通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ジョブについて

📘

はじめる前に

Mastering jobs requires that you first get the hang of how processes work. Learn about runtime arguments, process types, and process compatibility.

A job represents the execution of a process on a UiPath Robot. You can launch the execution of a job in either attended or unattended mode. You cannot launch a job from Orchestrator on attended robots, unless for debugging or development purposes.

Attended jobs can be triggered from the UiPath Assistant or the Robot Command Line Interface. Unattended jobs are launched from Orchestrator, either directly on the spot from the Jobs or Processes page, or in a preplanned manner through triggers, on the Triggers page.

The Jobs page represents the jobs control center, where you can monitor launched jobs, view their details and logs, and stop/kill/resume/restart a job.

Click for field descriptions for the Jobs page

フィールド

説明

プロセス

The name of the process.
[Remote debugging job] is displayed for jobs started from Studio through remote debugging sessions.

マシン

The machine object used for connecting the executing infrastructure to Orchestrator.

ホスト名

The name of the workstation used for execution.

Host identity

The identity under which the execution takes place. The following values are possible:
<Domain\Username> - jobs executed under that specific account. Displayed in the following cases:
foreground jobs regardless of the Robot version;
all jobs executed on Robots lower than 2021.10;
attended jobs executed on robots connected using a machine key, without user sign-in.

Note: For Robots older than 2021.10, the host identity gets populated dynamically according to the account settings made in Orchestrator. Changing the domain\username for the account used to execute a job changes the host identity as well.

ROOT - background jobs executed on Linux robots.

NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE - jobs executed under the Robot service identity. Displayed for background jobs executed on Robots 2021.10+ without credentials.
ⓘ Service mode robots run under NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE. User mode robots run under a certain user identity.

N/A - jobs started from the Assistant by users connected using interactive sign-in. For robots connected using the machine key, without user sign-in, the <Domain\Username> is displayed.

Known Issue: Filtering by host identity on the Jobs and Logs pages does not work correctly for jobs executed via accounts without credentials. When running jobs on Windows machines, the Host Identity column is populated with the actual identity of the robots (domain\username), however, filtering by this value returns no jobs. When running jobs on Linux machines, jobs are executed under Root, however, this value is not available for filtering.

ジョブの種類

The type of job according to where the execution takes place and depending on whether the robot impersonates a user or not:
Service unattended - The execution happens on a server and the robot does not impersonate a user. Jobs are launched from Orchestrator
Personal remote - The execution happens on a server and the robot runs under the identity of a personal workspace owner. Jobs are launched from Orchestrator.
Attended - The execution happens on a user's personal machine. Jobs are launched from the Assistant.
Development - The execution happens on a server. Jobs are launched from Studio through remote debugging.

ランタイム ライセンス

The runtime type used for execution.

ステート (State)

The state of the job. See details about job states.

Priority

The priority of the job. See details about job priorities.

開始

The amount of time since the job has started executing. Hovering over this field displays the exact start time and date.

終了

The amount of time since the job has finished executing. Hovering over this displays the exact end time and date.

ソース

The agent of the execution.
[trigger_name] - The job was started by that trigger.
Assistant - The job was started by the UiPath Assistant.
Manual - The job was started from Orchestrator.
Studio - The job was started for debugging purposes from Studio.


 

アカウントとマシンのマッピング


When starting a job or defining a trigger, you can define specific account-machine pairs on which execution takes place. Account-machine mappings enable you to tie unattended usage under particular accounts to specific machine templates. The gives granular control over the execution targets of your automation. Account-machine mappings can be tenant-based (not tied to a specific folder), or folder-based (tied to a specific folder).

Learn how to configure account-machine mappings.

実行ターゲット


Orchestrator でジョブを開始するメカニズムに従って、ジョブの割り当て方法と実行ターゲットを暗黙的に選択して設定できます。ここでは、[ジョブ] ページからジョブを開始する際に使用できる割り当て方法と実行ターゲットについて説明します。

トリガーの実行ターゲットについては、こちらを参照してください。

📘

ジョブの実行中にロボットが応答しなくなった場合 (ロボットのマシンがダウンした場合や、Robot サービスがクラッシュした場合)、再接続した後、クラッシュ時に実行中だったジョブを再実行します。

1. 動的に割り当て

Dynamic allocation with no explicit account and machine selection allows you to execute a foreground process multiple times under the account and machine that become available first. Background processes get executed on any account, regardless if it's busy or not, as long as you have sufficient runtimes.

[動的に割り当て] オプションを使用すれば、1 つのジョブでプロセスを最高 10,000 回実行できます。

2. アカウント

The process is executed under a specific user or robot account. Only specifying the account results in Orchestrator allocating the machine dynamically. Specifying both the account and the machine means the job launches on that very account-machine pair.

3. マシン

The process is executed on one of the host machines attached to the selected machine template. Specifying the template displays an additional Connected Machines option, allowing you to select a specific host machine from the pool of connected host machines. Only specifying the machine results in Orchestrator allocating the account dynamically. Specifying both the account and the machine means the job launches on that very account-machine pair.

ジョブの種類に一致したランタイムが、関連するマシン テンプレートに割り当てられていることを確認してください。アクティブなフォルダーに関連付けられた、接続済みのホスト マシンだけが表示されます。

 

❗️

動的割当ての使用規則

You need to provision a Windows user for each account on a host machine that belongs to the folders to which the corresponding machine template is assigned.
Say you connected a server to Orchestrator using the key generated by the machine template, FinanceT. That machine template is assigned to folders FinanceExecution and FinanceHR, where 6 accounts are assigned as well. Those 6 accounts need to be provisioned as Windows users on the server.

同じプロセスを複数回実行するようにジョブを設定した場合、各実行に対してジョブ エントリが作成されます。ジョブの順序はジョブの優先度と作成時刻によって決まり、より高い優先度のより古いジョブが待ち行列の先頭に配置されます。ロボットが使用可能になり次第、待ち行列内の次のジョブが実行されます。それまでの間、ジョブは保留ステートのままです。

セットアップ

  • 1 フォルダー
  • 2 ランタイムが設定された 1 つのマシン テンプレート
  • 2 accounts: john.smith and petri.ota
  • ユーザーによる操作が必要なプロセス 2 つ: P1 - キューにキュー アイテムを追加します。P2 - キュー内のアイテムを処理します。
  • The machine template and the aacounts must be associated to the folder containing the processes.

望ましい結果

  • P1 は任意のユーザーにより高優先度で実行される。
  • P2 は petri.ota により低優先度で実行される。

必要なジョブ設定

  • Start a job using P1, don't assign it to any particular account, set the priority to High.
  •  Job1

  • P2 のジョブを開始します。P2 は petri.ota に割り当てます。また、優先度は [低] に設定します。
  •  Job2

 

実行優先度


競合するジョブのうちどれを優先させるかは、プロセスのデプロイ時またはそのプロセスのジョブ/トリガーの設定時に、[ジョブの優先度] フィールドで指定できます。ジョブには、次の優先度のいずれか 1 つを設定できます。[低] (↓)、[標準] (→)、[高] (↑)。

ジョブを手動で開始する

優先度は、最初の設定が継承されます。その設定をそのまま使用することも、変更することもできます。
[オートメーション] ページ > [ジョブ]
プロセス レベルで設定された優先度を継承します。
[オートメーション] ページ > [トリガー]
トリガー レベルで設定された優先度を継承します。トリガー自体もプロセス レベルの優先度を継承していた場合は、その優先度が適用されます。
[オートメーション] ページ > [プロセス]
そのプロセスに設定された優先度を使用します。

同じプロセスを複数回実行するようにジョブを設定した場合、各実行に対してジョブ エントリが作成されます。ジョブの順序はジョブの優先度と作成時刻によって決まり、より高い優先度のより古いジョブが待ち行列の先頭に配置されます。ロボットが使用可能になり次第、待ち行列内の次のジョブが実行されます。それまでの間、ジョブは保留ステートのままです。

トリガーによるジョブの開始

優先度は既定で [継承] に設定されます。つまり、プロセス レベルで設定された値を継承します。プロセスを選択すると、矢印のアイコンが、プロセス レベルで設定された値を示すよう自動的に更新されます。トリガーによって起動されたジョブの優先度は、すべてトリガー レベルで設定されます。ただし、既定の [継承] をそのまま使用した場合、それらのジョブはプロセス レベルで設定された優先度で起動されます。
以後にプロセス レベルで加えられた変更は、トリガーと、そのプロセスで作成されたジョブに、暗黙的に伝播されます。

📘

Windows Server 上で実行されていない同じマシンで、複数のロボットでユーザーの介入が必要なジョブを 1 つ開始した場合は、選択したプロセスが 1 つ目のロボットでのみ実行され、残りは失敗します。これらの各実行のインスタンスは [ジョブ] ページで作成され、表示されます。

Jobs on High-Density Robots


同じ Windows Server 端末において、複数の高密度ロボットでジョブを開始した場合、選択したプロセスが指定したそれぞれのロボットによって同時に実行されることになります。これらの各実行のインスタンスは [ジョブ] ページで作成および表示します。

高密度ロボットを使用し、そのマシン上で RDP を有効化しない場合は、ジョブを開始するたびに、次のエラーが表示されます: 「A specified logon session does not exist.It may already have been terminated.」(指定したジョブセッションは存在しません。既に終了した可能性があります)。高密度ロボットの設定方法については、「Windows Server の高密度ロボット用設定」ページを参照してください。

レコーディング


Unattended で失敗したジョブにおいて、プロセスの [記録機能を有効化] オプションがオンになっている場合、対応する実行メディアをダウンロードして、失敗する前の実行の最後の瞬間を確認できます。
実行メディアに関する [閲覧] 権限を持っている場合は、[ジョブ] ウィンドウに [記録をダウンロード] オプションが表示されます。

20 日前に更新


ジョブについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。