通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

Robot を Orchestrator に接続する

ロボットは、Orchestrator で通常は管理者により設定されたロボットの認証設定に基づき、さまざまな方法で Orchestrator に接続できます。ロボットの認証設定を把握していない場合は、正しい方法でロボットを接続できるように、Orchestrator 管理者に詳細の提供を依頼してください。

More on robot authentication.
Instructions on how to change robot authentication settings.

 

Attended ロボットを Orchestrator に接続する


対話型サインイン

自身の資格情報でサインインして、ロボットを Orchestrator に接続します。これにより、ロボットに Orchestrator のリソースへのアクセス権が付与され、ユーザーに Studio や Assistant などの製品を操作する権限が付与されます。

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [サービス URL] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [サービス URL] フィールドに、接続する Orchestrator インスタンスの URL を入力します。
  5. [サインイン] をクリックします。 Orchestrator インスタンスの [ログイン] ページに移動します。
  6. 通常どおりにログインします。
  7. ユーザー情報が確認されると、Assistant に、ユーザーがアクセス権を持つ Orchestrator フォルダー内のプロセスが設定されます。
600600

📘

対話型サインインを使用する際、Orchestrator でマシン オブジェクトを作成する必要はありません。

🚧

重要

対話型サインインは、クラシック フォルダーのコンテキストではサポートされません。

 

マシン キー

マシン キーを使用して Attended ロボットを接続します。マシン キーは Orchestrator でマシン オブジェクトによって生成されます。

📘

  • 社内で Orchestrator の設定を担当する人は、Attended User と開発者に正しい Orchestrator URL とマシン キーを提供する必要があります。マシン オブジェクトを Orchestrator のフォルダーに割り当てる必要はありません。アカウントのみに割り当てます。
  • 複数のアカウントが同一マシン上で作業している場合、それぞれに Orchestrator で作成されたロボットが必要です。

 

マシン キーを使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

Assistant を使用する

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [マシン キー] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [マシン名] フィールドに、物理マシンまたは仮想マシンの名前が表示されます。
  5. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の URL と AccountLogicalName および ServiceName を入力します (例: https://cloud.uipath.com/uipathtokyo/uipathkyoto/)。
  6. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたキーを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
601601

 

コマンド ラインを使用する場合

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します。例:
cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  1. --connect-url、および -key コマンドライン引数を使用します。
UiRobot.exe --connect -url <orchestratorInstanceURL> -key <machineKey>

これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。高密度ロボット グループの場合は、各ユーザーに対応するロボットが Orchestrator に接続されます。

 

Unattended ロボットを Orchestrator に接続する


無人オートメーションでは、ホスト マシンは Unattended モードで接続され、ライセンスされるため、プロセス実行の規定の方法は Orchestrator になります。マシンを有人モードで (Assistant を開いて) 使用する場合、対話型サインインが強制されているとサインインが必要です。そうしないと、Assistant でプロセスが表示されず、ロボットは「接続済み、ライセンスなし」として表示されます。

クライアント資格情報

クライアント資格情報を使用して Unattended ロボットを Orchestrator に接続します。Orchestrator 内のマシン テンプレート オブジェクトによって、クライアント ID とクライアント シークレットのペアが生成されます。

クライアント資格情報を使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

Assistant を使用する

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [クライアント ID] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の URL と AccountLogicalName および ServiceName を入力します (例: https://cloud.uipath.com/uipathtokyo/uipathkyoto/)。
  5. [クライアント ID] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント ID を入力します。
  6. [クライアント シークレット] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント シークレットを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
601601

 

コマンド ラインを使用する場合

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します。例:
cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  1. --connect--url--clientID、および --clientSecret コマンドライン引数を使用してロボットを接続し、Orchestrator URL、クライアント ID、およびクライアント シークレットを渡します。例:
UiRobot.exe --connect --url <OrchestratorURL> --clientID <clientID> --clientSecret <clientSecret>

📘

PowerShell を使用する場合は、"" を使用してクライアント シークレット内の $ 文字をエスケープする必要があります。たとえば、Bepx8O3XqSHrt$ZU などのクライアント シークレットを "Bepx8O3XqSHrt""$""ZU" として渡す必要があります。

マシン キー

マシン キーを使用して Unattended ロボットを Orchestrator に接続します。マシン キーは Orchestrator でマシン オブジェクトによって生成されます。

📘

  • マシン オブジェクトを Orchestrator のフォルダーに割り当てる必要があります。

  • 「高密度ロボット」機能は、ユーザーごとにロボットを登録する際に、同じマシン名とマシン キーが使用されている場合にのみ有効です。

マシン キーを使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

Assistant を使用する

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [マシン キー] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [マシン名] フィールドに、物理マシンまたは仮想マシンの名前が表示されます。
  5. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の URL と AccountLogicalName および ServiceName を入力します (例: https://cloud.uipath.com/uipathtokyo/uipathkyoto/)。
  6. [マシン キー] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたキーを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。
601601

 

コマンド ラインを使用する場合

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します (既定では C:\Program Files\UiPath\Studio)。例: cd C:\Program Files\UiPath\Studio
  3. コマンド ライン引数 --connect-url、および -key を Orchestrator URL およびマシン キーと組み合わせて使用します。例: UiRobot.exe --connect -url https://demo.uipath.com/ -key ba1e4809-2f64-4965-bae2-efda62d20164 これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。高密度ロボット グループの場合は、各ユーザーに対応するロボットが Orchestrator に接続されます。

3 か月前に更新


Robot を Orchestrator に接続する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。