通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

アクションについて

Actions are tasks to be performed or undertaken by users when dealing with long-running workflows, and user intervention is required before proceeding to the next step in the workflow.
Click here for an overview on long-running workflows.
Action Center is a licensed feature, you are legally bound to procure licenses before granting access to users.
The Actions page shows the actions across all the folders the user has access to.
Actions capabilities in Orchestrator are limited and do not include the latest Action Center functionality. To take advantage of the new capabilities, use the dedicated Action Center services in Automation Cloud. We recommend taking advantage of the new experience, as after the transition is complete, Action Center will be removed from Orchestrator, and so will be the documentation.
Get started with Action Center services in Automation Cloud

概要


人間の検証が必要な長期間にわたるワークフローは、オーケストレーション プロセス テンプレートと特定のアクティビティを使用して、Studio で設定する必要があります。
このようなワークフローは、Orchestrator 内でユーザーが介入するアクションを生成します。アクションが人間によって処理された後は、ワークフロー内の対応するアクティビティによってマークされたプロセスに戻って、使用可能な UiPath Robot で処理が続行されます。これにより、長期間にわたる業務プロセスが必要とされる状況でのリソースの割り当てが改善され、実行時のダウンタイムが短縮されます。これは特に、断片化された各ジョブをそのときに使用可能な任意の Robot で実行できることによるものです。

アクションが Orchestrator で生成されると、[未割り当て] ステータスで [アクション] ページに表示されます。優先度、タイトル、カタログなどの属性は、Studio でアクションが対応するアクティビティを使用してどのようにカスタマイズされたかに応じて Orchestrator に設定されます。

アクションは、[アクション カタログ] 内のユーザー定義基準に従ってグループ化されます。この基準はまず Orchestrator で定義し、その後に、Studio で上記のアクティビティを使用してアクションを作成するときに設定する必要があります。

たとえば、請求書処理ワークフローを使用しているとします。実行権限を持つユーザーが、対応するプロセスのジョブを開始します。

そのジョブは、通常どおり実行されますが、ジョブを中断するアクティビティが発生すると保留状態になります。ここで、人手による介入が必要になります。

Orchestrator でアクションが生成されます。アクションには検証が必要です。アクション受信トレイを扱うアクション管理者が、このアイテムを専門ユーザーに割り当てます。このユーザーに、保留中のアクションがあることが通知されます。

アクションが検証済みになるとジョブが再開され、使用可能なロボットによってジョブの実行が完了します。

task_flow

同じジョブのフラグメントは異なるロボットで実行できるため、対応するログはジョブの進行状況全体を対象とし、ロボット、人間のレビュー担当者、およびジョブが待機しているトリガーで始まる実行の概要を提供します。

アクションの種類


フォーム アクション

form.io ベースのアクションとは、form.io フレームワークのみに対応するアクションのことです。フォームのビジュアリゼーション、アクションの割り当てと実行は、Orchestrator が処理します。

以下のアクティビティは、ワークフローをそれぞれ作成、中断/再開します。これらは、UiPath.Persistence.Activities パッケージに含まれています。

外部アクション

オーケストレーション プロセス内の中断 - 再開サイクルと連携する必要がある、JIRA や Salesforce などの外部システムで処理される汎用タスクです。これらのタスクがフォーム スキーマによって制限されることはなく、Orchestrator でそのようなアクションに対するビジュアリゼーションが提供されることはありません。
外部自動化により、JIRA や Salesforce などの外部システムで処理される外部アクションを Orchestrator 内で作成して、そのアクションが完了するまでワークフローを中断させることができます。アクションが完了すると、入力されたデータは再びワークフロー変数に対応づけられます。
アクションの割り当ては外部で行われます。これらのアクションは、指定された担当者によって実行されるとは限らないからです。外部オートメーションでそのようなアクションを完了できない場合、アクションに対する編集権限と関連するフォルダーへのアクセス権限を持つ任意のユーザーが、対象の外部システム内で実行されるアクションに基づいて、外部アクションを完了できます。

以下のアクティビティは、ワークフローをそれぞれ作成、中断/再開します。これらは、UiPath.Persistence.Activities パッケージに含まれています。

ドキュメント検証アクション

自動データ抽出結果のレビューと修正に関連するユーザー入力を処理するために生成されるアクションです。
ドキュメントの検証は、検証ステーションを使用して Orchestrator 内で実行されます。ユーザーがドキュメント データを操作できるよう、アクションの作成時にドキュメント データがストレージ バケットにアップロードされます。アクションが完了すると、検証済みの抽出データがダウンロードされ、ワークフローが再開されます。
[ドキュメント検証アクション完了まで待機し再開] アクティビティ内で、[ストレージからデータを削除] オプションを有効にしている場合、データはダウンロード後に自動的に削除されます。

以下のアクティビティは、ワークフローをそれぞれ作成、中断/再開します。これらは、UiPath.IntelligentOCR.Activities パッケージに含まれています。

ドキュメント分類アクション

ドキュメントの分類のレビューと修正に関連するユーザー入力を処理するために生成されるアクションです。
ドキュメントの分類は、分類ステーションを使用して Orchestrator 内で実行されます。
ユーザーがドキュメント データを操作できるよう、アクションの作成時にドキュメント データがストレージ バケットにアップロードされます。アクションが完了すると、検証済みの分類データがダウンロードされ、ワークフローが再開されます。
[ドキュメント分類アクション完了まで待機し再開] アクティビティ内で、[ストレージからデータを削除] オプションを有効にしている場合、データはダウンロード後に自動的に削除されます。

以下のアクティビティは、ワークフローをそれぞれ作成、中断/再開します。これらは、UiPath.IntelligentOCR.Activities パッケージに含まれています。

🚧

重要

Amazon および Azure のストレージ バケットへの Web ブラウザー アクセスは、クロス オリジン リソース共有 (CORS) とコンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) の設定により制限される場合があります。

CORS と CSP の両方で、Web アプリケーションで識別されたエンティティをホワイトリストに登録できます。
CORS と CSP の設定方法について詳しくはこちらをご覧ください。

ロボットのロール

Robot がアクションを生成したり、ストレージ バケットのデータをアップロード、ダウンロード、削除したりするには、その Robot が適切な権限を持っている必要があります。ロボットのロールに、以下の権限が与えられていることを確認してください。

アクションを作成するには:

  • アクションの閲覧編集作成

ドキュメント データをアップロードするには:

  • ストレージ ファイルの閲覧編集作成
  • ストレージ バケットの閲覧

ダウンロード後にドキュメント データを削除するには:

  • ストレージ ファイルの閲覧編集削除
  • ストレージ バケットの閲覧

カスタム ロール

アクションを処理するときは、次のロールを定義することをお勧めします。

ドキュメント検証管理者

検証管理者は、生成されたすべてのドキュメント分類アクションを確認し、それらを [管理者] ページでユーザーに割り当てて処理します。自分でアクションを検証することもできます。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの閲覧編集
  • ストレージ ファイルの閲覧編集作成削除
  • ストレージ バケットの閲覧
  • アクションの割り当ての閲覧編集作成
  • アクション カタログの表示編集作成

ドキュメント検証ユーザー

検証ユーザーは、自分に割り当てられたすべてのフォーム アクションとドキュメント検証アクションを表示し、[マイ アクション] ページで検証できます。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの閲覧編集
  • ストレージ ファイルの閲覧編集
  • ストレージ バケットの閲覧
  • アクションの割り当ての閲覧編集

ドキュメント分類管理者

分類管理者は、生成されたすべてのドキュメント分類アクションを確認し、それらを [管理者] ページでユーザーに割り当てて処理します。自分でアクションを検証することもできます。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの閲覧編集
  • ストレージ ファイルの閲覧編集作成削除
  • ストレージ バケットの閲覧
  • アクションの割り当ての閲覧編集作成
  • アクション カタログの表示編集作成

ドキュメント分類ユーザー

分類ユーザーは、自分に割り当てられたすべてのフォーム アクションとドキュメント分類アクションを表示し、[マイ アクション] ページで検証できます。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの閲覧編集
  • ストレージ ファイルの閲覧編集
  • ストレージ バケットの閲覧
  • アクションの割り当ての閲覧編集

フォーム アクション管理者

アクション管理者は、生成されたすべてのフォーム アクションを確認し、それらを [管理者] ページでユーザーに割り当てて処理します。自分でアクションを検証することもできます。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの割り当ての閲覧作成
  • アクション カタログの表示編集作成
  • アクションの閲覧編集作成

フォーム アクション ユーザー

アクション ユーザーは、自分に割り当てられたすべてのフォームとフォーム アクションを表示し、[マイ アクション] ページで検証できます。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの閲覧編集作成

テクニカル ユーザー

外部アクションの完了を処理するサービス ユーザーです。次の権限を付与する必要があります。

  • アクションの編集

アクションのステータス

次のタスクステータスを使用できます。

  • 未割り当て - アクションが Orchestrator で生成されており、どのユーザーにも割り当てられていません。
  • 保留中 - アクションが割り当てられ、ユーザーの検証を待っています。
  • 完了 - アクションは検証済みです。完了すると、検証を取り消すことはできません。

7 か月前に更新


アクションについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。