通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

2022 年 4 月

2022 年 4 月 18 日

複数のアカウントが登録されたコネクションのサポート

📘

この機能は個人用ワークスペースでのみ利用可能です。

オートメーション プロジェクトのコネクションに複数のアカウントが登録されている場合に対応した新機能を追加しました。個人用ワークスペースの所有者は複数のアカウントを確認し、ジョブを開始する際に使用するアカウントを指定できます。アカウントの変更は、プロセスの作成時、または既存のプロセスの編集時に、[パッケージ要件] タブで行うことができます。複数のアカウントが登録されたコネクションにはドロップダウン リストが表示されます。このリストには利用可能なアカウントがすべて表示されるので、それらを確認し、必要に応じてアクティブなアカウントを変更できます。
To manage your connections or add new ones, you can jump to Integration Service by clicking the button.

14231423

Learn about connections in the Integration Service guide.

Cookie からトークンベースの認証へ

認証の方法を Cookie ベースからトークンベースに移行しました。この変更に伴い、ユーザー ログインの試行は Orchestrator に保存されなくなります。このため、エンドポイント /odata/UserLoginAttempts({key}) およびそれに対応する Orchestrator の [マイ プロファイル] ページの [ログイン試行] セクションは非推奨となり、今回の変更より前に行われたログイン試行 (Cookie を使用したログイン) のみが返されます。今後は、アクセス トークンを使用して行われたログイン試行のデータには、Automation Cloud の監査ログからのみアクセスできます。このデータが必要な場合は管理者にお問い合わせください。

トークンベースの認証では、ユーザーの最終ログイン時刻を Orchestrator が算出する方法が変わります。今後は、Orchestrator をアクティブに使用しているユーザーに対して、最終ログイン時刻が 1 時間に 1 度算出されます。
たとえば、ユーザーが 14:10 から 15:00 の間に Orchestrator を使用しているとします。14:10 に認証が行われた場合、1 時間後の次回の確認までの間は、最終ログイン時刻として 14:10 が表示されます。Orchestrator を 16:00 まで使用している場合は、ユーザーの最終ログイン時刻として 15:10 が表示されます。

ユーザーの最終ログイン時刻の算出方法の変化は、Orchestrator の以下の UI で確認できます。

  • [ロールを割り当て] ページ ([テナント] > [アクセス権を管理])
  • [個人用ワークスペース] ページ ([テナント] > [フォルダー] > [個人用ワークスペース])

📘

一般的なリリースのスケジュールと異なり、この機能が Enterprise プランのユーザーに公開されるのは Community プランの公開日の 1 週間後ではなく、5 月 2 日の週となります。

Swagger での API 呼び出しの認可

Swagger UI で、OAuth2 を使用して API 呼び出しを認可できるようになりました。
See how to obtain an access token, send requests or revoke access.

その他の改良点

エラスティック ロボット オーケストレーション

  • エラスティック ロボット プールをフォルダーに追加すると、そのすべてのサブフォルダーにもプールが追加されるようになりました。このため、サブフォルダーからでもエラスティック ロボット オーケストレーションを使用してジョブを実行できます。
  • フォルダーごとにプールを 1 つしか設定できない制限を解除しました。

CyberArk CCP

  • Orchestrator がサーバー ルート CA 証明書として .cer 形式の証明書をサポートするようになりました。
  • 証明書の構成エラーのメッセージに、問題の原因に関する詳しい情報が表示されるようにしました。

 

2022 年 4 月 5 日


Cloud ロボット - サーバーレス (プレビュー)

This feature is only available to Community users.

オートメーションが実行されるインフラストラクチャのことをユーザーが気に掛けなくて済む、新しい機能を追加しました。
今回のリリースでは、UiPath Automation CloudTM ロボット - サーバーレス (Cloud ロボット - サーバーレス) を公開しました。

サーバーが不要な Cloud ロボットを使用することで、必要なインフラストラクチャのことを気に掛ける必要なくバックグラウンド オートメーションを簡単に実行できます。基となるインフラストラクチャのプロビジョニング、管理、保守、スケーリングは、すべて UiPath 側で完全に管理されます。このため、コンテナーや仮想マシン、物理サーバーをユーザー側で用意・管理する必要がありません。

See details about Automation Cloud robots - Serverless and instructions on how to set them up.

 

2022 年 4 月 4 日


ロールの変更に伴う API の変更

API: ロールを割り当てるための新しいエンドポイント

既存のアカウントにロールを割り当てる、または割り当てられたロールを上書きすることのできる、新しいエンドポイントを Orchestrator API に追加しました。
POST /odata/Users({key})/UiPath.Server.Configuration.OData.AssignRoles

新しいエンドポイントではロール名ではなくロール ID に基づいてロールが割り当てられるため、既存のユーザー エンドポイントと比較すると信頼性が向上しています。

新しいエンドポイントは、Orchestrator API の Swagger (<OrchestratorURL>/swagger) で確認できます。

14211421

API Guide: Assigning roles

 

API: 重大な変更

With the other recent improvements to roles (details here and here), which resulted in the renaming of some roles, any API calls that refence a renamed role need to be updated to use the new role name.

この変更により、次の API 呼び出しに影響があります。

  • 既定ロールをカスタマイズしたロール (新しい名前: Role name - カスタム) に関連する API 呼び出し
    These calls continue to work without making any changes, but the result is not as expected. Namely, the call now assigns the default role instead of the customized version of the role.
  • 以前の Tenant Administrator ロール (新しい名前: Orchestrator Administrator) に関連する API 呼び出し
    指定した名前のロールを見つけることはできないため、この呼び出しを使用するとエラーが発生します。

Affected endpoints
ロール名に基づいてロールを割り当てることができる API 要求は、以下のとおりです。

  • POST /odata/Users
  • PUT /odata/Users({key})
  • PATCH /odata/Users({key})
  • POST /odata/Users({key})/UiPath.Server.Configuration.OData.ToggleRole

修復方法

To address this issue, you can use the new endpoint to assign roles based on the role ID instead of the role name.

この変更の影響を受ける API 連携を更新し、期待どおりに動作させる方法には、以下の 2 種類があります。

A. Add a second API call (recommended)
既存の API 要求をそのまま残すことができます。ロールを割り当てる各呼び出しの後ろに新しいエンドポイントに対する呼び出しを追加することで、一度割り当てられたロールを正しいロールで上書きします。

たとえば、/odata/Users に POST 要求を送信してテナントの管理者アカウントを作成するとします。この場合、アカウント作成処理の一環として、この要求では Tenant Administrator ロールを割り当てようとします。しかし、このロールは Orchestrator Administrator ロールに名前が変更されています。そこで、この要求の後に /odata/Users({key})/UiPath.Server.Configuration.OData.AssignRoles に送信する新しい POST 要求を追加します。このエンドポイントによって Orchestrator Administrator ロールのロール ID が渡されるため、ロールが正しく割り当てられます。

この修復方法では、お使いの API 連携内で今回の変更の影響を受ける要求を特定し、特定された要求ごとに以下の手順に従います。

  1. ユーザー ID と、影響を受ける API 要求によって割り当てられるロール名をメモします。
  2. /odata/Roles に GET 要求を送信し、現在のロールのリストを取得します。
  3. 先ほどメモしたロール名の ID をメモします。
  4. (任意ですが推奨) API 連携内で、影響を受ける要求からロール名プロパティを削除します。
    この変更によって、この要求ではロールが割り当てられなくなります。今後は次の手順で追加する要求によってロールの割り当て処理が行われます。
    割り当て済みのロールは次の手順の要求によって上書きされるため、この要求からロール プロパティを削除しないことも可能です。
  5. 影響を受ける要求の直後に、/odata/Users({key})/UiPath.Server.Configuration.OData.AssignRoles への POST 要求を追加します。要求の本文にはロール ID を含めます。
    {key} の値は、影響を受ける要求のユーザー ID である必要があります。

これによって、先ほど特定した影響を受ける要求によって割り当てられるロールは、正しいロールで即座に上書きされます。

B. Update role names
より簡単ですが効率的ではない修復方法は、影響を受ける要求を新しいロール名で更新することです。
While this method is easier, we recommend that you consider using the previous method instead because it hardens your integration against any subsequent changes to role names.

この修復方法では、お使いの API 連携内で今回の変更の影響を受ける要求を特定し、特定された要求ごとに以下の手順に従います。

  1. /odata/Roles に GET 要求を送信し、現在のロールのリストを取得します。
  2. 影響を受ける要求によって割り当てられるロールの、現在の名前をメモします。
  3. API 連携内で、影響を受ける要求のロール名プロパティの値を、新しいロール名で更新します。

 

API: 非推奨化のお知らせ

ここ最近のロール名の変更を鑑みて、また、ユーザーに影響を与えずにロールを今後も更新できるようにするため、Orchestrator API のロール名プロパティの使用を非推奨とすることを決定しました。

今後も、最低 6 か月間はこのプロパティのサポートを継続する予定です。
However, we recommend that you begin transitioning to use the new endpoint for assigning roles to avoid breaking changes following deprecation.

 

改良点

ロール名に使用できる文字数の上限を 32 文字から 64 文字に増やしました。

Erratum 02 November 2022: The payload of the jobs.created webhook for Test Case now displays the specific robot ID and the machine used for the job run.

 

バグ修正

モダン フォルダーでジョブを開始または作成する要件として、ロボット表示権限を追加しました。このため、ジョブの [開始] ボタンは、必要な権限がユーザーに割り当てられるまでは非アクティブ状態で表示されます。必要な権限は、ボタンのツールチップに表示されます。以前は、モダン フォルダーでジョブを開始または作成すると、「You are not authorized! (#0)」というエラー メッセージのみが表示されていました。

25 日前に更新


2022 年 4 月


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。