Orchestrator
2021.10
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月15日

外部アプリケーションを登録する

UiPath API を使用する必要があるサードパーティ アプリケーションがある場合、それらを外部アプリケーションとして登録し、OAuth フローを使用して認可を取得できるようにすることができます。

外部アプリケーション、つまり UiPath プラットフォームの外部のアプリケーションの登録は、資格情報まで共有する必要なく UiPath リソースを共有するための手段です。代わりに OAuth フレームワークを使用することで、UiPath の認可を外部アプリケーションに委任できます。

サードパーティのアプリケーションを登録し、認可を取得して、UiPath リソースへのアクセス権を得られるようにできます。登録が完了すると、これらのアプリケーションは、登録スコープに含まれたリソースにアクセスするために、UiPath アプリケーションへの API 呼び出しを実行します。

サポートされるアプリケーションの種類とアクセス スコープ

以下のアプリケーションを登録できます。

  • 機密アプリケーション: 登録後に生成されるアプリケーション シークレットを安全に保存できるアプリケーションです (例: Web アプリケーション、サービス間 (S2S) アプリケーション)。
  • 非機密アプリケーション: 安全な保存を保証できないためにアプリケーション シークレットが作成されないアプリケーションです (例: デスクトップまたはネイティブのモバイル アプリケーション)。

使用可能な認可付与の種類は、アプリケーションの種類によって異なります。そのため、機密アプリケーションは、ユーザー、アプリケーション、またはそれら両方など、異なる範囲に対して登録できます。しかし、非機密アプリケーションはユーザー範囲にしか要求を送信できません。つまり、アプリケーションに対する要求を認可するには、ユーザーがログインする必要があります。

利用可能な UiPath リソース

登録された外部アプリケーションには、UiPath アプリケーションの API を通じて 1 つまたは複数の UiPath リソースにアクセスする権限が付与されます。

次の API を使用できます。

外部アプリケーション認可の 2 つの要素

外部アプリケーションが OAuth を使用して UiPath のリソースにアクセスできるようにする設定は、次の 2 つの部分から成ります。

手順

ユーザー

内容

詳細

1

Tenant Administrator

[外部アプリケーション] ページで外部アプリケーションを登録します。

2

開発者

外部アプリケーションを設定して、適切な付与の種類を使用することで UiPath リソースにアクセスできるようにします。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.