通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

モダン フォルダーの管理

モダン フォルダー モデルの特徴と機能を活用することで、Orchestrator とテナントの管理者は、部門に応じて (または、デプロイの別の編成方法に応じて)、オートメーションのリューションの管理を委任できるようになります。

この設定は最初に一度だけ実施し、その後は任命されたフォルダー管理者がフォルダーごとにオートメーションを管理します。この後、Orchestrator またはテナントの管理者が介入するのは、組織に新しい部門が追加された場合に、新規フォルダーを作成するときのみです。

上記の委任操作を行うために Orchestrator を設定するには、以下の手順に従います。

  1. こちらで説明されているように以下のロールを作成します。
  2. 別々に管理するオートメーションのセットごとにフォルダーを作成します。
    注: フォルダーの分類方法は、部門ごと (例: 財務、人事、営業など) や、特定のオートメーションごと (例: 収益レポート、オンボーディング、支出レポート) など、ニーズに最も適した好みの方法で構いません。
  3. テナント エンティティ (例: マシン、ユーザー、ロール、アセットなど) の管理を自分で行わない場合は、これを一任するユーザーに、テナント レベルで Tenant Administrator のロールを割り当てます。

📘

注:

テナント管理を委任する場合、以降の手順は委任されたユーザーが実行できます。

  1. 自分のフォルダーやサブフォルダーを管理する必要がある Orchestrator ユーザーには、以下のロールを割り当てます。
    • テナント レベルでの Allow to be Folder Administrator
    • フォルダー レベルでの Folder Administrator
  2. オートメーションを実行する必要があるロボット ユーザーには、以下のロールを割り当てます。
    • テナント レベルでの Allow to be Automation User
    • フォルダー レベルでの Automation User

📘

注:

可能であれば、ローカル ユーザーではなく、ディレクトリ ユーザーまたはディレクトリ グループを使用することを推奨します。これにより、部門内で管理者の追加または削除が発生した場合に Orchestrator の更新が Active Directory グループを介してエンタープライズ レベルで行われ、手動による更新が不要になるからです。

1 年前に更新


モダン フォルダーの管理


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。