通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

ドキュメント ビューアーを使用する

概要


[ドキュメント ビューアー] コントロールを使用すると、UiPath Apps でドキュメントをレンダリングしてインラインで表示できます。この機能は、ストレージ バケット、エンティティ、公的にアクセスできるリンクなどのさまざまなソースから請求書ドキュメントや領収書を表示する場合などの特定のシナリオに役立ちます。

For more information, see the Document Viewer page.

以下の演習では、[ドキュメント ビューアー] コントロール用にさまざまなソースを持つシンプルなアプリを作成します。この演習では、コントロールの動作について理解を深め、アプリ内での効率的な使用方法を習得できるようにします。
以下の演習のさまざまなソースは次のとおりです。

エンティティ


前提条件

Before starting this example, make sure that you have the proper permissions from Data Service. For more information, check the Data Service - Managing Access page.
この例では、以下のフィールドを持つ、File というエンティティを使用します。

  • Avatar - File
  • Image - File
  • Name - Text
  • Renamed - File
1040

エンティティにデータを追加します (File フィールドの図および Text フィールドの名前)。

手順

  1. 既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。
  2. Add the entity created during Prerequisites to your app by clicking the Add any Add Any icon icon from the top of the canvas and selecting Entity.
664
  1. [ドキュメント ビューアー] コントロールをアプリに追加します。
  2. Lookup 関数を使用して、ページの [データ コンテキスト] プロパティを設定します。File エンティティ内で次の形式を使用してデータ ID を検索できるように、プロパティを設定します。
    Lookup(エンティティ, [エンティティ,ID, "=", "id of the entity"])。
    この特定の例では、次のようになります: Lookup(File, [File.Id, "=", "F99D676D-09E7-EC11-B656-281878D3E284"])。
255
  1. [ドキュメント ビューアー] コントロールに移動し、[ソース] プロパティを設定します。[リソース] パネルの [データ コンテキスト] セクションから、任意の File 型のフィールドを追加します。
689

パブリック URL


[ドキュメント ビューアー] コントロールを使用すると、パブリック URL を使用してドキュメントをレンダリングできます。コントロールの [ソース] プロパティに URL を追加します。

253

📘

注:

https で始まる URL は、セキュリティで保護されている必要があります。

ストレージ バケット


前提条件

この例を開始する前に、ストレージ バケットを Orchestrator 内で設定し、アプリケーション内にインポートする必要があります。
For more information, see the Referencing a Storage Bucket from Orchestrator page

手順

  1. 既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。
  2. Add the storage bucket to your app by clicking on the Add any Add Any icon icon from the top of the canvas and selecting Storage bucket.
665
  1. [ドキュメント ビューアー] コントロールをアプリに追加します。
  2. ページの [読み込み時] イベントに [ストレージ バケットからファイルを取得] ルールを追加します。
809
  1. [ストレージ バケットからファイルを取得] ルールを次のように設定します。
    • [ストレージ バケット] フィールドで、ダウンロードするファイルを含むストレージ バケットを選択します。
    • Orchestrator のストレージ バケットに移動し、ダウンロードする必要のあるファイルの名前をコピーします。[ファイル名] フィールドに名前 (拡張子を含む) を貼り付けます。
    • [アプリの変数にファイルを割り当てる] フィールドに新しい変数を追加します。
422
  1. [ドキュメント ビューアー] コントロールを選択し、[ソース] プロパティで前に作成した変数を割り当てます。

4 か月前に更新

ドキュメント ビューアーを使用する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。