通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

セットアップのサンプル

このページでは、各種の実際的なシナリオと、それらのシナリオに対応する Orchestrator のセットアップについて説明します。

説明用シナリオ

ユーザー/マシンの組み合わせが 1 つの場合

John was provided a laptop by the company he works for, on which he works day after day.
He logs in on his laptop using his credentials.
The unique identifier (machine name) of the laptop is JOSMITH.

  • 1 ユーザー
  • 1 マシン
  • ユーザー/マシンの組み合わせが 1 つ - 常に同じ

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
ユーザーが使用する 1 つのフローティング ロボット。ロボットは John のユーザー アカウントで実行され、domain\username 構文を使用して識別されます。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

John は、マシン テンプレートによって生成されたキーを使用して自分の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

ユーザー/マシンの組み合わせが 2 つの場合

Boris と Vadim は、コールセンターのオペレーターとして働いています。2 人は、2 交代制で同じコンピューターを使用して作業します。
2 人は、各自の資格情報を使用して、このコンピューターにログインします。
ノート PC の一意の識別子は PC345 です。

  • 2 ユーザー
  • 1 マシン
  • ユーザー/マシンの組み合わせが 2 つ - 常に同じ {(Boris - PC345)、(Vadim - PC345)}

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
2 つのフローティング ロボット。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

Vadim とBoris の 2 人とも、マシン テンプレートによって生成されたキーを使用して各自の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

ユーザー/マシンの組み合わせが 3 つの場合

Randy, Kanye, and Juanita work on virtual machines, on persistent virtual desktop images delivered to their endpoint devices over a network. Each of them uses the same VM day after day.
They each log in on the VMs using their credentials.
The unique identifiers of the VMs are RAND32, KAN43, and JUA65

  • 3 ユーザー
  • 3 マシン
  • ユーザー/マシンの組み合わせが 3 つの場合 - 常に同じ {(Randy - RAND32)、(Kanye - KAN43)、(Juanita - JUA65)}

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
3 つのフローティング ロボット。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

各ユーザーは、同じマシン テンプレートによって生成されたキーを使用して各自の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

ユーザー/マシンの組み合わせが 9 つの場合

Ion, Sandu, and Georgeta work on virtual machines, on non-persistent virtual desktop images delivered to their endpoint devices over a network. Each day, they are arbitrarily assigned to a VM from a pool of 3 VMs.
They each log in on the VMs using their credentials.
The unique identifiers of the VMs are: VM10, VM11, VM12.

  • 3 ユーザー
  • 3 マシン
  • 9 つのユーザー/マシンの組み合わせ - ランダム {(Ion - VM10)、(Ion - VM11)、(Ion - VM12)、(Sandu - VM10)、(Sandu - VM11)、(Sandu - VM12)、(Georgeta - VM10)、(Georgeta - VM11)、(Georgeta - VM12)}

Orchestrator の設定

1 つのマシン テンプレート
3 つのフローティング ロボット。フローティング ロボットはユーザー レベルで自動的に作成されます。

各ユーザーは、同じマシン テンプレートによって生成されたキーを使用して各自の UiPath Robot を Orchestrator に接続します。

4 か月前に更新


セットアップのサンプル


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。