Apps (アプリ)
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps User Guide for Automation Suite
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

日付の選択

全般

  • 値バインド - 日付の選択を RPA プロセスの引数またはアプリのフィールドにバインドします。このプロパティは実行時に動的に解決されます。
  • ヒント テキスト - 実行時に表示される、コントロールのヘルプ テキストを設定します。
  • 既定の日付 - コントロールの既定の日付を設定します。
  • ラベル - コントロールの横に表示するテキストです。[検証] セクションの [必須] プロパティが =true に設定されている場合、テキストの後にアスタリスク * も表示されます。
  • 必須 - =true に設定すると、このコントロールが必須になります。また、実行時に設定したラベル テキストの後にアスタリスク * が追加されます。
  • 必須に関するエラー メッセージ - [必須] プロパティが =true に設定され、コントロールが空のままの場合に表示するテキストです。
  • ツールチップ - 日付の選択に表示するツールチップです。このツールチップで、コントロールに表示する追加情報を提供します。
  • 非表示 - 選択すると、実行時にコントロールが非表示になります。
  • 無効化 - 選択すると、実行時にコントロールが無効化されます。

    注: Apps ランタイムからロボティック プロセス オートメーション (RPA) プロセスに入力引数として日付が送信されると、選択した日付が App Service によって UTC タイム ゾーンに変換された後、プロセスに送信されます。したがって、プロセスで受信された日付は、DateTime データ型の ToLocalTime パラメーターを使用してローカルのタイム ゾーンに変換する必要があります。変換しない場合、Apps ランタイムでユーザーが選択した日付と異なってしまう可能性があります。

イベント

  • 値の変更時 - 値が変更された際の挙動を設定します。

スタイル

  • コントロールの配置 - 既定では、親の配置を継承します。親とは異なる配置を設定することもできます。既定で親の配置を適用する場合は、選択されている配置アイコンを切り替えて、特定の配置設定をオフにします。

    注: 配置は親のレイアウト (縦方向/横方向) によって異なります。
  • ラベル配置 - 既定では、ラベルは行に設定され、コントロールの左側に表示されます。行の配置を選択して、コントロールの上に配置することもできます。
  • ラベルのフォント ファミリ - ラベルのフォントを設定します。このセクションではフォント ファミリ、サイズ、色、スタイル (太字、斜体、下線) を設定できます。既定では、このコントロールの直接の親コンテナーのフォント ファミリが継承されます。その場合、フォントに「Inherited」と表示されます。
  • 入力のフォント ファミリ - 入力テキストのフォントを設定します。このセクションではフォント ファミリ、サイズ、色、スタイル (太字、斜体、下線) を設定できます。既定では、このコントロールの直接の親コンテナーのフォント ファミリが継承されます。その場合、フォントに「Inherited」と表示されます。
  • マージン - コントロールのマージンを設定します。既定では 4px のマージンが設定されています。[上/下] および [左/右] のプロパティがそれぞれ組み合わされています。これらのプロパティの組み合わせは、[マージン] セクションの見出しの右側にあるリンク解除のボタンをクリックして解除できます。
  • サイズ - このセクションではコントロールの幅と高さを設定できます。既定では、サイズは [auto] に設定されています。

    幅/高さの最小サイズと最大サイズは、[サイズ] セクションの (...) アイコンをクリックして設定できます。

  • 背景色 - 日付の選択の背景色を設定します。

ロケール固有のフォーマット

Google Chrome で日付をロケール固有の形式で表示するには、以下の手順に従います。

  1. Google Chrome で以下のアドレスに移動します。chrome://settings/languages
  2. 不足している言語を追加します。



  3. 追加した言語をリストされている言語の先頭に移動します。
  4. Google Chrome を再起動します。
  5. アプリをもう一度開いてプレビューします。
  6. [日付の選択] コントロール内で日付を選択します。ロケール固有の形式で日付が表示されます。
  • 全般
  • イベント
  • スタイル
  • ロケール固有のフォーマット

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.