通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

タグを使用してリソースを整理する

このページでは、リソースにタグを付けるメリットを示し、Orchestrator でラベルおよびキーと値のプロパティを使用する方法について説明します。

タグは、リソースを分類するのに役立ちます。タグにより、ガバナンスが改善され、さまざまなリソース間の関連付けが可視化されて、会社内のすべてのユーザーがリソース間の依存関係を容易に把握できるようになります。

利用するロボットの台数が増えると、消費・管理するリソースの数も増えます。その結果、ビジネスにおいて以下のような重要な課題に直面することがあります。

  • 様々なオブジェクトが互いにどう作用するのかを把握することが難しい
  • 手作業の負荷が増える。たとえば、Excel スプレッドシートのようなオブジェクト間の依存関係を分類・追跡するために、面倒な作業を手動で行う必要が出てくる
  • プロセスの実行などの操作が、他のリソースにどう影響するのかを可視化できない
  • 特定のアプリがどのプロセスによって自動化されているのか確認しづらいため、自動化対象のアプリケーションをアップグレードすることで発生するダウンタイムを可視化できない

このため、以下のような領域でタグの機能が役立ちます。

  • 開発者の生産性の向上: 開発者が自身の開発業務に関連するリソースを特定しやすくなります。このため、開発の影響を受けるプロセスの部分的なリソースを時間をかけて探す必要がなくなり、価値の高い作業に集中できます。
  • 管理者の生産性の向上: 組織全体で一貫性のあるタグ構造を採用することで、統一的な分類方法を導入できます。これにより、すべてのユーザーがすばやくリソースを見つけられるようになります。

タグの仕組み


Tags consist of labels and/or key-value properties applied to your objects. For example, you can apply the label SAP and the key-value Department: Finance to all the objects involved in SAP automation in the Finance department of your company.

これらのフィールドはユーザーが自由に設定することができますが、誰もが適切なリソースをすばやく簡単に見つけられるように、一貫性のあるタグ付け規則を定義し、使用することをお勧めします。一貫性がなければ、タグ ライブラリはまとまりがなくなり、逆効果となることがあります。

12681268

タグを一元的に作成、編集、削除する場所はまだ用意されていません。そのため、これらの操作をオブジェクト レベルで実行する必要があります。タグは作成後に編集することはできないため、スペルや大文字の使用には注意を払ってください。完全に削除してから、正しいタグを作成して、すべてのオブジェクトに再び追加しなければならなくなります。

タグ付けできるオブジェクト


Tagging is available for several Orchestrator objects, Studio packages, and Action Center actions. A tag added to an object becomes available for all objects that support tags across products. For example, adding the SAP label to an asset in Orchestrator makes it available for actions as well.

Product

Taggable Objects

Orchestrator

Assets
Processes
Queues
Storage buckets
Machines

Studio

Packages

Action Center

Actions

タグを管理する


新しいタグを作成する

新しいタグを作成するには、オブジェクト レベルでタグを作成して、オブジェクトに適用する必要があります。それにより、タグをサポートする他のすべてのリソースでこのタグを使用できるようになります。

🚧

重要

  • タグでは、大文字と小文字が区別されません。
  • 各オブジェクトには、最大 100 万個のキーと値のペアを設定できます。
  • ラベルおよびキーと値のプロパティに使用できる文字数は、最大 256 文字です。
  • Tag names can't contain these characters: < > % & \ ? / : です。
  • The following tags are proprietary UiPath Studio tags you and you cannot define and use them on your objects: UiPathStudioProcess UiPathStudioTest UiPathStudioTask UiPathStudioLibrary UiPathObjects UiPathActivities UiPathStudioX UiPathTestCases UiPathEntities UiPathWebServices UiPathStudioTemplate UiPathStudioLocalizedTemplate C# CSharp VB VisualBasic GettingStartedTemplate です。

タグを Orchestrator の既存のアセットに追加して、新しいタグを作成する例を見てみましょう。

  1. フォルダー > [アセット] に移動します。[アセット] ウィンドウに、そのフォルダーで作成されたすべてのアセットのリストが表示されます。
  2. [その他のアクション] > [編集] に移動して、既存のアセットを編集します。[アセットを編集] ウィンドウが表示されます。
  3. [ラベル] フィールドで、新しいラベルの名前の入力を開始します。終了したら、プラス記号とラベル名のエントリをクリックして追加します。
800800
  1. [プロパティ (キーと値のペア)] フィールドで、[新規追加] をクリックします。
  2. 新しいキーと値を追加します。終了したら、プラス記号とキー/値のエントリをクリックして追加します。
800800
  1. 完了したら、[更新] をクリックします。アセットが更新され、新たに作成したタグを他のオブジェクトで使用できるようになります。

タグを一括作成する

次のスクリプトは、タグを含む CSV ファイルを読み取って、それぞれのタグを持つダミー アセットを Orchestrator で作成します。そうすることで、それらのタグを、複数の製品間でタグをサポートするすべてのオブジェクトで利用できるようになります。

パラメーターの説明

Parameter

Description

-TagsFilePath

Path to the CSV file.

The following example enables you to call the Add-DummyAsset-WithTags.ps1 script and read the CSV file provided at the <pathToFile location.

📘

前提条件

Before running the script, import the UiPath.PowerShell module and authenticate yourself using Get-UiPathAuthToken です。

.\Add-DummyAsset-WithTags.ps1 -TagsFilePath '<pathToFile>'

既存のタグを削除する

Deleting a tag is only possible by manually removing it from each associated object. Say you have three machine templates with the Department: Finance key-value pair and three with Department: Accounting key-value pair. You have to remove all six key-value pairs from the machine objects in order for the Department: Finance and Department: Accounting key-value pairs to be completely removed.

See the Removing tags from objects section below for details on how to remove tags from objects.

特定のタグを持つオブジェクトを表示する

タグを持つすべての Orchestrator オブジェクトを表示するには、以下の手順を実行します。

  1. Orchestrator のヘッダーで、テナント内を検索アイコンをクリックします。[テナント内を検索] ウィンドウに、そのテナントのすべてのオブジェクトの一覧が表示されます。
10011001
  1. [ラベル] ドロップダウンから、関連するオブジェクトを表示するためのラベルを選択します。オブジェクトのリストは、選択した値に基づいてフィルター処理されます。そのラベルを持つすべてのオブジェクトが表示されます。
10001000
  1. [プロパティ] ドロップダウンから、関連するオブジェクトを表示するためのキーと値のペアを選択します。オブジェクトのリストは、選択した値に基づいてフィルター処理されます。そのキーと値のペアを持つすべてのオブジェクトが表示されます。
10001000
  1. 結果をさらに絞り込むには、[種類] ドロップダウンからオブジェクトの種類でフィルター処理するか、[場所] ドロップダウンから格納フォルダーでフィルター処理します。
10011001

Learn more about how the tenant search functionality works in the following article: Searching for resources in a tenant.

オブジェクトのタグを表示する

Orchestrator オブジェクトのタグを表示するには、特定のオブジェクトのページの [ラベル] 列と [プロパティ] 列を探します。たとえば、マシン オブジェクトに適用されているタグを確認するには、[テナント] > [マシン] に移動します。

11101110

同様に、任意のページの右上隅にあるテナント内を検索アイコンをクリックして、[テナント内を検索] ページに移動し、[種類] ドロップダウンを使用してマシンでフィルター処理します。

999999

オブジェクトにタグ付けする


タグ管理エクスペリエンスは製品内のすべてのオブジェクトで一貫しているため、さまざまな操作を同じ方法で実行できます。

オブジェクトにタグを追加する

特定のリソースにタグを追加する手順については、以下のリンクをクリックしてください。

Product

Objects

Orchestrator

Assets
Processes
Queues
Storage buckets
Machines

Studio

Packages

Action Center

Actions

オブジェクトからタグを削除する

特定のリソースからタグを削除する手順については、以下のリンクをクリックしてください。

Product

Objects

Orchestrator

Assets
Processes
Queues
Storage buckets
Machines

Studio

Packages

Action Center

Actions

タグの権限


タグには、タグという専用の権限セットがあります。現在タグに使用されるのは、表示権限と作成権限のみです。編集権限と削除権限は無効です。

特定のオブジェクトに対するタグ操作は、2 つの権限セット (タグに対する権限と、タグを適用するオブジェクトに対する権限) によって制御されます。この仕組みを説明するために、ユーザーがアセットとタグに対して持っている権限に基づいて、Orchestrator アセットに実行できるタグ操作を見てみましょう。他のオブジェクトにも、この同じ原則が適用されます。

View on Tags

Create on Tags

View on Assets

Can view tags applied to assets.
Cannot change tags applied to assets.
Cannot remove tags from assets.

Can view tags applied to assets.
Cannot change tags applied to assets.
Cannot remove tags from assets.

Edit on Assets

Can view tags applied to assets.
Can apply tags to assets,
provided the tags have already been created.
Can remove tags from assets.

Can view tags applied to assets.
Can create and apply new tags to assets.
Can remove tags from assets.

Create on Assets
(same as Edit on Assets)

Can view tags applied to assets.
Can apply tags to assets,
provided the tags have already been created.
Can remove tags from assets.

Can view tags applied to assets.
Can create and apply new tags to assets.
Can remove tags from assets.

Delete on Assets
(same as Edit on Assets)

Can view tags applied to assets.
Can apply tags to assets,
provided the tags have already been created.
Can remove tags from assets.

Can view tags applied to assets.
Can create and apply new tags to assets.
Can remove tags from assets.

制限事項


  • タグを一元的に作成、編集、削除する場所はまだ用意されていません。そのため、これらの操作をオブジェクト レベルで実行する必要があります。
  • Not all resource types support tags. To determine if you can apply a tag to a resource type, see Taggable object section above.
  • 各オブジェクトには、最大 100 万個のキーと値のペアを設定できます。
  • ラベルおよびキーと値のプロパティに使用できる文字数は、最大 256 文字です。
  • Tag names can't contain these characters: < > % & \ ? / : です。
  • タグのログ機能はまだ提供されていません。
  • タグに色を指定することはできません。
  • The following tags are proprietary UiPath Studio tags and you cannot define and use them on your objects: UiPathStudioProcess UiPathStudioTest UiPathStudioTask UiPathStudioLibrary UiPathObjects UiPathActivities UiPathStudioX UiPathTestCases UiPathEntities UiPathWebServices UiPathStudioTemplate UiPathStudioLocalizedTemplate C# CSharp VB VisualBasic GettingStartedTemplate です。

5 か月前に更新


タグを使用してリソースを整理する


このページでは、リソースにタグを付けるメリットを示し、Orchestrator でラベルおよびキーと値のプロパティを使用する方法について説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。