通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

アカウントとグループ

[アカウントおよびグループ] ページでは、組織のローカル ユーザー アカウント、ロボット アカウント、およびローカル グループを定義できます。

アクセス権のレベルやユーザーが実行できる操作は、次の 2 つの要素を使用して制御できます。

  • アカウント - ユーザーの ID を確立し、UiPath アプリケーションへのログインに使用されます。
  • ロール - UiPath エコシステム内で特定の権限を付与するために、アカウントに割り当てられます。

アカウントは Orchestrator で作成または管理されません。Orchestrator では、ロールとその割り当てのみを管理できます。

アカウントについて


アカウントとは、割り当てられたアクセス権に基づいて Orchestrator の表示と制御が許可される、アクセス権限に応じた能力を持つ UiPath Platform のエンティティです。

アカウントの管理は以下のように行われます。

  • 以下の場所から、ローカル (ローカル アカウント) で作成・管理できます。
  • created and managed in an external directory (directory accounts and directory groups). See the section AD Integration for a better understanding of directory integrations.

詳細情報:
Learn more about the types of accounts.
Learn about Orchestrator's access-control model, which relies on role assignations.

アカウントは組織レベルの管理ポータルで追加して、対応する組織内でのみ使用できます。
正常に追加されたアカウントに Orchestrator へのアクセス権を付与するには、次の 2 つの方法があります。1 つはアカウントをグループに追加してグループのロールを継承させる方法、もう 1 つはサービス レベルでアカウントごとにロールを割り当てる方法です。2 つの方法を併用することで、組織内のアカウントに付与するアクセス権をきめ細かく制御できます。

📘

: モダン フォルダーでは、ロボットの管理をユーザー レベルで行います。アカウントを管理する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Active Directory との連携

Active Directory (AD) をOrchestrator で参照すると、そのメンバーは潜在的な Orchestrator ユーザーとなります。ディレクトリ アカウントのアクセス レベルは、Orchestrator 内で、グループ レベル (ディレクトリ グループ) またはユーザー レベル (ディレクトリ ユーザー) のいずれかで設定されます。

以下と連携できます。

📘

Active Directory の連携機能を Attended ロボットの自動プロビジョニング階層フォルダーの機能と共に使用することで、大規模なデプロイを容易に設定できます。詳しくは、「大規模なデプロイを管理する」をご覧ください。

 

前提条件

  • WindowsAuth.Domain パラメーターに、有効なドメインが指定されていること。ユーザー/グループを追加するときに、WindowsAuth.Domain パラメーターで指定されているドメインと双方向の信頼関係にあるフォレストのすべてのドメインとサブドメインが使用可能であること。
  • Orchestrator がインストールされているマシンが、WindowsAuth.Domain パラメーターで設定されているドメインに参加していること。デバイスがドメインに参加しているかどうかを確認するには、コマンド プロンプトから dsregcmd /status を実行して、[デバイスのステート] セクションに移動します。
  • Orchestrator のアプリケーション プールを実行する ID は、Windows 認証アクセス (WAA) グループに属している必要があります。

動作

  • ディレクトリ グループを追加すると、必要なアクセス権を設定できるユーザー グループ エンティティが Orchestrator 内に作成されます。この Orchestrator のエントリは、Active Directory のグループへの参照として機能します。
  • ログインすると、Orchestrator はグループ メンバーシップを確認します。確認が済むと、ユーザー アカウントが自動的にプロビジョニングされ、グループから継承されたアクセス権が関連付けられます。継承された権限は、ユーザー セッションの間だけ保持されます。
  • 自動プロビジョニングは、最初のログイン時に行われます。自動プロビジョニングされたユーザー アカウントは、監査のためにそのエントリが必要になる可能性があるため、ログアウト時に削除されません。
  • アカウントのグループ メンバーシップは、Orchestrator によってログイン時に、またはアクティブなセッションでは 1 時間に 1 度確認されます。アカウントのグループ メンバーシップが変更された場合、アカウントに対しする変更は次回のアカウントのログイン時に適用されますが、アカウントが現在ログイン中である場合は、1 時間以内に変更が適用されます。
    This one hour interval for checking group membership can be changed by setting the value of IdentityServer.GroupMembershipCacheExpireHours.
  • Active Directory のグループは Orchestrator と同期しますが、Orchestrator に加えた変更は、Active Directory のユーザー構成には影響しません。
  • (グループ メンバーシップから) 継承したアクセス権を持つ Active Directory ユーザーは、ローカル ユーザーと同じように、つまりアカウントに割り当てられたロールに完全に依存して機能するようには定義できません。
  • アクセス権がグループ メンバーシップの変更に関係なくセッション間で保持されるよう設定する唯一の方法は、グループを使用してロールを割り当てるのではなく、Orchestrator のユーザー アカウントにロールを直接割り当てることです。

既知の問題

  • ネットワークや設定の諸問題により、[ドメイン名] のドロップダウン リストに表示されるドメインの一部にアクセスできない可能性があります。
  • Active Directory のユーザー/グループ名を変更しても、その変更が Orchestrator に反映されません。
  • 双方向に信頼関係にあるドメインを新たに追加すると、ドメインのリストを更新するのに最大 1 時間ほどかかることがあります。
  • GetOrganizationUnits(Id) および GetRoles(Id) 要求を送信しても、自動プロビジョニングされたユーザーに明示的に設定されたフォルダーおよびロールしか返されません。グループの設定を継承したフォルダーやロールを取得するには、/api/DirectoryService/GetDirectoryPermissions?userId={userId} エンドポイントを使用してください。
  • ユーザー インターフェイスも同様です。[ユーザー] ページには、明示的に設定されているフォルダーとロールのみが表示されます。一方、継承されたフォルダーとロールは、新しい専用の [ユーザーの権限] ウィンドウ ([ユーザー] > [その他のアクション] > [権限を確認]) に表示されます。
  • 既定では、ユーザーはアラートのサブスクリプションの設定を親グループから継承せず、アラートを受信しません。ユーザーがアラートにアクセスできるようにするには、アラートへの権限を明示的にユーザーに付与する必要があります。
  • ディレクトリ グループを削除した際、関連付けられたディレクトリ ユーザーがフォルダーから割り当て解除されたとしても、そのユーザーのライセンスは削除されません。ライセンスをリリースするにはロボット トレイを閉じてください。
  • ブラウザーによっては、Active Directory 資格情報を使用して Orchestrator にログインする際に必要なのはユーザー名のみで、ドメインを指定する必要がありません。このため、domain\username の構文が機能しない場合はユーザー名のみを入力してみてください。

監査の考慮事項

  • ユーザー メンバーシップ: ユーザー [ユーザー名] は、次のディレクトリ グループ [ユーザーが現在のセッションでアクセス権を継承するディレクトリ グループ] に割り当てられました。
  • 自動プロビジョニング: ユーザー [ユーザー名] は、次のディレクトリ グループ [ユーザーが現在のセッションでアクセス権を継承したディレクトリ グループ] から自動的にプロビジョニングされました。

ユーザーの種類

グループ

グループを使用すると同じロールや設定を複数のユーザーに適用できるため、一度に複数のユーザーを管理できます。

The membership of a user is set from Admin > Accounts & Groups.
User groups enable automatic access with the group permissions, based on users being added or removed from the group with no need to manage user permissions individually.
There are 4 default local groups: Administrators, Automation Users, Automation Developers, Everyone. All groups come with a default set of permissions in each new service you create. The out-of-the-box roles can be customized later on for each Orchestrator service.
If you need more than the 4 default groups provided by UiPath, you can create custom local groups. Unlike default local groups, custom groups need to be added manually in Orchestrator to ensure the correct mapping between the group membership of a user and the corresponding role in Orchestrator.

グループのロールは、自動プロビジョニングされたユーザーまたは手動で追加されたユーザーを問わず、そのグループに属するすべてのユーザーに渡されます。これらのロールは、アカウントごとにのみ設定できる「直接割り当てられたロール」とは対照的に「継承されたロール」と呼ばれます。

📘

注意

複数のグループに属するユーザーは、それらすべてのグループからアクセス権を継承します。
複数のグループに属し、ロールを直接的にも付与されているユーザーは、グループから継承されたロールと直接割り当てられたロールの和集合を所持します。
Orchestrator に追加済みのグループに属しているユーザーは、Orchestrator にログインするための明示的なユーザー アカウントを必要としません。
継承されるロールは、関連付けられたユーザー グループに依存します。グループがサービスから削除されると、アカウントの継承されたロールも削除されます。
直接割り当てられたロールは、アカウントが存在するグループの影響を受けません。これらのロールは、グループのステートに関係なく保持されます。

たとえば、John Smith さんを Automation Cloud 組織の Automation UsersAdministrators ユーザー グループに追加したとしましょう。

  • Automation User グループは Finance Orchestrator サービス内に存在します。
  • Administrator グループは HR Orchestrator サービス内に存在します。
  • John さんのアカウントには、両方のサービスで直接的にもロールが割り当てられています。

John さんには各サービスの継承した権限と明示的権限の和集合が与えられます。

Service/Roles

User Groups

Inherited Roles

Explicit Roles

Overall

Finance

Automation User

Tenant Level Roles

Allow to be Automation User

Allow to be Automation User

Allow to be Folder Administrator

Allow to be Automation User
Allow to be Folder Administrator

Folder Level Roles

Automation User on Folder A
Automation User on Folder B

Automation User on Folder A
Automation User on Folder B

Folder Administrator on Folder A

Automation User on Folder A
Automation User on Folder B
Folder Administrator on Folder A

HR

Administrators

Tenant Level Roles

Allow to be Folder Administrator

Allow to be Folder Administrator

Allow to be Folder Administrator

Folder Level Roles

Folder Administrator on Folder D
Folder Administrator on Folder E

Folder Administrator on Folder D
Folder Administrator on Folder E

Folder Administrator on Folder F

Folder Administrator on Folder D
Folder Administrator on Folder E
Folder Administrator on Folder F

ユーザー

Orchestrator へのユーザーの追加に使用されるメカニズムによって、ユーザーは 2 つのカテゴリに分類できます。

手動で追加されたユーザー

Orchestrator に手動で追加され、テナント レベルまたはフォルダー レベルのいずれかで明示的に権限を付与されたユーザーです。手動で追加されたユーザー アカウントが、Orchestrator サービスに追加されたグループに属している場合、アカウントはそのグループのアクセス権も継承します。

自動でプロビジョニングされたユーザー

ローカル グループに追加され、Orchestrator にログインするユーザーです。これらのユーザーは、グループから継承した権限に基づいて Orchestrator にアクセスできます。Orchestrator に初めてログインした時に自動的にプロビジョニングされます。

On the Users page, in the Roles column, you can see explicitly assigned roles for a user, be it manually added or auto-provisioned. Inherited roles are not displayed in this column.
You can check the entire permission set of a user, inherited ones included, by navigating to More Actions > Check Permissions > User Permissions window for that specific user.

Manually Added User

Auto-provisioned User

Inherits access rights

Can have explicit access rights

Cloud Portal is the central hub for user information

SSO

Robot

The Robot robotrobot user is automatically created when you manually deploy a Robot to Orchestrator. Robot users have the Robot role by default. This role grants your Robot access to multiple pages, making it able to perform various actions.

同時接続実行の無効化


モダン フォルダーでのリソース消費の最適化や実行能力の最大化では、ジョブへのユーザーの割り当てが、ほとんど、あるいはまったく制御されません。資格情報を一度に複数回使用できないシナリオ (SAP など) に対応するため、Unattended の同時実行を制限できるようにしました。ユーザーが同時に複数のジョブを実行できないように制限できるため、ジョブの割り当てのアルゴリズムを調整できます。

ユーザーを管理するための権限


[ユーザー] ページや [ロール] ページでさまざまな操作を実行するには、関連する権限を付与されている必要があります。

  • ユーザー - 表示 - [ユーザー] ページと [プロファイル] ページを表示できます。
  • ユーザー - 編集 - [プロファイル] ページでユーザーの詳細や設定を編集したり、[ユーザー] ページでユーザーをアクティブ化/非アクティブ化したりできます。
  • Users - View and Roles - View - Displaying user permissions in the User Permissions window.
  • ユーザー - 編集ロール - 表示 - [アクセス権を管理] > [ロールを割り当て] ページでロールの割り当てを編集できます。
  • ユーザー - 作成ロール - 表示 - ユーザーを作成できます。
  • ユーザー - 表示ロール - 編集 - [アクセス権を管理] > [ロール] ページの [ユーザーを管理] ウィンドウでロールを管理できます。
  • ユーザー - 削除 - Orchestrator からユーザーを削除できます。

約 1 か月前に更新


アカウントとグループ


[アカウントおよびグループ] ページでは、組織のローカル ユーザー アカウント、ロボット アカウント、およびローカル グループを定義できます。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。