通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ストレージ バケットについて

Storage buckets provide a per-folder storage solution for RPA developers to leverage in creating automation projects (e.g. for a .pdf file used across multiple business processes or data sets used for your machine learning models). For details on using storage buckets in your automation projects read about Orchestrator activities in the Activities guide.

ストレージ バケットは特定のフォルダーの範囲内に作成されるため、フォルダー機能に対するきめ細かい権限やロールの割り当てモデルを使用できるようになります。これにより、ストレージ バケットやそのコンテンツに、それを必要とするアカウントのみがアクセスできるようになります。必要な権限を持つユーザーだけが、設定されたストレージ バケットのコンテンツを参照し、必要に応じてファイルをアップロードしたりダウンロードしたりすることができます。

[ストレージ バケット] ページでは、現在設定されているバケットが表示され、必要な数だけストレージ バケットを追加で作成できます。

ストレージ プロバイダーを有効化する


ストレージ バケットは、以下のプロバイダーのいずれかを使用して設定できます。

  • Orchestrator
  • Azure Storage (WASB)
  • Amazon S3
  • MinIO
  • S3 互換のストレージ ソリューション
  • ファイルシステム

Orchestrator でストレージ バケットを作成するときに使用できるプロバイダーを指定するには、以下の手順を実行します。

  1. Orchestrator のインストール フォルダーにある UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを開きます。
  2. Buckets.AvailableProviders パラメーターを使用して、目的のストレージ プロバイダーを指定します。たとえば、UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルに次のキーを追加すると、Orchestrator、Amazon、Azure、MinIO、および S3 と互換性のあるストレージ プロバイダーが有効化されます: <add key="Buckets.AvailableProviders" value="Orchestrator,Amazon,Azure,Minio,S3Compatible" />。詳細は、『インストールとアップグレード ガイド』の「Buckets.AvailableProviders」のセクションをご覧ください。
  3. Orchestrator を再起動します。

🚧

重要

FileSystem は、新規インストールとアップグレードの両方で、既定で無効化されています。 このプロバイダーを有効化するには、FileSystem を UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルの値 Buckets.AvailableProviders として明示的に指定し、次に Buckets.FileSystem.Allowlist の設定を使用して、許可リストに FileSystem のパスを追加する必要があります。

Buckets.FileSystem.Allowlist の設定を使用して FileSystem の許可リストを作成すると、セキュリティに関する影響があるため、作業を続行する前に「FileSystem ストレージの許可リストを安全に使用する」を参照することを強くお勧めします。

ストレージ バケットの権限


ストレージ バケットとそのコンテンツに対するアクセスと管理は、以下の権限によって制御されます。

PermissionDescription
Create Storage Buckets - allows the creation of new storage buckets.
Storage Files- allows the creation of new files in storage buckets.
Edit Storage Buckets- allows the editing of existing storage buckets.
View Storage Buckets- allows access to bucket contents. Required for any file operations within buckets.
Storage Files- enables browsing and download of bucket contents.
Delete Storage Buckets- allows the deletion of existing storage buckets.
Storage Files- allows the deletion of files in storage buckets.

2 か月前に更新


ストレージ バケットについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。