UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

プロセスについて

クラシックフォルダーで作業している場合、プロセスはパッケージとロボットグループの関連性を表します。パッケージがロボットグループにリンクされるたびに、そのロボットグループに属するすべてのロボットマシンでそのパッケージが使用できるようになります。

モダン フォルダーで作業している場合、プロセスは特定のフォルダーにリンクされたパッケージ バージョンを表します。新しいプロセスをデプロイすると、そのフォルダーにアクセスできるすべてのユーザー (および Unattended 環境のマシン) が使用できるようになります。

[プロセス] ページでは、新しいプロセスとしてアップロードされたパッケージをデプロイし、以前に作成したプロセスを管理し、最新のパッケージのバージョンでプロセスを最新に維持し、望ましいプロセスを使用してジョブを直接開始できます。これは、組織内のすべてのユーザーとロボット全体にパッケージを配布し、[プロセス] または [ジョブ] ページからのプロセスの実行を高速化するのに役立ちます。

[プロセス] ページおよび [ジョブ] ページからプロセスを実行するだけでなく、ロボット エージェントの起動時に自動的に開始するようにプロセスを構成することもできます。これにより、管理者は、たとえば会社の IT ポリシーを確実に順守するために、必要なプロセスがマシン ユーザーの遅延や失敗なしに起動されることを確認できます。

📘

注:

既定では、プロセスと関連付けのあるジョブが実行中または保留中である場合でも、プロセスを編集できます。次のことを考慮してください。

変更したプロセスと関連付けのある実行中のジョブでは、元のバージョンのプロセスが使用されます。更新後のバージョンは、新規作成されたジョブ、または同じジョブが次にトリガーされたときに使用されます。

変更したプロセスと関連付けのある保留中のジョブでは、更新されたバージョンが使用されます。

ユーザーがプロセスを作成するには、パッケージの閲覧権限と、プロセスの閲覧権限および作成権限がそのユーザーに割り当てられている必要があります。[プロセス] ページからジョブを即座に開始するには、ジョブの作成権限も必要です。クラシック フォルダーでプロセスをデプロイする場合、ロボット グループの閲覧権限も必要です。詳細については、「ロールについて」をご覧ください。

プロセスの Main.xaml に [入力 (In)]、[出力 (Out)]、[入力/出力 (In/Out)] の引数がある場合、[プロセスを表示] ウィンドウの [パラメーター (Parameters)] タブに表示されます。Orchestrator では、これらは入出力パラメーターになります。

上記のウィンドウでは、入力パラメーターと出力パラメーターの両方、それらの名前と種類、それらの値がパッケージから継承されたものかどうか、既定値を持つかどうかを確認できます。最後に付け加えると、いずれの入力パラメーターも値を指定できます。Orchestrator の入出力パラメーターの詳細については、このページを参照してください。

📘

注:

Studio で [入力 (In)] 引数に設定されている既定値は、レベルを問わず、Orchestrator では表示されません。

Studio パッケージで使用されているアクティビティは、Orchestrator からのアクセスが必要な NuGet フィードに保存されています。その結果として、ロボットグループにパッケージをデプロイする際に、アクティビティも同様にロボットグループに含まれているロボット端末に送信されます。これにより、Orchestrator への接続が切断されている際も、これらのロボットを用いてプロセスを実行することができます。

プロセスの種類

プロセスにはユーザー インターフェイスの要件に応じて 2 つの種類があります。

  • requires_user_interfacerequires_user_interface バックグラウンド プロセス - 実行時にユーザー インターフェイスもユーザーの介入も必要としないプロセスです。そのため、こうしたジョブは、Unattended モードで同じユーザーに対して複数を同時に実行できます。各実行には、Unattended/NonProduction のライセンスが必要です。バックグラウンド プロセスを Unattended モードで開始すると、セッション 0 で実行されます。
  • requires_user_interfacerequires_user_interface ユーザー インターフェイスが必要 - 実行に UI の生成が必要なプロセス、またはクリックなどの対話型アクティビティを含むプロセスです。こうしたプロセスは、1 人のユーザーに対して一度に1つしか実行できません。

バックグラウンド プロセスについて詳しくは、こちらをクリックしてください。
プロセスの種類は、Studio の [プロジェクト設定] ウィンドウで設定され、プロジェクトのパブリッシュ後に Orchestrator に適宜表示されます。
同じユーザーが、複数のバックグラウンド プロセスと、UI を必要とするプロセスを 1 つ、同時に実行できます。

バージョン管理

新しいパッケージ バージョンを Orchestrator で使用可能な (新しいバージョンを Studio からパブリッシュした) 場合、含まれているプロセスの横に次のアイコン update_processupdate_process で示されます。詳しくは「パッケージのバージョンの削除」ページをご覧ください。

複数のプロセスは、個別または一括で最新バージョンに更新できます。個別に更新する場合は、対応する [View Processes] ウィンドウで行います。一括更新する場合は、複数選択を行い、グローバルな [Use Latest] ボタンをクリックします。詳細については、「パッケージバージョンの管理」ページを参照してください。

プロセスに関連付けられたパッケージバージョンが構成済みの NuGet リポジトリで使用できなくなった場合は、アイコン cannot_find_processcannot_find_process で示されます。

特定のプロセスで最新の有効なバージョンのパッケージを使用している場合、アイコン using_last_package_versionusing_last_package_version がプロセスの横に表示されます。

📘

重要!

クラシックフォルダーでは、同じ端末上に複数のロボットが存在する場合、同じロボットグループでのグループ化が推奨されます。それを行わない場合、異なるバージョンで同じプロセスをデプロイする際にエラーが発生する可能性があります。

2 か月前に更新



プロセスについて


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。