通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

マシンの管理

標準マシンの追加


  1. [マシン] ページの [新しいマシンを追加] をクリックします。
  2. [標準マシンを追加] をクリックします。[標準マシンを追加] ウィンドウが表示されます。

マシン

  1. ロボットがインストールされているワークステーションの正確な名前を入力します。
    マシン名を見つける方法について詳しくは、こちらをご覧ください。
  2. [説明] フィールドにマシンの説明を入力します。
  3. 目的のランタイムをマシンに割り当てます。[マシン] ページまたは [ライセンス] ページでマシンを編集すれば、ランタイム番号を後から変更することができます。
    ランタイムの詳細については、こちらをご覧ください。

アカウントとマシンのマッピング

  1. アカウントとマシンのマッピングを設定します。
  2. [プロビジョニング] をクリックします。マシンが [マシン] ページに表示されます。これで、マシンにロボットを追加できるようになります (手順についてはこちらをご覧ください)。

マシン テンプレートの追加


  1. [マシン] ページの [新しいマシンを追加] をクリックします。
  2. [マシン テンプレートを追加] をクリックします。[マシン テンプレートを追加] ウィンドウが表示されます。

マシン

  1. [テンプレート名] フィールドに名前を入力します。名前にかかわらず、テンプレートのキーを使用してロボットを任意のワークステーションに接続できるため、テンプレートの名前は後で変更できます。
  2. [説明] フィールドにマシンの説明を入力します。
  3. 目的のランタイムをマシンに割り当てます。[マシン] ページまたは [ライセンス] ページでマシンを編集すれば、ランタイム番号を後から変更することができます。
    ランタイムの詳細については、こちらをご覧ください。
  4. マシンで実行できるプロセスの種類とプロセスの対応 OS を指定します。この設定外での実行を試みると、無効と見なされます。Orchestrator では、無効な設定でジョブを開始することはできません。無効な設定でジョブを開始しようとすると、設定の修正方法を詳しく示したエラー メッセージが表示されます。

プロセスの種類

このマシン テンプレートを使用するマシン インフラストラクチャ上で実行できるプロセスの種類を以下から選択します。
バックグラウンド プロセスのみ (1)
フォアグラウンド プロセスのみ (2)
バックグラウンド プロセスとフォアグラウンド プロセスの両方 (3)

プロセスの対応 OS

このマシン テンプレートを使用するマシン インフラストラクチャ上で実行できるプロセスの対応 OS を以下から選択します。
Windows 対応プロセスのみ (4)
クロスプラットフォーム プロセスのみ (5)
Windows 対応プロセスとクロスプラットフォーム プロセスの両方 (6)

アカウントとマシンのマッピング

  1. アカウントとマシンのマッピングを設定します。
  2. [プロビジョニング] をクリックします。マシンが [マシン] ページに表示されます。これで、マシンにロボットを追加できるようになります (手順についてはこちらをご覧ください)。

標準マシンのマシン キーの表示


[その他のアクション] > [マシンを編集] をクリックします。[マシン [machine_name] を編集] ウィンドウが表示されます。目的のマシンの [マシン キー] フィールド、[名前] フィールド、[説明] フィールドを確認できます。

📘

注:

[マシンを編集] ウィンドウでは、その説明を編集することもできます。対応するフィールドに新しい説明を入力して、[更新] をクリックします。[編集] 権限をロボットに対しては持っていても、マシンに対しては持っていない場合、[編集] ボタンが [表示] ボタンに置き換わります。

マシン テンプレートのマシン キーの表示


[その他のアクション] > [編集] をクリックします。[マシン [machine_name] を編集] ウィンドウが表示されます。目的のテンプレートの [マシン キー][テンプレート名][説明] の各フィールドを確認できます。

📘

注:

[マシン テンプレートを編集] ウィンドウでは、テンプレートの名前を変更するか、その説明を編集することもできます。対応するフィールドに新しい名前または説明を入力して、[更新] をクリックします。[編集] 権限をロボットに対しては持っていても、マシンに対しては持っていない場合、[編集] ボタンが [表示] ボタンに置き換わります。

マシンの削除


[その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [削除] をクリックします。または、[マシン] ページから 1 つまたは複数のマシンを選択して、[削除] をクリックします。

📘

マシンにロボットが接続されていない場合にのみ、マシンを削除できます。

マシンのログの表示


特定のマシンのログを表示するには、該当の [その他のアクション] ボタンをクリックし、[インストール済みのバージョンとログを表示] をクリックします。

マシンのロボットのバージョンの表示


特定のマシンに接続されている各ロボットのバージョンをすべて確認するには、[その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [インストール済みのバージョンとログを表示] をクリックします。

[マシン] ページの [インストールされたバージョン] 列は、シナリオに応じて、作成されたロボットのバージョンに関する累積した情報を表示します。

  1. ロボット接続なし

    • マシンにまだロボットがプロビジョニングされていません
  2. 不明

    • 1 台以上のロボットが作成されていますが、いずれも接続されていません
    • ロボットと Orchestrator 間の接続が確立した後に、1 台以上のロボットが作成されました
  3. インストールされたバージョン

    • 18.2.0 よりも新しいバージョンのロボット 1 台が登録され、接続されています。
    • バージョンが 18.2.0 よりも新しい (同バージョンの) ロボットが多数プロビジョニングされ、それらがすべて接続されています。
      たとえば、18.2.4 のロボットを 1 台プロビジョニング済みで、それが接続されている場合は、18.2.4 と表示されます。バージョン 18.3.0 のロボットが多数 (たとえば 11 台) プロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合は、18.3.0 と表示されます。
  4. < 18.2.0

    • 18.2.0 より前のバージョンのロボット 1 台が登録され、接続されています。
    • バージョンが 18.2.0 よりも前のロボットが多数プロビジョニングされ、それらがすべて接続されています。
      たとえば、18.1 のロボットを 1 台プロビジョニング済みで、それが接続されている場合は、<18.2.0 と表示されます。同様に、バージョン 17.1.0 および 18.2.0 のロボット (たとえば、それぞれ 9 台と 5 台) がプロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合は、<18.2.0 と表示されます。
  5. [異なるバージョン番号]

    • 異なるバージョンのロボット 2 台以上が登録され、すべて接続されています。
      たとえば、合計 14 台のロボット (18.3.0 のロボット 10 台、18.2.4 のロボット 2 台、18.2.0 より前のロボット 2 台) をプロビジョニングしたとします。この場合、3 つのバージョンが表示されます。

この列の値にカーソルを合わせると、ヒントとして詳細が表示されます。

下の表は、さまざまなシナリオに応じて [インストールされたバージョン] 列に表示される値と、各値のヒントとして表示される詳細情報をまとめたものです。

シナリオ

[インストールされたバージョン] 列

ヒントとして表示される詳細情報の例

マシン上でロボットが作成されていません

ロボット接続なし

ロボット接続なし

4 台のロボットを作成しましたが、いずれも接続されていません

不明

不明: 4 台のロボット

18.3.0 のロボットを複数 (11 台) プロビジョニングし、すべて接続しています

18.3.0

18.3.0: 11 robot(s) (ロボット)

17.1.0 と 18.2.0 のロボットを複数 (それぞれ 9 台と 5 台) プロビジョニングし、すべて接続しています

<18.2.0

<18.2.0: 14 robot(s) (ロボット)

合計 14 台のロボット (18.3.0 のロボット 10 台、18.2.4 のロボット 2 台、18.2.0 より前のロボット 2 台) をプロビジョニングしました

3 versions (バージョン)

18.3.0: 10 台のロボット
18.2.4: 2 台のロボット
<18.2.0: 2 台のロボット
合計: 14 台のロボット

マシンに接続されているロボットの表示


特定のマシンに接続されているロボットを確認するには、[その他のアクション] ボタンをクリックし、[ロボットを表示] をクリックします。[ロボット] ページに自動的にリダイレクトされます。このページでは、該当のマシンに接続されているすべてのロボットが表示されます。

マシンを有効化/無効化


Unattended、NonProduction、および Testing ライセンスが適用されるマシンでのみ使用できます。ライセンスが即座に消費されることを防ぐため、それぞれ [Unattended][NonProduction]、および [Testing] ライセンス ページからマシンを無効化します。詳細についてはこちらをご覧ください。

  1. [ライセンス] ページで、目的の種類のライセンス (Unattended、NonProduction、または Testing) について [詳細を確認] をクリックします。該当するページが表示されます。
  2. [アクティブ] 列でトグルをオフにします。マシンを無効化するかどうかを確認するダイアログが表示されます。
  3. [はい] をクリックします。マシンが無効になります。
  4. マシンを有効化するには、トグルをオンにします。

マシン上でロボットが実行中である限り、それらのロボットがあるフォルダーにかかわらず、そのマシンを無効化することはできません。

フォルダーにマシンを割り当てる


Assigning machines to folders has multiple implications. See Assigning Machine Objects to Folders for details.

マシン テンプレートを使用して無人インフラストラクチャを最適化する


Maximize efficiency and cut infrastructure costs by distributing unattended automation workload to existing infrastructure by specializing machines in executing particular processes.
See Optimizing unattended infrastructure using machine templates for details.

3 か月前に更新


マシンの管理


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。