Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

テナント コンテキストについて

マルチテナントを使用すると、1 つの Orchestrator インスタンスだけでデータ を分離できます。この機能により、自社で部門ごとの自動化が容易になり、Orchestrator のデータの適切な認可が部門ごとに保証されます。ただし、すべてのデータは同じデータベースに保存されます。

次の Orchestrator コンポーネントは、テナントごとに分離されています。

  • プロセス
  • パッケージ
  • アセット
  • キュー
  • トリガー
  • ロボット
  • 環境 (ロボット グループ)
  • ジョブ
  • ログ
  • アラート
  • 監査
  • 設定 (ライセンスを含む)
  • ユーザー
  • フォルダー
  • マシン

Orchestrator デプロイのテナント レベルのエンティティを表示および管理して、Orchestrator の設定やライセンスも管理するには、サイドバー メニューの [テナント] を選択します。



このビューには、次のオプションがあります。

  • ロボット
  • フォルダー
  • アクセス権を管理する
  • マシン
  • パッケージ
  • 監査
  • 資格情報ストア
  • Webhook
  • ライセンス
  • アラート
  • 設定

さらに、以下の操作をすばやく実行するためのドロップダウン メニューも使用できます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.