通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

テスト セット

概要


ここでは、テスト セットの管理方法について説明します。テスト セットは、複数の独立したテスト ケースをグループ化したものであり、任意の数のプロジェクトのすべてで特定の目的 (例: フル リグレッション、スモーク テストなど) を達成できるようにします。

テスト セットを作成する


テスト セットを作成してテスト実行に備えます。

  1. Orchestrator にログインします。
  2. フォルダーを開きます。
  3. [テスト] > [テスト セット] に移動します。
  4. [テスト セットを追加] をクリックします。
  5. 次のように設定します。
    • [名前]: テスト セットの名前を入力します。
    • 説明: 必要に応じて説明を入力します。
    • ユーザー: その特定のフォルダーに割り当てられたユーザーをドロップダウン リストから選択します。既定では [すべてのユーザー] に設定されています。

📘

クラシック フォルダーの場合、[ロボット グループ][ロボット] を選択して、実行ターゲットを設定する必要があります。

  1. Select your Studio projects.
  2. (任意) プロジェクトのバージョンを編集したり、[プレリリースを含める] に切り替えたりできます。
  3. テスト ケースのカスタム引数を定義して、テスト セット レベルで既定値を上書きします。この引数を使用して、実行時にテスト ケースをパラメーター化できます。

📘

引数を定義するには、引数を含むパッケージをパブリッシュしておく必要があります。

  1. [次へ] をクリックします。
  2. テスト ケースを個別に選択するにはチェックボックスを使用します。または、列ヘッダーの [すべて選択] を選択することも可能です。
  3. [保存] をクリックします。テスト セットが作成され、[テスト セット] ページで使用できるようになります。

👍

追加のアクション

テスト スケジュールを追加する

テスト セットを実行する


テスト セットは個別に実行できます。

  1. Orchestrator にログインします。
  2. フォルダーを開きます。
  3. [テスト] > [テスト セット] に移動します。
  4. テスト セットを選択して [実行] をクリックします。
  5. [OK] をクリックして操作を確定します。テスト セットがキューに配置されます。詳細については、「テスト実行」を参照してください。

テスト セットを管理する


以下に、テスト セットを管理するために実行できるアクションのリストを示します。

アクション

説明

手順

編集

テスト セットの詳細、実行ターゲット、プロジェクト、テスト ケースを変更します。

  1. Orchestrator で目的のフォルダーを開きます。
    2. [テスト] > [テスト セット] に移動します。
  2. テスト セットを選択し、[その他のアクション] > [編集] に移動します。
  3. テスト セットの詳細を設定し、[保存] をクリックします。

複製

現在のテスト セットの複製を作成します。

  1. Orchestrator で目的のフォルダーを開きます。
    2. [テスト] > [テスト セット] に移動します。
  2. テスト セットを選択し、[その他のアクション] > [複製] に移動します。
  3. 複製したテスト セットの詳細を設定し、[保存] をクリックします。

削除

テスト セットを削除します。テスト セットを削除すると、それに関連するテスト スケジュールもすべて削除されます。

  1. Orchestrator で目的のフォルダーを開きます。
    2. [テスト] > [テスト セット] に移動します。
  2. テスト セットを選択し、[その他のアクション] > [削除] に移動します。
  3. [OK] をクリックして確定します。

2 か月前に更新


テスト セット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。