通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Robot を Orchestrator に接続する

You can connect your robots to Orchestrator in different ways based on the robot authentication settings configured in Orchestrator, typically by an administrator.

What are my authentication settings


The robot authentication settings can be seen and configured on Tenant > Settings, on the Robot security tab, usually by an administrator. Your Orchestrator administrator should provide you with details so as to be able to use the right method to connect your robot.

More on robot authentication.
Instructions on how to change robot authentication settings.

Attended ロボットを Orchestrator に接続する


対話型サインイン

自身の資格情報でサインインして、ロボットを Orchestrator に接続します。これにより、ロボットに Orchestrator のリソースへのアクセス権が付与され、ユーザーに Studio や Assistant などの製品を操作する権限が付与されます。

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [サービス URL] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [サービス URL] フィールドに、接続する Orchestrator インスタンスの URL を入力します。
  5. [サインイン] をクリックします。 Orchestrator インスタンスの [ログイン] ページに移動します。
  6. 通常どおりにログインします。
  7. ユーザー情報が確認されると、Assistant に、ユーザーがアクセス権を持つ Orchestrator フォルダー内のプロセスが設定されます。
600600

📘

対話型サインインを使用する際、Orchestrator でマシン オブジェクトを作成する必要はありません。

🚧

重要

対話型サインインは、クラシック フォルダーのコンテキストではサポートされません。

 

マシン キー

マシン キーを使用して Attended ロボットを接続します。マシン キーは Orchestrator でマシン オブジェクトによって生成されます。

📘

  • 社内で Orchestrator の設定を担当する人は、Attended User と開発者に正しい Orchestrator URL とマシン キーを提供する必要があります。マシン オブジェクトを Orchestrator のフォルダーに割り当てる必要はありません。アカウントのみを割り当てます。
  • 複数のアカウントが同一マシン上で作業している場合、それぞれに Orchestrator で作成されたロボットが必要です。

 

マシン キーを使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

Assistant を使用する

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [マシン キー] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [マシン名] フィールドに、物理マシンまたは仮想マシンの名前が表示されます。
  5. In the Orchestrator URL field, enter Orchestrator’s web address, such as https://myOrchestrator.uipath.com/. --
  6. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたキーを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
601601

 

コマンド ラインを使用する場合

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します。例:
cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  1. Use the --connect -url, and -key command-line arguments.
UiRobot.exe --connect -url <orchestratorInstanceURL> -key <machineKey>

これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。高密度ロボット グループの場合は、各ユーザーに対応するロボットが Orchestrator に接続されます。

 

Update the default Orchestrator connection for Mac

To update the default Orchestrator URL service for Mac, change it from store.json (/Applications/UiPath Assistant.app/Contents/Robot/uipath.config~/Library/Application Support/UiPath/store.json):

"MAIN_WINDOW_SERVICE_LOGIN_DETAILS": {
        "nextServiceUrl": "https://cloud.uipath.com",
        "defaultServiceUrl": "https://cloud.uipath.com"
    }

Unattended ロボットを Orchestrator に接続する


無人オートメーションでは、ホスト マシンは Unattended モードで接続され、ライセンスされるため、プロセス実行の規定の方法は Orchestrator になります。マシンを有人モードで (Assistant を開いて) 使用する場合、対話型サインインが強制されているとサインインが必要です。そうしないと、Assistant でプロセスが表示されず、ロボットは「接続済み、ライセンスなし」として表示されます。

クライアント資格情報

クライアント資格情報を使用して Unattended ロボットを Orchestrator に接続します。Orchestrator 内のマシン テンプレート オブジェクトによって、クライアント ID とクライアント シークレットのペアが生成されます。

クライアント資格情報を使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

Assistant を使用する

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [クライアント ID] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. In the Orchestrator URL field, enter Orchestrator’s web address, such as https://myOrchestrator.uipath.com/.
  5. [クライアント ID] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント ID を入力します。
  6. [クライアント シークレット] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント シークレットを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
601601

 

コマンド ラインを使用する場合

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します。例:
cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  1. Use the --connect --url --clientID, and --clientSecret command-line arguments to connect your robot and pass the Orchestrator URL, client ID, and client secret. For example:
UiRobot.exe --connect --url <OrchestratorURL> --clientID <clientID> --clientSecret <clientSecret>

📘

When using PowerShell, you need to escape the $ character in the client secret using "". For example, you should pass a client secret such as Bepx8O3XqSHrt$ZU as "Bepx8O3XqSHrt""$""ZU" です。

マシン キー

マシン キーを使用して Unattended ロボットを Orchestrator に接続します。マシン キーは Orchestrator でマシン オブジェクトによって生成されます。

📘

  • マシン オブジェクトを Orchestrator のフォルダーに割り当てる必要があります。

  • 「高密度ロボット」機能は、ユーザーごとにロボットを登録する際に、同じマシン名とマシン キーが使用されている場合にのみ有効です。

マシン キーを使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

Assistant を使用する

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [マシン キー] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [マシン名] フィールドに、物理マシンまたは仮想マシンの名前が表示されます。
  5. In the Orchestrator URL field, enter Orchestrator’s web address, such as https://myOrchestrator.uipath.com/.
  6. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたキーを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
601601

 

コマンド ラインを使用する場合

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. Go to the directory where your robot is installed (by default C:\Program Files\UiPath\Studio). For example: cd C:\Program Files\UiPath\Studio です。
  3. Use the --connect -url, and -key command-line arguments in conjunction with the Orchestrator URL and machine key. For example: UiRobot.exe --connect -url https://demo.uipath.com/ -key ba1e4809-2f64-4965-bae2-efda62d20164. The robot is now connected to Orchestrator. In a High-Density environment, the robot corresponding to each user is connected to Orchestrator.

Update the default Orchestrator URL for Mac


To update the default Orchestrator URL service when using the Assistant on a Mac, change it from store.json (/Applications/UiPath Assistant.app/Contents/Robot/uipath.config~/Library/Application Support/UiPath/store.json):

"MAIN_WINDOW_SERVICE_LOGIN_DETAILS": {
        "nextServiceUrl": "https://cloud.uipath.com",
        "defaultServiceUrl": "https://cloud.uipath.com"
    }

約 1 か月前に更新


Robot を Orchestrator に接続する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。