Apps (アプリ)
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps User Guide for Automation Suite
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

Apps の構成チェックリスト

概要

オンプレミスでの新しいアプリの作成は、クラウドでの作成と非常に似ています。アプリの作成について詳しくは、以下をご覧ください。

評価ガイド

アプリ作成のジャーニー

  • 新しいアプリを作成します。
  • 複数のページを追加し、適切なコントロールを使用して UI を設計します。
  • アプリにプロセスを追加し、そのプロセスのパラメーターを UI コントロールにバインドします。

    • 有人プロセスと無人プロセスの両方を含めます。
  • アプリをプレビューして、フローが期待どおりに動作していることを確認します。
  • ユーザーまたはグループをアプリに追加します。
  • 一般設定でアプリ アイコンを更新します。
  • アプリをパブリッシュします。
  • アプリをダウンロードします。

Apps で Orchestrator からプロセスをインポートする

クラウド版の UiPath Apps では、Cloud Orchestrator のリストから選択するか、資格情報を提供して On-Premises Orchestrator に接続するかを選べます。詳細については、「Orchestrator からプロセスを参照する」をご覧ください。

Automation Suite バージョンの Apps では、同じ Automation Suite のデプロイで利用可能な Orchestrator のリストに接続できます。また、認証情報を使用して、別のスタンドアロン版 On-Premises Orchestrator に接続することもできます。



Apps に Data Service からエンティティをインポートする

UiPath Apps では、より優れた複雑なアプリを作成するために、UiPath Data Service のエンティティに接続して、そのエンティティを操作することができます。Data Service は、ロボティック プロセス オートメーション (RPA) プロジェクトにおいて、コードの要らないデータ モデリングやストレージを可能にする、強力で永続的なデータ ストレージ サービスです。

Data Service 内にエンティティが作成されたら、アプリから参照できます。

エンティティを参照する方法の詳細については、「アプリ内でエンティティを参照する」をご覧ください。

Orchestrator からストレージ バケットを参照する

シームレスな連携を実現するために、ファイル ピッカー コントロールまたは [ストレージ バケットへファイルをアップロード] ルールを使用してアップロードされるファイルはすべて、Orchestrator 内のストレージ バケットに格納されます。

ストレージ バケットについて詳しくは、「ストレージ バケットについて」および「ストレージ バケットを管理する」をご覧ください。

Orchestrator 内にストレージ バケットが作成されると、アプリから参照できます。ストレージ バケットを参照する方法の詳細については、「Orchestrator からストレージ バケットを参照する」をご覧ください。

ランタイム アプリのジャーニー

  • 別のユーザーとしてログインし、ランディング ページでアプリが実行可能かどうかを確認します。
  • アプリを実行して、期待どおりに動作することを確認します。

アプリ編集のジャーニー

  • ダウンロードされたアプリをインポートし、そのアプリを使用して新しいアプリを作成します。
  • インポート アプリに関連するプロセスを、別の Orchestrator の別のプロセスに置き換えます。
  • アプリをプレビューして、期待どおりに動作することを確認します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.