通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

はじめに

テストの作業には、テスト ケースの実行、レポートの作成、要件管理、不具合管理、CI/CD 連携、探索テスト、その他を含む、極めて広範な活動が含まれます。

テスト オートメーションのツールだけでは、オートメーションの作成は可能でも、ビルド主導またはスケジューリングによる方法でのテストの実行には不十分です。テストには、互いに緊密に連携する必要がある、総合的なツールセットが必要です。

課題の 1 つは、テストを開発プロセスに不可欠な部分として組み込むことです。そのためには、ソフトウェア開発資産 (ユーザー ストーリー、エピックなど) をソフトウェア テスト資産 (テスト ケース、テスト結果など) にリンクする必要があります。テスト結果を分析する場合、不具合がどのように要件に影響を与えるかを把握することが重要です。

UiPath Test Suite は、テスト管理ツールやアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) ツールとの連携によりテスト プロセスを統合する、緊密に連携したツールのバンドルです。

次の図は、UiPath Test Suite に付随するすべてのツールと、それらがどう連携しているかを示しています。

UiPath Test Suite には、次の製品コンポーネントが含まれます。

Studio

It enables you to create automated tests just like you would create RPA workflows. For more information, see Application Testing.

Orchestrator

Besides the ability to run RPA workflows, Orchestrator is capable of executing test cases from Studio on testing-robots. This can be done in a scheduled manner or build-driven through a CI/CD pipeline. For more information, see Managing Test Cases.

Test Manager Hub

Test Management Hub の主な目的は、UiPath Test Suite とサードパーティーの ALM ツールを連携させることです。柔軟なコネクタ アーキテクチャを備えており、対応する API を提供する任意の ALM ツールとの連携により以下の操作を実現できます。

  • テスト ケースを要件、ユーザー ストーリー、その他の任意のアーティファクトに割り当てます。
  • テスト実行のログ情報やスクリーンショットを補足情報として含むバグ レポートを外部のバグ追跡システムで作成できます。

Test Manager

Test Management Hub がホストする、テスト プロセスの管理を可能にする Web アプリケーションです。具体的には、次のような機能を備えています。

  • Studio にある自動化されたテスト ケースを Test Manager 上の手動テスト用のテスト ケースにリンクする
  • テスト ケースを要件へ割り当て
  • テスト結果の概要が一目でわかるレポートやダッシュボードを表示
  • 手動テストの実行のサポート
  • テスト結果から不具合を直接作成
  • Add documentation to manual test cases with Task Capture.

9 か月前に更新



はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。