセット - 編集権限も必要です。

現在のフォルダーに複数のアセットをリンクする

  1. アセットをリンクするフォルダーの [アセット] ページで、[追加] をクリックします。アセットを追加したり、他のフォルダーのアセットをリンクしたり、オプションを非表示にするための、3 つのボタンが表示されます。
  2. [他のフォルダーのアセットをリンク] をクリックします。[他のフォルダーのアセットをリンク] ウィンドウに、アセットの表示権限を持つフォルダー内のすべてのアセットのリストが表示されます。
  3. [アセットを選択] セクションで、リストから 1 つまたは複数のアセットを選択します。
  4. [続行] をクリックします。[フォルダーの検証] セクションに移動します。ここで、アセットが既にリンクされているフォルダーを確認できます。複数のフォルダーがある場合は、番号が表示されます。番号にカーソルを合わせると、フォルダー名が表示されます。
  5. 変更を元に戻すには、該当するアセットの [削除] をクリックし、操作を取り消すには [終了] をクリックします。
  6. 選択したアセットと現在のフォルダーの間にリンクを作成するには、[リンク] をクリックします。アセットが [アセット] ページに表示されます。



複数のフォルダーにアセットをリンクする

  1. リンクするアセットが存在するフォルダーに移動します。
  2. 目的のアセットで [その他のアクション] > [リンクを管理] をクリックして、[リンクを管理] ウィンドウを開きます。アセットのリンクの管理ウィンドウが表示されます。

    1 - 左側のペインには、アセットの表示権限が付与されたすべてのフォルダーが表示されます。2 - アセットの現在のステート。アセットが現在置かれているフォルダーの数とその名前を示します。3 - 左側のペインで選択した内容に従ってアセットが追加されるフォルダーです。4 - アセットが削除されるフォルダーです。

  3. [更新] をクリックします。確認ウィンドウが表示されます。
  4. 変更を中止する場合は [キャンセル] をクリックし、変更を反映させる場合は [続行] をクリックします。変更内容に応じて、Orchestrator に操作が反映されます。

フォルダーへのアセットのリンクを解除する

フォルダーへのアセットのリンクの解除は、リンク操作とほぼ同じ方法で実行できます。上記の手順のリンク管理領域に移動し、特定のアセットと特定のフォルダー間の接続を削除します。

削除機能を使用してアセットを削除することもできます。

重要: 複数のフォルダーに存在するキューを削除すると、キューは削除操作を実行したフォルダーからのみ削除され、他のフォルダーからは削除されません。キューを完全に削除するには、既存のリンクをすべて削除する必要があります。

アセットの編集

アセットを編集するには、[その他のアクション] > [編集] ボタンをクリックし、必要な変更を行ってから [アセットを更新] ウィンドウの [更新] をクリックします。編集できるのはアセットの値と名前のみです。変更はすべて監査され、[監査] ページに表示されます。認証情報アセットのユーザー名を変更する場合、パスワードも変更する必要があります。

アセットを削除する

アセットを削除するには [その他のアクション] > [削除] をクリックします。

または、1つまたは複数のアセットを選択して [削除] ボタンをクリックすることもできます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.