UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ライブラリについて

プロセス ライブラリは、明確に定義されたビジネス機能でアクティビティのシステムを記述します。これにより、アクティビティを共有および再利用できるようになります。このアプローチの詳細については、Studio ガイドの「ライブラリについて」のページを参照してください。
Orchestrator における、この機能は、すべてのライブラリが集中的に保存される場所、つまり [ライブラリ] ページが存在することを暗に示しています。このページには、[パッケージ] ページのライブラリのタブを選択することでアクセスできます。ライブラリは、ここからチームやテナントに共有され、アクセス権限のあるすべてのユーザーが使用できます。

具体的には、[ライブラリ (Libraries)] ページでは、UiPath Studio からパブリッシュされたすべてのライブラリのバージョン、および手動でアップロードされたパッケージのバージョンの表示と削除を行えます。ここでは、各パッケージのバージョンと各バージョンのリリースノート (ある場合) を確認することもできます (バージョン間の変更を追跡するために、Studio に追加されることになっています)。

ライブラリフィード

必要な分離のレベルに従って、2 つのライブラリフィードのいずれかを選択できます。

  • ホストフィード - [ライブラリ] ページは、Orchestrator インスタンス全体と同じであり、ライブラリはテナントレベルでは分離されていないため、それぞれのテナントは他のテナントのアクティビティにアクセスできます。フィードは既定で有効になっており、次のようにストレージ設定によって異なります。
    NuGet.Repository.TypeLegacy に設定されている場合、アクティビティは NuGet.Activities.Path パラメーターで指定された場所に保存されます。
    NuGet.Repository.TypeComposite に設定されている場合、アクティビティは Storage.Type および Storage.Location パラメーターで指定された場所に保存されます。
    これらのパラメーターの詳細については、こちらを参照してください。
  • テナントフィード (Tenant feed) - ライブラリはテナントレベルで分離され、データはテナント間で隔離されます。

📘

テナントフィードを明示的に選択しなかった場合、テナントは、既定でホストフィードを使用します。

テナントレベル

テナント レベルでは、Studio からパブリッシュしたライブラリ、またはユーザーが手動でアップロードしたライブラリが、選択したフィード に格納されます。このフィードは、テナント フィードでもホスト フィードでもかまいません。テナント レベルでフィードを選択して構成する方法については、こちらをご覧ください。

📘

これについては、ライブラリに関する表示 (View) および編集 (Edit) 権限が必要になります。

ホストレベル

ホストレベルで、ライブラリはホストフィード内に格納され、そのホストフィードを使用するすべてのテナントが使用できます。テナントにホストフィードへのライブラリのアップロードを許可するかどうかを設定できます。それには、[設定 (Settings)] ページの対応するチェックボックスを使用します。ホストレベルでフィードを選択して設定する方法については、こちらを参照してください。

📘

ホスト フィードは、Cloud Platform の Orchestrator テナントでは無効化されています。複数のテナントにわたってライブラリを共有するには、MyGet などのカスタム フィードを使用します。アクティビティ フィードの詳細については、こちらをご覧ください。

ライブラリの権限

[ライブラリ (Libraries)] ページでさまざまな操作を実行できるようにするためには、ライブラリに関して対応する権限を持つ必要があります。

  • 表示 (View) - ライブラリをダウンロードし、それに関連する詳細情報を表示します。
  • 作成 (Create) - ライブラリをアップロードします。

詳細については、「ロールについて」をご覧ください。

2 か月前に更新



ライブラリについて


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。