通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ロボット

Robots in modern folders run under a user profile, meaning robots always run in the context of certain user identities. User identities and their association with roles allow for a certain level of access to resources in Orchestrator. A user gets the permissions required to perform particular operations through one or multiple roles. Learn about access control in Orchestrator.

Attended ロボットは現実の人間を真似たものであるため、ユーザー アカウントに基づいて実行する必要があります。Unattended ロボットは、サービス アカウントに基づいて実行する必要があります。このアカウントは、アプリケーションまたは仮想マシン専用の特別なアカウントであり、ユーザー用ではありません。

ロボットの管理


ロボットの管理は [ユーザー] ページで行います。その際、対象のユーザー ID に対してロボットの自動作成を有効にする必要があります。設定に従って、ロボットが自動作成されます。ロボットの管理は自動的に行われます。つまり、ユーザー レベルでのロボットの自動作成を有効にし、その実行設定と認証資格情報を定義することで、フローティング ロボットが自動的に作成されます。

UiPath Robot has access to the resources residing in the folders the user (and machine for unattended) has access to.
Attended robots (or unattended used in attended mode) can be monitored at the tenant level on the Robots page. Unattended machines and runtimes can be monitored at the folder level (Monitoring > Machines).
Automatic robot management can be configured for directory users or directory groups as well. The automatic robot provisioning setting for a directory group added to Orchestrator is inherited by any user member of that AD group. Robot auto-provisioning is only valid for attended robots.

ロボット ビュー


テナント レベルの [ロボット] ページには、Orchestrator で設定が完了したロボットと、そのロボットと有人・無人のシナリオとのマッピングが表示されます。確認したい情報の種類に応じて選択できる 4 つのタブがあります。

A. 設定済みのロボット

このセクションには、モダン フォルダーで設定されたロボットが表示されます。具体的には、[このユーザーに対して Attended ロボットを自動的に作成] オプションおよび/または [このユーザーに対して Unattended ロボットを自動的に作成] オプションによりユーザーに対して作成された、すべてのロボットを確認できます。

列名

説明

ユーザー

ロボットの実行に使用するユーザーのユーザー名です。

ドメイン \ ユーザー名

ロボットの実行に使用するユーザーのドメイン\ユーザー名です。

種類

Orchestrator でユーザーに対して有効化されているロボットの種類 (attended、unattended) です。括弧内にライセンスの種類も表示されます。

B. 無人セッション

このセクションでは、すべての無人セッションと、その関連情報の概要を確認できます。

列名

説明

接続済みのマシン

ホスト マシンの名前です。

マシン

対応するホスト マシンを Orchestrator に接続するために使用された、マシン テンプレートです。

ランタイム

マシン テンプレートに関連付けられたランタイムの数です。このマシン テンプレートを使用して接続されたホスト マシンごとに、表示された数のライセンスがテナントのライセンス プールから確保されます。

使用中

このホスト マシンに対して確保されているランタイムのうち、現在消費されているランタイムの数です。ランタイムは、ジョブの実行中に消費されます。

ライセンスの種類

ライセンスの種類です。

サービス ユーザー名

無人ジョブが実行される ID です。サービス アカウントの場合、この値は空です。

Status

各ホスト マシンの接続ステータスです。

直近のハートビート

最後のハートビートから経過した時間です。このフィールドにカーソルを合わせると、最後のハートビートの正確な時刻が表示されます。

バージョン

Robot のバージョンです。

C. ユーザー セッション

このセクションでは、Assistant から開始されたすべてのユーザー セッションと、その関連情報の概要を確認できます。

列名

説明

ユーザー

ロボットの実行に使用するユーザーのユーザー名です。

ドメイン \ ユーザー名

ロボットの実行に使用するユーザーのドメイン\ユーザー名です。

接続済みのマシン

ロボットが存在するホスト マシンの名前です。

Status

Attended ロボットのステータスです。

既知の問題: Assistant を更新すると、ジョブを実行中の Attended ロボットが [利用可能] と表示されます。

種類

ロボットの種類です。括弧内にライセンスの種類も表示されます。無人プロセスに使用するマシンで Assistant セッションを開始した場合は [Unattended] と表示されます。

バージョン

Robot のバージョンです。

D. クラシック ロボット

このセクションでは、クラシック フォルダーで定義されたロボットと、その関連情報の概要を確認できます。このタブは、モダン フォルダーのみを使用している組織では表示されません。

6 か月前に更新


ロボット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。