Apps (アプリ)
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年7月19日

カスタムの VB 関数

関数: Serialize

  • 関数: String Serialize(Object value)
  • 説明: 指定したオブジェクトの文字列表現を返します。

  • 例:

    Serialize(Queues.testQueue.arg1)Serialize(Queues.testQueue.arg1)

関数: Deserialize

  • 関数: T Deserialize<T>(string obj)
  • 説明: T 型のオブジェクトを返します。オブジェクトの有効な JSON 文字列表現を入力として取ります。

  • :

    Deserialize(Of AppsFile)(textV)Deserialize(Of AppsFile)(textV)
    ここで textV は、オブジェクトをシリアル化した文字列を含む Text 型の変数です。

関数: App.QueryParam

オブジェクトの場合

  • 関数:

    T? App.QueryParam<T>((string param, T? defaultValue = default(T))

  • 説明:

    • URL でクエリ パラメーターを渡すと、ジェネリック型の T に基づいて逆シリアル化した値を返します。

    • 逆シリアル化が失敗した場合、または URL でクエリ パラメーターを渡さない場合、既定値を返します。

  • :

    App.QueryParam(Of AppsFile)("file", new AppsFile("https://i0.wp.com/
    imagelinkmri.com/wp-content/uploads/2021/08/imagelink-04.png"))App.QueryParam(Of AppsFile)("file", new AppsFile("https://i0.wp.com/
    imagelinkmri.com/wp-content/uploads/2021/08/imagelink-04.png"))

文字列の場合

  • 関数:

    string App.QueryParam(string param, string? defaultValue = "")

  • 説明:

    • URL でクエリ パラメーターを渡すと、その値を文字列として返します。

    • URL でクエリ パラメーターを渡さない場合、既定値を返します。

  • :

    App.QueryParam("stringVariable", "defaultText")App.QueryParam("stringVariable", "defaultText")

関数: Add item to list

  • 関数: List<T> AddItemToList<T>(List<T> list, T value)
  • 説明: T 型のリストを渡すと、項目をリストに追加し、更新したリストを返します。

  • :

    AddItemToList(Of String)(stringList, "AddMe")AddItemToList(Of String)(stringList, "AddMe")

関数: Update list item at index

  • 関数:

    List<T> UpdateListItemAtIndex<T>(List<T> list, int index, T value)

  • 説明: T 型のリストを渡すと、指定したインデックスにある項目を更新し、更新したリストを返します。

  • :

    UpdateListItemAtIndex(Of String)(stringList, MainPage.EditGrid.RowIndex,"UpdateValue")UpdateListItemAtIndex(Of String)(stringList, MainPage.EditGrid.RowIndex,"UpdateValue")

関数: Delete item from list

  • 関数:

    List<T> DeleteItemFromList<T>(List<T> list, int index)

  • 説明: T 型のリストを渡すと、指定したインデックスにある項目を削除し、更新したリストを返します。

  • :

    DeleteItemFromList(Of String)(stringList, MainPage.EditGrid.RowIndex)DeleteItemFromList(Of String)(stringList, MainPage.EditGrid.RowIndex)

関数: Fetch

  • 関数:

    ListSource<T> Fetch<T>(FilterGroup group = null, PaginationProps paginationProps = null, SortOption[] sortOptions = null, string[] selectedFields = null, ExpansionFieldOption[] expansionFieldOptions = null )

  • 説明: 前述のパラメーターに従って、エンティティ オブジェクトのすべてのレコードを返します。

  • :

    Fetch(of AlexEntity)(createFilterGroup(Nothing, New FilterGroup(){createFilterGroup(New QueryFilter(){addFilter(MainPage.EditGrid.SearchColumn, "contains", MainPage.EditGrid.SearchTerm)}, Nothing, 0)}, 0), New PaginationProps(MainPage.EditGrid.PageStart, MainPage.EditGrid.PageLimit), New SortOption(){addSortOption(MainPage.EditGrid.SortColumn, Not(Not(MainPage.EditGrid.isDescending)))}, Nothing, New ExpansionFieldOption(){addExpansionFieldOption("CreatedBy", New String(){"Id","Name"}), addExpansionFieldOption("UpdatedBy", New String(){"Id","Name"})})Fetch(of AlexEntity)(createFilterGroup(Nothing, New FilterGroup(){createFilterGroup(New QueryFilter(){addFilter(MainPage.EditGrid.SearchColumn, "contains", MainPage.EditGrid.SearchTerm)}, Nothing, 0)}, 0), New PaginationProps(MainPage.EditGrid.PageStart, MainPage.EditGrid.PageLimit), New SortOption(){addSortOption(MainPage.EditGrid.SortColumn, Not(Not(MainPage.EditGrid.isDescending)))}, Nothing, New ExpansionFieldOption(){addExpansionFieldOption("CreatedBy", New String(){"Id","Name"}), addExpansionFieldOption("UpdatedBy", New String(){"Id","Name"})})
    注:
    Fetch() 関数はクエリ ビルダーで使用します。この関数は非同期です。

関数: Fetch one

  • 関数:

    T FetchOne<T>(FilterGroup group = null, PaginationProps paginationProps = null, SortOption[] sortOptions = null, string[] selectedFields = null, ExpansionFieldOption[] expansionFieldOptions = null)

  • 説明: 前述のパラメーターに従って、エンティティ オブジェクトの単一のレコードを返します。

  • :

    FetchOne(of Employee)(
            createFilterGroup(new QueryFilter(){addFilter(
                MainPage.EditGrid.SearchColumn,"contains",MainPage.EditGrid.SearchTerm)}),
                new PaginationProps(MainPage.EditGrid.PageStart, MainPage.EditGrid.PageLimit),
                new SortOption(){
                    addSortOption(
                        MainPage.EditGrid.SortColumn,MainPage.EditGrid.isDescending)
                    }
    )FetchOne(of Employee)(
            createFilterGroup(new QueryFilter(){addFilter(
                MainPage.EditGrid.SearchColumn,"contains",MainPage.EditGrid.SearchTerm)}),
                new PaginationProps(MainPage.EditGrid.PageStart, MainPage.EditGrid.PageLimit),
                new SortOption(){
                    addSortOption(
                        MainPage.EditGrid.SortColumn,MainPage.EditGrid.isDescending)
                    }
    )
    注:
    FetchOne() 関数はクエリ ビルダーで使用します。この関数は非同期です。

関数: Create filter group

  • 関数:

    FilterGroup createFilterGroup(QueryFilter[] queryFilters, FilterGroup[] groups = null, int isAnd = 0)

  • 説明: クエリ フィルターとフィルター グループの配列を渡すと、フィルター グループを生成します。

  • :

    createFilterGroup(Nothing, New FilterGroup(){createFilterGroup(New QueryFilter(){addFilter(MainPage.EditGrid.SearchColumn, "contains", MainPage.EditGrid.SearchTerm)}, Nothing, 0)}, 0)createFilterGroup(Nothing, New FilterGroup(){createFilterGroup(New QueryFilter(){addFilter(MainPage.EditGrid.SearchColumn, "contains", MainPage.EditGrid.SearchTerm)}, Nothing, 0)}, 0)
注:
createFilterGroup() 関数はクエリ ビルダーで使用します。

関数: Add filter

  • 関数:

    QueryFilter addFilter(string columnName, string colOperator, string value)

  • 説明: 列名、演算子、値を渡すと、クエリ フィルターを生成します。

  • :

    addFilter(MainPage.EditGrid.SearchColumn, "contains", MainPage.EditGrid.SearchTerm)addFilter(MainPage.EditGrid.SearchColumn, "contains", MainPage.EditGrid.SearchTerm)
注:
addFilter() 関数はクエリ ビルダーで使用します。

関数: Add sort option

  • 関数:

    SortOption addSortOption(string columnName, bool isDescending = false)

  • 説明: 列名と並べ替えの値を渡すと、クエリ フィルターを生成して並べ替えます。

  • :

    addSortOption(MainPage.EditGrid.SortColumn, Not(Not(MainPage.EditGrid.isDescending)))}addSortOption(MainPage.EditGrid.SortColumn, Not(Not(MainPage.EditGrid.isDescending)))}
注:
addSortOption() 関数はクエリ ビルダーで使用します。

関数: Get choice set

  • 関数:

    ListSource<ChoiceSet> GetChoiceSet(string choiceSetName)

  • 説明: Data Service チョイス セットの名前を渡すと、チョイス セット内のすべての値を返します。

  • :

    GetChoiceSet("Gender")GetChoiceSet("Gender")
注:

チョイス セットをホストするエンティティをアプリに追加する必要があります。

GetChoiceSet() 関数は非同期です。

関数: Get choice set value

  • 関数:

    string GetChoiceSetValue(string choiceSetName, int numberId)

  • 説明: Data Service チョイス セットの名前とチョイス セット オプションのインデックスを渡すと、指定したオプションを返します。

  • :

    GetChoiceSetValue("Gender", 0)GetChoiceSetValue("Gender", 0)
注:

チョイス セットをホストするエンティティをアプリに追加する必要があります。

関数: Build data table

  • 関数:

    DataTable BuildDataTable(DataTable dt, DataColumn[] columns, List<Object> rowData, bool clear=false)

  • 説明: [値を設定] ルール内の列と行を持つデータ テーブルを読み込み、更新したデータ テーブルを返します。

    clear パラメーターが True の場合、データ テーブルの列と行の内容をクリアします。
  • :

    BuildDataTable(
        New DataTable("TestDT"), 
        New DataColumn(){ New DataColumn("Name"), New DataColumn("Age")},
        New List(Of Object) From { 
            AddDataRow(New Object(){"Baishali", "30"}), 
            AddDataRow(New Object(){"Viswa", "33"}) 
        },
        True
    )BuildDataTable(
        New DataTable("TestDT"), 
        New DataColumn(){ New DataColumn("Name"), New DataColumn("Age")},
        New List(Of Object) From { 
            AddDataRow(New Object(){"Baishali", "30"}), 
            AddDataRow(New Object(){"Viswa", "33"}) 
        },
        True
    )

関数: Add row

  • 関数: AddRow(DataRow row)
  • 説明: 指定した行をデータ テーブルに追加し、更新されたインスタンスを返す DataTable 拡張メソッドです。

  • :

    dt.AddRow(row)dt.AddRow(row)

関数: Delete row

  • 関数: DeleteRowAt(int index)
  • 説明: データ テーブルの指定したインデックスの行を削除し、更新されたインスタンスを返す DataTable 拡張メソッドです。

  • :

    dt.DeleteRowAt(2)dt.DeleteRowAt(2)

関数: Update row at

  • 関数: UpdateRowAt(int index, DataRow row)
  • 説明: データ テーブルの指定したインデックスの行を新しいデータで更新し、更新されたデータ テーブルを返す DataTable 拡張メソッドです。

  • :

    dt.UpdateRowAt(2, row)dt.UpdateRowAt(2, row)

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.