Orchestrator
v2023.4
General Tab - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

[全般] タブ

フィールド

説明

アプリケーション設定

タイム ゾーン - テナントのタイム ゾーン。既定では、UTC に設定されます。

タイムゾーンのリストはマシンによって異なります。マルチノード インストールの Orchestrator の場合、すべてのインスタンスで同じタイムゾーンのリストが使用されるように、同じバージョンのオペレーティング システムを使用する必要があります。

言語 - メール通知やアラートを含む、すべてのテナントの Orchestrator のユーザー インターフェイスの言語です。この設定は、ロボット ログにもイベント ログにも影響を及ぼしません。どちらのログでも Windows の言語が使用されます。

カスタム ロゴ - Orchestrator ウィンドウのヘッダーに表示される、好みのロゴをアップロードします。使用可能なフォーマットは .png.svg で、ファイル サイズは最大 1MB です。

カスタムのヘッダーの色 - Orchestrator ウィンドウのヘッダーの色を選択できます。複数の Orchestrator テナントを見分けるのに便利です。ヘッダーの色は、色付きの正方形をクリックし、マシンの色セレクターを表示させて選択します。

個人用ワークスペース

[個人用ワークスペースを有効化] - 特定の Attended ライセンス プロファイルを使用するテナント内の全ユーザーに対して個人用ワークスペースを作成し、同時にそれらのユーザーに使用する UI プロファイルも選択します。

この操作は元に戻せません。個人用ワークスペース機能は一度有効化すると無効化できません。

指定時間の経過後に個人用ワークスペースの探索を自動停止: - Orchestrator の管理者は、設定した時間が経過すると個人用ワークスペースの探索を自動的に停止するよう指定するルールを適用できます。

利用可能なオプションは、[15 分][1 時間][1 日]、および [カスタム値] です。

既定では、テナントの移行時または新規作成時には、この値は設定されません。移行/作成プロセスの完了後に手動で設定する必要があります。

個人用ワークスペースの探索に使用されているすべてのアクティブなセッションを停止 - Orchestrator の管理者は、現在アクティブなすべての個人用ワークスペースの探索セッションを停止できます。アクティブなセッションの数がサフィックスとして括弧内に表示されます。[セッションの探索を停止] をクリックして有効化できます。

探索の設定に加えた変更は、既に探索済みのセッションにさかのぼっては適用されません。

標準ロール

モダン フォルダーの標準ロールを作成します。これらのロールにより、ユーザー グループのメリットを活用できるようになります。

作成するロールの横の

クライアント バイナリ (Robot、Studio、Assistant) の自動更新設定

ロボット端末が ___ 日間を超えてオフラインの場合に自動更新ステータスを無視 - 非アクティブなマシンが更新プロセスから除外され、更新ステータスの報告時に考慮されなくなります。

モダン フォルダー

アカウントとマシンのマッピングを有効化 - アカウントとマシンのマッピング機能を有効化します。

クラシック フォルダー (非推奨)

クラシック フォルダーをアクティブ化 - クラシック フォルダーを有効化します。

注: クラシック フォルダーは非推奨となります。クラシック フォルダーの有効化が推奨されるのは、オンプレミスの Orchestrator デプロイから Automation Cloud にある Orchestrator に移行する場合のみです。

メールの設定

アラート メールを有効化 - Orchestrator が Fatal および Error アラートに関するメール メッセージを送信できるようにします。

メール アラートを受信するには、メール設定を適切に行う必要があります。

Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.