Test Suite
v2023.4
デバッグ - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

デバッグ

Appium のログを調べ、デバイス上の要素について検証すれば、オートメーションの実行中に起きたことをより的確に把握できます。

デバッグ ツール

デバッグ ツールを使用して Appium のログ出力を調べることで、オートメーションに関する詳細を確認できます。たとえば、操作の実行中に起きたことを把握するために、簡単なサーバー ログの確認が必要になるかもしれません。そのような場合、イベントの上にマウスをホバーさせれば、すべての詳細を表示できます (例: いつ接続が作成され、テストが開始されたかを知りたい場合など)。

デバッグ パネルを開くには、以下の手順を実行します。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始します。
  2. [デバッグ ツール] ボタンをクリックして、パネルの詳細を展開します。
  3. [ログの種類] をクリックして、ドロップダウンからオプションを選択します。
  4. [ログを取得] をクリックします。
  5. (任意) [ライブ ログ] をクリックして、イベントをリアルタイムで取得します。


ログのパス

ログの場所を設定するには、MDM を開き、[プロジェクト設定] > [プロジェクト レベル設定] > [ログのパス] に移動します。ログへのパスを共有ネットワーク ドライブに設定すれば、メンバーが広くリソースにアクセスできるようになります。

ログの種類

要件に応じて、次のいずれかの種類のログを取得できます。

iOS

Android

syslog: デバイスのログ

server: Appium サーバーのログ

crashlog: クラッシュのログ

logcat: デバイスのログ

performance: デバイス上の iOS のパフォーマンスに関する情報

 

server: Appium サーバーのログ

 

safariConsole: Safari コンソールのログ

 

safariNetwork: ネットワーク要求

 

デバッグ ログを使用する

以下に、デバッグ ログを管理するために実行できるアクションのリストを示します。

操作

説明

手順

ログを取得

ログを取得します。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[デバッグ ツール] に移動します。
  2. [ログの種類] をクリックして、ドロップダウンからオプションを選択します。
  3. [ログを取得] をクリックして、取得します。

ファイルの場所を開く

ログが保存されている場所を開きます。

[ログを取得] する手順を実行し、[ファイルの場所を開く] をクリックします。

ライブ ログ

イベントをリアルタイムでログに取り込みます。

Android: log cat

クリア

現在のビューをクリアします。

[ログを取得] する手順を実行し、[クリア] をクリックしてログを削除します。または、別のログを取得してパネルをクリアし、次のデバッグ ステップに進むこともできます。

ビジュアル ツリー ツール

ビジュアル ツリー ツールを使用して、ページの表示方法を確認したり、自動化できる可能性がある要素を表示したりすることができます。

ビジュアル ツリー パネルを開くには、以下の手順を実行します。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始します。
  2. [ビジュアル ツリー] ボタンをクリックして、パネルの詳細を展開します。
  3. [要素を検証] をクリックしてから、デバイス上の任意の要素をクリックします。

    要素の情報は、次の 2 つの部分に分かれています。

  • 第 1 の領域では、要素のツリー構造を確認できます。エントリ上にマウスをホバーさせると、デバイス上の対応する要素が強調表示されます。
  • 第 2 の領域には、要素の詳細情報が表示されます。このパネルの情報は、検索機能を使用すると変化します。



ビジュアル ツリーを使用する

以下に、検証対象の要素を表示するために実行できる操作のリストを示します。

操作

説明

手順

要素を検査

デバイス上の要素を検証します。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[ビジュアル ツール] に移動します。
  2. [要素を検査] をクリックしてから、デバイス上の任意の要素をクリックします。

ライブ更新を停止

要素の情報の受信を停止します。このオプションは、ツリー構造パネルのエントリをクリックするとすぐにアクティブ化されます。

このオプションのチェックを外すには、まず [要素を検査] ツールを使用する必要があります。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[ビジュアル ツール] に移動します。
  2. [ライブ更新を停止] をクリックします。

すべて展開

すべての要素を展開します。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[ビジュアル ツール] に移動します。
  2. [すべて展開] をクリックします。

すべて折りたたみ

すべての要素を折りたたみます。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[ビジュアル ツール] に移動します。
  2. [すべて折りたたみ] をクリックします。

ページのソースをエクスポート

ページ ソースを XML ファイルとしてエクスポートします。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[ビジュアル ツール] に移動します。
  2. [ページのソースをエクスポート] をクリックします。
  3. 場所を選択し、[保存] をクリックして確定します。

検索

要素の詳細を検索します。

  1. モバイル デバイス マネージャーでアプリケーションを開始し、[ビジュアル ツール] に移動します。
  2. [検索] をクリックして、用語を入力します。詳細パネルで入力を進めるにつれて結果が動的に表示されます。

ステータスを使用する

ステータス パネルを開いて、接続情報、エラー メッセージ、ステータスなどのイベントを一覧できます。ステータス パネルを開くには、モバイル デバイス マネージャーの右下にあるハンバーガー ボタンをクリックします。



  • デバッグ ツール
  • ビジュアル ツリー ツール
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.