UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ログ

ログ (Logs) ページには、アクセスできるすべてのフォルダー内のロボットによって生成されたログが表示されます。

📘

注:

任意のフォルダーのコンテキスト外で生成されたログは、Orchestrator データベースと Elasticsearch でのみ表示できます。

さらに、次のように絞り込みを行い表示することができます。

  • クラシックフォルダーでロボットページから指定のロボットによって生成されたすべてのログ
  • ジョブ (Jobs) ページから指定のジョブ内でロボットが生成したすべてのログ。

結果

ログページにアクセスするにはログの表示権限を持っている必要があります。

ログストレージ

Orchestrator が利用できない場合は、接続が復元するまで、ローカル データベース形式 (C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\AppData\Local\UiPath\Logs\execution_log_data) で、利用可能なディスク スペース内に保存されます。接続が復元すると、ログは生成された順番に分割して送信されます。

📘

データベースは、ログが Orchestrator に正常に送信された後も削除されません。

ジョブのステータスは UiPath Robot サービスのメモリ内に保存されます。Orchestrator が利用可能になると、ジョブステータスに関連する情報は両者の間で同期されます。ただし、Orchestrator が利用できない状態で UiPath Robot サービスを再起動しても、これらの情報は失われます。つまり、Orchestrator が利用可能になったときに、ジョブは再実行されます。

Elasticsearch、ローカル SQL データベース、または Insights にログを送信できるので、否認不可のログとすることができます。それぞれのログは相互に独立しているので、1 つのログに問題が発生しても、他のログに影響を及ぼしません。

ログの格納場所を web.config に設定します。これには、writeTo パラメーターを変更します (手順にてういてはこちらを参照)。

ログページには、ログが Elasticsearch または SQL データベースに送信されるときにロボットが Orchestrator に送信するエントリが表示されます。ログが Elasticsearch と SQL の両方に送信される場合、ログページには Elasticsearch に送信されるエントリのみが表示されます。

📘

重要!

SQL データベースに週ごとに蓄積されるロボット ログ件数が 200 万を超える場合、古いログを削除しないまま数か月が経過すると、パフォーマンスが低下する可能性があります。そのような大量のログには、Elasticsearch を使用することを推奨します。ログに関するデータベース メンテナンス手順については、こちらをご覧ください。

Elasticsearch を使用してロボット ログを保存する場合、状況によってはクエリできるのは 1 万項目のみとなります。

Elasticsearch の制限により、Cloud Platform の Orchestrator テナントは、50 KB を超えるロボット ログを無視するように構成されています。ログの大部分は平均して約 2 KB です。

ログ レベル

メッセージは、TraceDebugInfoWarnError、および Fatal というレベルでログに記録されます。

[メッセージをログ] アクティビティを使用して、独自のメッセージを Studio からこのページに送信することもできます。メッセージは上述したいずれかのレベルで記録され、診断用に使用します。

たとえば、次のスクリーンショットでは、独自のメッセージが Fatal の重要度レベルで記録されたことがわかります。

ログレベルの詳細については、こちらを参照してください。

ログのエクスポート

[Export] ボタンとクリックすると、すべてのログを .csv ファイルにエクスポートすることができます。このファイルの生成時には、このページに適用されているフィルターが考慮されます。たとえば、Info の重要度レベルを持つ直前の 30 日のログのみを表示するように設定している場合は、その条件を満たすエントリのみがダウンロードされます。

最高のパフォーマンスを得るためにエクスポートされたエントリは日付の新しい順に並んでいないため、注意が必要です。

次の場合には、ログが正しい順序で記録されない可能性があります。

  • ほぼ等しいタイムスタンプを持つ Robot ログエントリが 2 つ以上あります - それらはミリ秒まで等しく (yyyy-MM-dd HH\:mm\:ss.fff として表現される時間は同じ)、ミリ秒の下のサブユニットは一致していません (yyyy-MM-dd HH\:mm\:ss.fffffff の最後の 4 つの値が異なります)。
  • ログは、Orchestrator で既定の順序のグリッド形式で表示されます (時間の降順)。

ただし、データベースおよびエクスポートされる .csv ファイルは影響されません。

📘

Orchestrator とスタックトレースからのサーバー例外は両方とも、[ジョブの詳細 (Job Details)] ウィンドウに英語で表示されます。ユーザーが選択した言語には関係ありません。

4 か月前に更新



ログ


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。