通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

既定のロール

このページでは、Orchestrator の既定の各ロールに含まれている権限を示します。
[ロール] ページで行の右端にある [その他のアクション] アイコンをクリックして、各ロールの権限を表示および編集できます。

Administrator ロール


📘

注:

これは混合ロールで、テナントとフォルダー両方の権限が含まれます。
混合ロールの場合、グローバル操作では、ユーザーのテナントの権限のみが考慮されます。フォルダー固有の操作では、カスタム ロールが定義されている場合、フォルダーの権限は、存在するすべてのテナントの権限を優先して適用されます。

管理者ロールには以下の権限が含まれており、変更することはできません。

管理者アカウント

Orchestrator を新しくインストールした場合、アカウントは事前定義された admin しかありません。
ユーザー名は変更できず、このアカウントを削除することもできません。

管理者ユーザー アカウントには、既定で Administrator ロールが割り当てられますが、必要に応じて追加のロールを割り当てることができます。

Robot ロール


📘

注:

これは混合ロールで、テナントとフォルダー両方の権限が含まれます。
混合ロールの場合、グローバル操作では、ユーザーのテナントの権限のみが考慮されます。フォルダー固有の操作では、カスタム ロールが定義されている場合、フォルダーの権限は、存在するすべてのテナントの権限を優先して適用されます。


As robot accounts can write logs without the explicit assignment of the Create permission on Logs, Orchestrator skips the check on this permission.

既定では、このロールには以下の権限が割り当てられますが、これらの権限は編集できます。

個人用ワークスペースの Administrator ロール


これはフォルダー ロールで、既定では以下の権限が含まれており、編集することはできません。

492492

モダン フォルダーの標準ロール


テナント レベルとフォルダー レベルで権限を管理するために、以下のロールが事前に設定されています。以下のロールは、モダン フォルダーを使用する場合に必要です。
これらのロールを利用できるのは、[テナント] > [設定] > [全般] でテナントに対して作成した場合のみです。

📘

2020 年 6 月に、一部のロールの名前が変更されました。詳細は、リリース ノートをご覧ください。

Tenant Administrator

これはテナント ロールで、既定では以下の権限が含まれており、編集可能です。

822822

Allow to be Folder Administrator

これはテナント ロールで、既定では以下の権限が含まれており、編集可能です。

867867

Folder Administrator

これはフォルダー ロールで、既定では以下の権限が含まれており、編集可能です。

868868

Allow to be Automation User

これはテナント ロールで、既定では以下の権限が含まれており、編集可能です。

863863

Automation User

これはフォルダー ロールで、既定では以下の権限が含まれており、編集可能です。

718718

12 日前に更新


既定のロール


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。