通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

テスト実行

概要


ここでは、テスト実行の管理方法について説明します。テスト実行とは、任意のテスト セットによる、ある特定の時点における実行結果を、変更不可能な形で記録する機能です。これに対して、テスト セットはいつでも変更できます。別のアプリケーション バージョンを対象とすることや、選択するテスト ケースを変更することができるからです。

テスト セットを再実行する


以前に実行したテスト セットを再実行できます。そのテスト ケースの新しい結果によって、[テスト実行] ページに表示されている前のテスト ケースの結果が上書きされます。

  1. Orchestrator にログインします。
  2. フォルダーを開きます。
  3. [テスト] > [テスト実行] に移動します。
  4. テスト実行を選択し、[その他のアクション] > [詳細] に移動します。
  5. テスト ケースを選択して、[その他のアクション] > [再実行] に移動します。
  6. 実行ターゲットを設定します。
    • ユーザー: その特定のフォルダーに割り当てられたユーザーをドロップダウン リストから選択します。既定では [すべてのユーザー] に設定されています。
    • マシン: ドロップダウン リストからマシン リソースを選択します。

📘

クラシック フォルダーの場合は、[ロボット グループ] を選択してから、実行を動的に割り当てるか、特定のロボットに割り当てるかを選択します。

  1. (任意) テスト ケースのカスタム引数を定義して、テスト セット レベルで既定値を上書きします。引数を定義するには、引数を含むパッケージをパブリッシュしておく必要があります。
  2. [実行] をクリックして確定します。

テスト実行のカバレッジ


You can view information on the activities that have been covered during a test execution. This option is also available in Studio, as Activity Coverage.

🚧

重要

既存または新規のテスト セットにこのオプションを選択した場合、アクティビティ カバレッジの計算機能を利用できます。詳しくは、「テスト ケースを作成する」をご覧ください。

  1. Orchestrator で目的のフォルダーを開きます。
  2. [テスト] > [テスト実行] に移動します。
  3. テスト実行を選択し、[その他のアクション] > [詳細] に移動します。
  4. [カバレッジ] タブに移動して、カバレッジの詳細を確認します。
    カバレッジ ファイルは [添付ファイル] タブにアップロードされます。

テスト実行を分析する


テスト実行を分析して、実行が失敗した、またはスタックしたインスタンスの詳細を把握できます。

📘

[オートメーション] > [ジョブ] > [ジョブの詳細] に移動すると、失敗したテスト実行のスクリーンショットをご覧ください。この機能を利用するには、アプリケーション レベルで実行メディアを有効化しておく必要があります。詳細は、「実行メディアの権限」をご覧ください。

テスト実行の内容は、次のような操作によって確認できます。

Actions

Description

Procedure

Execution details

View Robot details, including execution attachments, data variation and screenshots.
Make sure that you have Execution Media Permissions.

  1. Open your folder in Orchestrator.
  2. Navigate to Testing > Test Executions.
  3. Select a test run and go to More Actions > Details
  4. Click Details to view the execution details.

View assertions

View failed or passed assertions.

  1. Open your folder in Orchestrator.
  2. Navigate to Testing > Test Executions.
  3. Select a test run and go to More actions > Details.
  4. Select a test case and go to More actions > View assertions.

View logs

View and export a detailed log of execution events.

  1. Open your folder in Orchestrator.
  2. Navigate to Testing > Test Executions.
  3. Select a test run and go to More actions > Details.
  4. Select a test case and go to More details > View logs.
  5. Click Export to get the test execution details in a CSV format.

テスト実行 API


To query for item related activities, you can use the Background Tasks, internally available through API. For more information on Orchestrator Permissions, see About Roles. For more information on test automation API, see Test Automation API Permissions.

8 か月前に更新



テスト実行


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。