Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

長期実行のワークフローを使用する

請求書処理やパフォーマンス レビューなど、論理的な断片化や人間の介入 (検証、承認、例外処理) を必要とするプロセスは、UiPath スイートのツール セットで処理されます。このセットは、オーケストレーション プロセスと呼ばれる Studio の専用プロジェクト テンプレート、Orchestrator のアクションやリソース割り当て機能で構成されます。

大まかに言うと、アクティビティのペアでワークフローを構成します。ワークフローは、特定の要件が満たされた場合にのみ一時停止されたジョブを再開できるように、実行の詳細でパラメーター化できます。要件が満たされた後にのみ、リソースがジョブの再開に割り当てられるため、消費の面で無駄がなくなります。

Orchestrator では、これは、ジョブを一時停止状態にし、要件が満たされるのを待ち、ジョブを再開して、通常どおり実行することによって、マークされます。使用するペアに応じて、完了要件が変わり、Orchestrator の応答がそれに応じて調整されます。

ジョブ

アクティビティ

ユースケース

キュー アイテムのアップロードなどのジョブ条件を導入します。

メインジョブが一時停止された後、補助ジョブが実行されます。このプロセスが完了すると、メインジョブが再開されます。ワークフローの構成方法に応じて、再開されたジョブは、補助プロセスの実行から取得したデータを利用できます。

: ワークフローがジョブを開始して参照を取得アクティビティを使用して別のアクティビティを呼び出す場合、ロボットのロールは、次の権限で更新する必要があります。
  • プロセスの表示
  • ジョブの表示編集作成
  • ロボット グループの表示

キュー

アクティビティ

ユースケース

キュー アイテムを処理するなどのキュー条件を導入します。

メイン ジョブが一時停止された後、補助ジョブでキュー アイテムを処理する必要があります。このプロセスが完了すると、メイン ジョブが再開されます。ワークフローの構成方法に応じて、再開されたジョブは、処理されたキュー アイテムから取得された出力データを利用できます。

アクション

フォーム アクション

アクティビティ

ユースケース

Orchestrator でアクションとして見つかったユーザー介入条件を導入します。

ジョブが中断されると、Orchestrator で (Studio での設定に従って) アクションが生成されます。

アクションが完了しないかぎり、ジョブは再開されません。

フォーム アクションは、割り当てられたユーザーが完了する必要があります。ユーザーの割り当ては、Orchestrator で直接行うか、[タスクを割り当て] アクティビティを使用します。

外部アクション

アクティビティ

ユースケース

Orchestrator でアクションとして見つかったユーザー介入条件を導入します。

ジョブが中断されると、Orchestrator で (Studio での設定に従って) アクションが生成されます。

タスクが完了しないかぎり、ジョブは再開されません。

外部アクションは、アクションに対する編集権限および関連するフォルダーへのアクセス権限を持つユーザーであれば、誰でも完了できます。

ドキュメント検証アクション

アクティビティ

ユースケース

Orchestrator でアクションとして見つかったユーザー介入条件を導入します。

ジョブが中断されると、Orchestrator で (Studio での設定に従って) アクションが生成されます。

タスクが完了しないかぎり、ジョブは再開されません。

割り当てられたユーザーは、ドキュメント検証アクションを完了する必要があります。ユーザーの割り当ては、Orchestrator で直接行うか、[タスクを割り当て] アクティビティを使用します。

ロボットがストレージ バケットのデータをアップロード、ダウンロード、削除するには、適切な権限を付与されている必要があります。そのためには、以下の権限を持つように Robot のロールを更新します。

ドキュメント データをアップロードするには:

  • ストレージ ファイルの表示作成
  • ストレージ バケットの表示

ダウンロード後にドキュメント データを削除するには:

  • ストレージ ファイルの表示削除
  • ストレージ バケットの表示

Duration

アクティビティ

ユースケース

遅延として時間間隔を導入します。その間、ワークフローは中断されます。

遅延が経過した後、ジョブが再開されます。

ジョブ フラグメントは、同じロボットによる実行に限定されません。これらは、ジョブが再開されて実行準備が整ったときに使用できるロボットで実行できます。これは、ジョブの定義時に構成された実行ターゲットにも依存します。

特定のロボット (ここでは X、Y、Z とします) で実行されるようにジョブを定義しています。Z のみが使用可能なときにこのジョブを開始すると、ユーザーの検証待ちで中断されるまでジョブは Z で実行されます。検証後にジョブを再開するとき、X のみが使用可能であると、ジョブは X で実行されます。

  • 監視という観点では、このようなジョブは、断片化されているかどうかや、複数のロボットで実行されたかどうかに関係なく、1 つとしてカウントされます。
  • 中断しているジョブをロボットに割り当てることはできません。割り当てることができるのは、再開したジョブのみです。

中断しているジョブを再開するために必要なトリガーを確認するには、[ジョブの詳細] ウィンドウの [トリガー] タブを確認します。

  • ジョブ
  • キュー
  • アクション
  • フォーム アクション
  • 外部アクション
  • ドキュメント検証アクション
  • Duration

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.