Orchestrator
2021.10
Folders - Standalone 2021.10
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

フォルダー

フォルダーは、プロジェクトを別途保存しておくための領域です。それにより、オートメーションとその固有のエンティティ、および組織全体の従業員をきめ細かく制御できるようになります。

テナントおよびフォルダーのリソース

Orchestrator リソースは、それぞれ特定のフォルダーに分類されて格納されます。また、テナント レベルで作成され、複数のフォルダーで使用できるグローバル リソースもあります。

テナント リソース

フォルダー リソース

  • ロボット
  • フォルダー
  • アクセス権を管理する
  • マシン
  • パッケージ
  • ライブラリ
  • ML スキル
  • ML ログ
  • 監査
  • 資格情報ストア
  • Webhook
  • ライセンス
  • アラート
  • サブフォルダー
  • プロセス
  • ジョブ
  • 実行メディア
  • トリガー
  • ログ
  • 監視
  • キュー
  • トランザクション
  • アセット
  • ストレージ バケット
  • ストレージ ファイル
  • フォルダー パッケージ
  • アクション
  • テスト ケース実行の成果物
  • テスト データのキュー アイテム
  • テスト データのキュー
  • テスト セットの実行
  • テスト セット
  • テスト セットのスケジュール

これらのエンティティは、階層構造内の複数のフォルダーに含められるほか、各フォルダーまたはサブフォルダーに固有のものとすることもできます。Orchestrator では、アクティブ フォルダーに存在するエンティティのみを表示できます。アクティブ フォルダーを切り替えると、そこにあるエンティティとその内容が更新され、それを Orchestrator で確認できます。

フォルダー パッケージ

ルート フォルダーは専用のパッケージ フィードによって設定できます。その場合、パッケージはフォルダー固有のリソースになります。つまり、他とは分けられて、パブリッシュ先のフォルダー内でのみ使用できるということです。

専用パッケージ フィードを伴うフォルダーは、フォルダー名の下にフォルダー パッケージと表示されます。

Studio では、フォルダー フィードがすぐに表示されない場合があります。表示するには、Orchestrator の接続を更新する必要があります。



フォルダー アクセス

アカウントがフォルダー内で持つアクセス権を管理するには、「テナントおよびフォルダーのリソース」に一覧表示されているフォルダー レベルのリソースごとに、必要なフォルダーの権限を含む 1 つまたは複数のフォルダー ロールを割り当てます。

注: 一部のロールは既定では混合ロールですが、作成するカスタム ロール内では、1 種類の権限 (テナントの権限またはフォルダーの権限) のみを使用できます。

多くの場合、許可するアクセス レベルに応じて、複数のロールを組み合わせて使用する必要があります。

サブフォルダー アクセス

フォルダー階層には、最大 7 つの層を設定できます。最上位フォルダーがあり、その下に 6 つのサブフォルダーを層として追加できる構造です。ユーザー アクセスに関しては、親フォルダーから継承されます。つまり、フォルダーへのアクセス権が割り当てられている場合は、そのフォルダーのすべてのサブフォルダーへのアクセス権が自動的に与えられます。

重要: アカウントが割り当てられているフォルダーが 1,000 を超える場合、[フォルダー] の選択メニューを読み込むと、パフォーマンスが低下しエラーが発生する可能性があります。

フォルダー間の操作

モダン フォルダーを使用すると、あるフォルダーから実行されるオートメーション ワークフローが、[アセットを取得] などの Orchestrator アクティビティの Orchestrator Folder Path パラメーターを使用して、別のフォルダー内のリソースにアクセスすることができます。
Orchestrator Folder Path パラメーターでは、以下の方法で相対フォルダー パスを指定できます。
  • / で始まるパス - 周囲のフォルダーが属するツリーの root フォルダーから開始します。
  • . で始まるパス - 周囲のフォルダーから開始します。
  • .. で始まるパス - パス内のそれぞれの .. について、周囲のフォルダーの階層で 1 つ上のレベルから開始します (例: ../: 1 レベル上の階層、../../: 2 レベル上の階層)。
注: 移動先フォルダーの名前がルート名であれば、ルート フォルダーより上に移動するよう指定されていたとしてもルート フォルダーに移動します。それ以外の場合は失敗します。たとえば、ルート フォルダー名が Finance で、現在のフォルダーより 2 レベル上である場合、パス ../../../Finance は使用できますが、../../../Accounting は失敗します。

末尾にスラッシュを付けることはできませんのでご注意ください。

フォルダーの権限

フォルダー内の操作は、以下の 2 つの主要な権限セットによって管理されます。

  • フォルダーのアクセス許可: これらのアクセス許可は、階層のメイン フォルダーまたはルート フォルダーに適用されます。どのユーザーがこれらのフォルダーを作成、編集、または削除できるのかを制御できます。

  • サブフォルダーのアクセス許可: これらのアクセス許可は、子フォルダーまたはサブフォルダーに適用されます。どのユーザーがサブフォルダーを作成、編集、または削除できるのかを制御できます。

フォルダー内のパッケージに関連するその他のアクセス許可セットとして、[フォルダー パッケージ] があります。このアクセス許可セットはフォルダー自体を制御するのではなく、フォルダー内のパッケージへのアクセスを制御します。
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.