通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

プロセス

[プロセス] ページでは、Orchestrator インスタンスの現在のフォルダーにある保留中、アクティブ、完了済みのジョブをリアルタイムで監視し、指標を確認することができます。

全般ビュー

すべての既存のジョブの情報が集約ベースで表示されます。システム内のジョブの全般的な健全性をチェックできます。このページでは、データをロボット グループごとに絞り込むことができます。エラー発生時の迅速な対応に役立ちます。また、表示するデータの粒度も制御できます。時間内でのジョブの実行についてより正確な情報を把握できます。
注: 長期実行プロセスを実行するジョブは、断片化または別のロボットによって実行されているかどうかにかかわらず、1 件とカウントされます。

フィルター

  • サブフォルダーを含める - すべてのサブフォルダーの内容を含めるかどうかを選択できます。モダン フォルダーでのみ使用できます。
  • 間隔 - データの粒度を制御できます。過去 1 時間または過去 1 日 (過去 24 時間) におけるロボットのアクティビティを表示します。

📘

フィルターを適用すると、専用セクションで特に指定しない限り、すべてのウィジェットに影響を与えます。

プロセスの概要

リアルタイムでジョブと関連するプロセスのステータスをチェックできます。システム全体に影響を与えるような問題が発生していないかを確認できます。各色ブロックは、インスタンスの特定の Robot を表します。ブロックにカーソルを置くと、対応するプロセスとそれを含むフォルダーが表示されます。それぞれが異なるフォルダーにある場合、同じ名前の複数のプロセスを持つことが可能です。プロセスの合計数は、ウィジェット名の後に丸括弧で表示されます。

プロセスは、次のような色付きのブロックで表示されます。

ツールチップ (Tooltip)

プロセスは正常に実行されました。

メモ: ジョブが少なくとも 1 回正常に実行された場合、ブロックは失敗した実行に関係なく緑色を維持します。

このプロセスは現在実行中です。

オレンジ

ロボットの接続を待機中です。
プロセスは中断されています。

プロセス実行時にエラーが発生しました。

メモ: すべての関連プロセスの実行が失敗すると、ブロックは赤色のままとなります。ジョブが少なくとも 1 回正常に実行されると、ブロックは緑に変わります。

灰色

このプロセスは実行されませんでした。

ジョブのステータスが変化すると、それに伴ってチャートがリアルタイムで更新され、ステータスの変化に応じてブロックの色も変化します。ジョブのステータスの詳細については、こちらをご覧ください。ブロックをクリックすると、対応する詳細ビューのページが表示されます。ページの左上の矢印をクリックすると、全般ビューに戻ります。

トリガー済みジョブのステート

現時点で実行中、実行待ち、または停止中のジョブの数が表示されるので、システムの効率を評価できます。ジョブを開始または停止すると、それに伴ってチャートが更新されます。長期実行ワークフローの機能を有効化している場合は、中断したジョブと再開したジョブの指標も、このウィジェットに表示されます。

間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

ジョブの実行時のタイムフレーム

実行中のジョブです。指定した間隔のジョブを特定のタイムフレームで分類して表示できます。新しいジョブを開始すると、過去 1 時間のジョブの数が 1 つ増えます。スケジュール内に開始されたジョブも考慮されます。

完了したジョブのタイムライン

ジョブのタイムラインです。指定した間隔のジョブを最終ステータスに従って分類して表示できます。終了した/停止されたジョブの数を全体的に評価できます。ジョブを開始または停止すると、それに伴ってここに表示される情報も自動的に更新されます。ジョブが完了前である限り、このウィジェットでは考慮されません。

ジョブのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ (Tooltip)

Successful

オレンジ

停止

エラー

チャートのマーカーをクリックすると、該当する値が表示されます。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。

完了したジョブの概要

ジョブの最終ステータスの正確な数を表示できます。失敗したジョブまたは停止されたジョブの数を調べることで、システムの健全性を非明示的に確認できます。ジョブを開始または停止すると、それに伴ってこのウィジェットに表示される情報も自動的に更新されます。ジョブが完了前である限り、このウィジェットでは考慮されません。

ジョブのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ (Tooltip)

Successful

オレンジ

停止

エラー

チャートの中央部分の数値は、このウィジェットに示されているようにジョブの合計数を表します。それぞれのスライス上の数値は、その特定のステータスにあるトランザクションを表します。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。

予定されたジョブ

保留中のジョブに関連する情報を表示できます。適切なフィルターを適用して、予定された実行やそれらが実行されるロボット グループをチェックすることにより、システム負荷を全体的に確認できます。ロボット名は、ウィジェット名の後に丸括弧で表示されます。

フィールド

説明

プロセス

予定されたプロセスの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット グループの名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは環境の名前のアルファベット降順に並べ替えられます。

ロボット グループ

属しているロボット グループの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット グループの名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは環境の名前のアルファベット降順に並べ替えられます。
クラシック フォルダーにのみ表示されます。

実行

該当のプロセスで予定された実行数です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データは実行数の昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは実行数の降順に並べ替えられます。

検索

プロセス名またはロボット グループで検索できます。

間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

実行中のジョブ

現在実行中のジョブに関連する情報を表示できます。現在どのプロセスが実行中か、何回実行されているかを調べることができます。現在実行中のプロセスの合計数は、ウィジェット名の後に丸括弧で表示されます。ジョブを開始または停止すると、それに伴ってここに表示される情報も自動的に更新されます。

フィールド

説明

プロセス

実行されたプロセスの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット グループの名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは環境の名前のアルファベット降順に並べ替えられます。

ロボット グループ

割り当てられたロボット グループの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット グループの名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは環境の名前のアルファベット降順に並べ替えられます。
クラシック フォルダーにのみ表示されます。

実行

該当のプロセスで進行中の実行数です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データは実行数の昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは実行数の降順に並べ替えられます。

検索

プロセス名またはロボット グループで検索できます。

間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

プロセスの詳細

各プロセスと対応するジョブの指標に関連する情報を表示できます。ロボットが新しいジョブの実行を開始すると、それに伴って対応する情報が更新されます。プロセスの合計数は、ウィジェット名の後に丸括弧で表示されます。

フィールド

説明

プロセス

プロセスの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット グループの名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは環境の名前のアルファベット降順に並べ替えられます。

ロボット グループ

属しているロボット グループの名前です。プロセスの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット グループの名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは環境の名前のアルファベット降順に並べ替えられます。
クラシック フォルダーにのみ表示されます。

Running (実行中)

プロセスに関連付けられている実行中のジョブの数。ジョブのステートの詳細については、こちらをご覧ください。

保留中

プロセスに関連付けられている保留中のジョブの数。ジョブのステートの詳細については、こちらをご覧ください。

中断

プロセスが関連付けられている中断中のジョブの数。ジョブのステータスの詳細については、こちらをご覧ください。
長期実行ワークフロー機能が有効になっている場合にのみ表示されます。

再開

プロセスが関連付けられている再開したジョブの数。ジョブのステータスの詳細については、こちらをご覧ください。
長期実行ワークフロー機能が有効になっている場合にのみ表示されます。

Successful

プロセスに関連付けられている正常に実行されたジョブの数。ジョブのステートの詳細については、こちらをご覧ください。

停止

プロセスに関連付けられている停止したジョブの数。ジョブのステートの詳細については、こちらをご覧ください。

エラー

プロセスに関連付けられている失敗したジョブの数。ジョブのステートの詳細については、こちらをご覧ください。

平均時間

ジョブの推定実行期間です。最終ステータスに関係なく、過去の実行に基づいて計算されます。過去に実行がない場合には、「該当なし」と表示されます。期間は切り上げられた値として表示されます。ISO8601 形式の正確な期間は、表示された値にカーソルを合わせると表示されます。

平均保留時間

保留中のジョブの実行開始までの推定時間です。過去の実行に基づいて計算されます (存在する場合)。過去に、保留中のジョブが存在したインスタンスがない場合には、「該当なし」と表示されます。推定値は切り上げられた値として表示されます。ISO8601 形式の正確な期間は、表示された値にカーソルを合わせると表示されます。

検索

プロセス名またはロボット グループ名で検索できます。

個別ビュー

全般ビューでユーザーが選択した 1 個のプロセスに関する情報を [プロセスの概要] ウィジェットに表示します。

フィルター

間隔 - データの粒度を制御できます。過去 1 時間または過去 1 日 (過去 24 時間) におけるロボットのアクティビティを表示します。

トリガー済みジョブのステート

選択したプロセスに関連するジョブの数 (現在実行中、実行待ち、停止済み) を表示できます。ジョブが開始または停止されると、それに伴ってチャートが更新されます。

間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

完了したジョブの概要

選択したプロセスについて、ジョブの最終ステータスの正確な数を表示できます。特定のプロセスで失敗したジョブまたは停止されたジョブの数を調べることができます。ジョブを開始または停止すると、それに伴ってここに表示される情報も自動的に更新されます。

ジョブのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ (Tooltip)

Successful

オレンジ

停止

エラー

チャートの中央部分の数値は、このウィジェットに示されているようにジョブの合計数を表します。それぞれのスライス上の数値は、その特定のステータスにあるトランザクションを表します。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。

エラー フィード

選択したプロセスに関連する、失敗したジョブで発生したエラーのリストを表示できます。エラーは、発生日時の新しいものから古いものの順に表示されます。常に、フィードの最上部に最新のエラーが表示されます。ウィジェット名の後に丸括弧で表示されるエラーの合計数はフィード内の位置とエラーの合計数に従って表示されます。フィードに 453 のエラーがあるとすると、次の動作が発生します。

フィード内の位置

表示値

0 から 99

99+

100 から 199

199+

200 から 299

299+

300 から 399

399+

400 超

フィードのエラーの合計数。この特定の例では 453 です。

フィードの最後に到達すると、位置に関係なくエラーの合計数が表示されます。

確認済みのエラーは、無視することができます。ただし、複数のユーザーが同時にフィードをチェックしている可能性があるため、[無視] ボタンは慎重に使用してください。無視されたエラーも、エラー カウンターのカウントに含まれます。エラーが無視されると、その操作を行ったユーザーの名前がツールチップで横に表示されます。エラーを無視するには、[監視] で [編集] 権限を持っていなければなりません。詳細については、こちらをご覧ください。

フィールド

説明

時間

エラーが発生した日付と時刻です。

エラー メッセージ

実際のエラー メッセージです。

無視

特定のエラー メッセージを無視することができます。[無視] ボタンをクリックすると、テキストから書式を削除します。無視されたエラーも、エラー カウンターのカウントに含まれます。エラーが無視されると、その操作を行ったユーザーの名前が横に表示されます。エラーを無視するには、[監視] で [編集] 権限を持っていなければなりません。詳細については、こちらをご覧ください。

コピー

エラー メッセージのテキストをクリップボードにコピーできます。

完了したジョブのタイムライン

選択したプロセスのジョブのタイムラインです。指定した間隔のジョブを最終ステータスに従って分類して表示できます。そのプロセスで終了した/停止されたジョブの数を全体的に評価できます。ジョブを開始または停止すると、それに伴ってここに表示される情報も自動的に更新されます。

ジョブのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ (Tooltip)

Successful

オレンジ

停止

エラー

チャートのマーカーをクリックすると、該当する値が表示されます。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。

ジョブの詳細

それぞれの終了済みの実行と対応する指標に関連する情報を表示できます。ロボットが新しいジョブの実行を開始すると、それに伴ってウィジェットに新しいエントリが追加されます。最新のエントリは最上部に表示されます。それに従って、ステータス、実行されているプロセスの名前、キューの名前 (存在する場合) が更新されます。

フィールド

説明

Robot

そのジョブを実行したロボットの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはロボット名のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データはロボット名のアルファベット降順に並べ替えられます。

マシン

マシンの名前です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データはマシン名のアルファベット昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データはマシン名のアルファベット降順に並べ替えられます。

処理済みアイテム

実行時に処理済みのアイテムを含むキューの名前です (存在する場合)。

キュー

処理済みアイテムを含むキューの名前です (存在する場合)。

ステート

ジョブのステータスです。この列は、[完了したジョブの概要] ウィジェットと同様の情報が読み込まれます。

Created

ジョブ作成時刻です。

開始

ジョブ開始時刻です。列名の右側にある矢印をクリックします。
1 回クリックすると、データは、開始時間の昇順に並べ替えられます。
2 回クリックすると、データは、終了時間の降順に並べ替えられます。

終了

ジョブ終了時刻です。

期間

ジョブの実行期間です。期間は切り上げられた値として表示されます。ISO8601 形式の正確な期間は、表示された値にカーソルを合わせると表示されます。

検索

ロボットまたはマシン名で検索することができます。

2 か月前に更新


プロセス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。