UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

パッケージについて

パッケージ (Packages) ページには、UiPath Studio からパブリッシュされたすべてのプロジェクトが表示されます。また、手動でアップロードしたパッケージも表示されます。パッケージはグローバルリソースを表します。つまり、いずれかのタイプのすべてのフォルダーで使用できます。

パッケージページでは、パッケージの使用できるすべてのバージョンを、ステータス、引数、リリースノート (使用できる場合) とともに表示できます。また、1 つ以上のパッケージをアップロードし、特定のパッケージのバージョンをダウンロードし、それを削除するか、Studio の Workflow Designer と同様に、その内容を探索することができます。

🚧

重要

クラシックフォルダーでパッケージをロボットグループに関連付けるか、パッケージをモダンフォルダーに関連付けると、プロセスになります。このペアリングが形成されると、前述のロボットグループまたはモダンフォルダーに関連付けられているすべての接続されたロボットにハートビートが送信され、すべてのパッケージが使用できるようになります。プロセスの詳細については、こちらを参照してください。

パッケージ バージョン

パッケージのバージョン管理は、パッケージを Orchestrator または他の独自の場所にパブリッシュする際に Studio で構成します。使用可能なバージョン管理スキーマの詳細については、こちらで Studio の説明をご覧ください。

パッケージバージョンのリリースノート、および入力または出力パラメーターは、Orchestrator でアクセスできるように Studio で構成する必要があります。最初に説明した機能を使用すると、開発者はパッケージバージョン間の変更を追跡できますが、後者では他社製ツールをより適切に連携できます。

パッケージバージョンには、次のようなステータスがあります。

  • アクティブ (Active) - 現在プロセスまたはモダンフォルダーにデプロイされています。
  • 非アクティブ (Inactive) - 現在プロセスまたはモダンフォルダーにデプロイされていません (これらは削除のみが可能です)。

パッケージの移行

任意のバージョンのパッケージを、そのパッケージがアクティブであるかどうかにかかわらずダウンロードして、Orchestrator の 1 つのインスタンスから別のインスタンスに (たとえば、テスト環境から運用環境に) 簡単に移行することができます。パッケージをダウンロードできるのは、内部フィードを使用していて、そのパッケージの閲覧権限を持っている場合に限られることに注意してください。
ここから [アップロード] ボタンをクリックすることで、1 つまたは複数のパッケージを別の Orchestrator にアップロードできます。このように .nupkg アーカイブを手動でアップロードする場合、アップグレード可能な既存のプロセスがないかを確認し、その処理をただちに実行することも可能です。詳しくは、こちらで説明しています。

パッケージ エクスプローラー

Studio のデザイナーパネルと同様にパッケージを確認オプションを使用すると、パッケージバージョンの一部である任意の .xaml ファイルをグラフィカルに表現したものを表示し、探索することができます。メインとして設定されたファイルにはそれに応じたラベルが付けられ、すべての依存関係がパッケージのバージョンごとに記載されています。Package Explorer を使用して表示できるのは内部フィードのパッケージのみです。

Studio と同じように、特定のパッケージ用に作成されたすべての変数、引数、およびインポートを表示することができます。アクティビティのプロパティは、選択されている場合は値とともに表示されます。これらのすべてを表示する方法については、「パッケージの管理」を参照してください。
フローチャートは、標準のワークフロー ダイアグラムと同様に表示されることに注意してください。

[パッケージを確認] オプションを使用すると、あるパッケージの 2 つのバージョン間の差異を比較することもできます。追加、変更、削除されたワークフロー ファイルが示され、フォルダーや依存関係一覧の変更箇所はハイライトされます。バージョン間のワークフロー .xaml ファイルの差異を表示できます。古いバージョンのファイルが左側に表示され、削除されたコンテンツは赤色に、変更されたコンテンツは黄色に、追加されたコンテンツは緑色に、それぞれハイライトされます。パッケージのバージョンとワークフローを比較する方法については、こちらをクリックしてください。

フィードの考慮事項

Orchestrator にパブリッシュされたパッケージは、NuGet プロトコル (NuGet、MyGet) を使用する既定のウェブアプリに送信されます。 Orchestrator マシン上で、web.config ファイルの NuGet.Packages.Path パラメーターからフォルダーパスを確認することができます。ロボット端末では、UiPath.settings ファイルの NuGetServerUrl パラメーターからこのフォルダーパスを確認することができます。ロボットが Orchestrator に接続していない場合は、パッケージの規定の場所は %ProgramData%\UiPath\Packages となります。

Orchestrator は、この NuGet アプリを使用してパッケージバージョンを維持します。パッケージをロボットグループにデプロイすると、指定したロボットグループ (%USERPROFILE%\.nuget\Packages フォルダー内) の各ロボットにパッケージが配布されます。

詳細については、「アクティビティ フィードについて」、「ロボット上の自動化プロジェクトについて」、「テナント設定を構成する」をご覧ください。

パッケージ権限

[パッケージ (Packages)] ページでさまざまな操作を行うには、パッケージ上で該当する権限を持っていなければなりません。

  • 表示 (View) - すべてのパッケージ関連の詳細を表示し、アップグレード可能なプロセスを表示し、パッケージを探索およびダウンロードします (これら 2 つは内部フィードも必要です)。
  • 編集 (Edit) - 現時点では追加の権利を付与しません。
  • 作成 - パッケージを Studio から手動でアップロードまたはパブリッシュします。
  • 削除 (Remove) - 非アクティブなパッケージを削除します。
    詳細については「ロールについて」をご覧ください。

約 3 時間前に更新



パッケージについて


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。