UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

RPA テスト

RPA テストは、ワークフローを直接テストし、実行時のアクティビティ カバレッジを確認するために設計されています。このようなテスト プロセスによって、実行が行われ、実行中の決定内容にかかわらず、めったに発生しない厄介なケースもすべてカバーされることを保証します。

テスト ケースを作成する

RPA テスト ファイルは、プロジェクトからワークフローを呼び出すことで作成できます。[プロジェクト] パネルでワークフローを右クリックし、[テスト ケースを作成] または [データ ドリブン テスト ケース] を選択します。

テスト ケース .xaml は、ワークフローを呼び出し、3 つの追加のコンテナー GivenWhenThen があれば作成されます。ファイルは、When コンテナーに含まれる、[ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティ内で呼び出されます。

ワークフローからの引数は自動的にインポートされます。その他の引数を表示または追加するには、[ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティに含まれる [引数をインポート] ボタンをクリックします。

テストの目的に応じて、テスト ケース シーケンスにアクティビティを追加し、必要であればテスト データを追加します。

アクティビティ カバレッジ

To check the workflow's activity coverage, debug the newly created test case and view covered and uncovered test cases in the Activity Coverage panel.

今回の例でこの作業を行ったところ、以下のカバレッジが得られました。

メッセージによると、このテスト ケースはワークフローのアクティビティの 53% しかカバーしていません。自動化のニーズに応じて、実行時の各シナリオをカバーする、独立したテスト ケースを作成できます。たとえば、上記のフローチャートでは、[フロー スイッチ] アクティビティを使用しています。このような場合は、たとえば低額のローンの場合など、もう 1 つのシナリオの実行をたどるテスト ケースを別に作成します。

もう 1 つの方法は、ワークフローのすべてのセクションをカバーするテスト ケースを 1 つ作成します。今回のワークフローでは、すべてのアクティビティをテストしつくすために、別々のデータ セットを使用することに決定しました。したがって、.csv ファイルからデータをインポートし、[繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティを使用してワークフローの各アクティビティに順に渡しました。

デバッグ時に、アクティビティ カバレッジ率が 100% に達したということは、テスト ケースで使用されるデータ セットが、アクティビティを追加したこともあって、プロジェクト内の可能なシナリオのすべてをカバーできたことを意味します。

テスト ケースをパブリッシュする

テスト ケースは [パブリッシュ可能として設定] された場合にのみパッケージ化されます。[プロジェクト] パネルでテスト ケースを右クリックして、[パブリッシュ可能として設定] を選択します。テスト ケースをパブリッシュ可能として設定する方法の詳細は、こちらをご覧ください。

パブリッシュは、[パブリッシュ] または [テスト ケースをパブリッシュ] リボン オプションを選択することで実行できます。

  • [パブリッシュ] - プロジェクト全体をテスト ケースとともにパブリッシュします。
  • [テスト ケースをパブリッシュ] - プロジェクトを、Orchestrator の [テスト ケース] ページで管理されるテスト ケースとしてパブリッシュします。

3 か月前に更新



RPA テスト


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。