Test Suite
v2023.4
バナーの背景画像
Test Suite User Guide
最終更新日 2024年2月28日

Azure DevOps 拡張機能

概要

この拡張機能を使用して、UiPath オートメーション プロセスを構築およびデプロイできます。また、UiPath で自動化したテスト ケースも実行できます。20.10 以降の UiPath Studio で作成されたプロジェクトをパッケージ化するには、この拡張機能の 2.1 以降のバージョンを使用する必要があります。

前提条件

  • .NET 6 をインストール
  • Azure DevOps 組織および Azure Pipelines のアカウント
  • UiPath Integration for Azure DevOps
  • リポジトリの GitHub アカウント
  • Azure パイプライン
  • Azure DevOps で適切な種類のエージェントを選択します。Azure によってホストされるエージェント、またはセルフホステッド エージェントのいずれかを選択して、パイプラインを実行できます。
    • Azure によってホストされるエージェント - このエージェントは自動的に生成され、各実行後に破棄されます。既定のパブリック インターネット アクセスがあります。Orchestrator フィードのカスタム依存関係を使用してパッケージを構築したり、プロジェクトを Orchestrator にプッシュしたりする場合は、お使いの Orchestrator がパブリック インターネットからのアクセスを許可するようにします。
    • セルフホステッド エージェント - Orchestrator にパブリック インターネットからアクセスできない場合は、セルフホステッド エージェントを使用する必要があります。使用する前に、ネットワークを適切に設定して、エージェントが Orchestrator および指定したフィードへの正常な接続を確立できるようにします。
  • 概要
  • 前提条件
  • 関連記事

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.