Test Suite
v2023.4
パッケージをテストする/テスト セットを実行する - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

パッケージをテストする/テスト セットを実行する

前提条件:

  • パッケージまたはテスト セットを作成する。
  • CLI の exe ファイル (Windows の場合) または dll ファイル (Linux の場合) を実行します。
  • 以下の、Orchestrator API アクセスのアプリケーション スコープを追加します。

    アプリケーション スコープ

    説明

    OR.Assets

    Orchestrator でのアセットの読み取り/書き込みアクセス権

    OR.BackgroundTasks

    Orchestrator でのバックグラウンド タスクの読み取り/書き込みアクセス権

    OR.Execution

    Orchestrator での実行の読み取り/書き込みアクセス権

    OR.Folders

    Orchestrator でのフォルダーの読み取り/書き込みアクセス権

    OR.Jobs

    Orchestrator でのジョブの読み取り/書き込みアクセス権

    OR.Machines.Read

    Orchestrator でのマシンの読み取りアクセス権

    OR.Monitoring

    Orchestrator での監視の読み取り/書き込みアクセス権

    OR.Robots.Read

    Orchestrator での Robot の読み取りアクセス権

    OR.Settings.Read

    Orchestrator での設定の読み取りアクセス権

    OR.TestSets

    Orchestrator でのテスト セットの読み取り/書き込みアクセス権

    OR.TestSetExecutions

    Orchestrator でのテスト セット実行の読み取り/書き込みアクセス権

    OR.TestSetSchedules

    Orchestrator でのテスト セットのスケジュールの読み取り/書き込みアクセス権

    OR.Users.Read

    Orchestrator でのユーザーの読み取りアクセス権

  1. uipcli test を使用して test タスクを実行します。利用可能なサブタスクのリストが表示されます。
  2. 必要なパラメーターを指定し、run サブタスクを実行します。

    以下のパラメーターのリストをご覧ください。

    パラメーター

    説明

    Orchestrator URL (pos. 0) (必須)

    Orchestrator インスタンスの URL です。

    Orchestrator Tenant (pos. 1)

    • (必須) SaaS デプロイの場合。
    • (任意) PaaS デプロイの場合。

    パッケージまたはテスト セットが存在するテナントです。

    -u または --username (ユーザー名とパスワードによる基本認証を使用する場合は必須)

    Orchestrator への認証に使用するユーザー名です。対応するパスワードと組み合わせて使用する必要があります。

    -p または --password (ユーザー名とパスワードによる基本認証を使用する場合は必須)

    Orchestrator への認証に使用するパスワードです。対応するユーザー名と組み合わせて使用する必要があります。

    -t または --token (トークンベースの認証を使用する場合は必須)

    Orchestrator への認証に使用する OAuth2 更新トークンです。アカウント名およびクライアント ID と組み合わせて使用する必要があります。

    -a または --accountName (トークンベースの認証を使用する場合は必須)

    Orchestrator Cloud RPA のアカウント名です。OAuth2 更新トークンおよびクライアント ID と組み合わせて使用する必要があります。

    -A--accountForApp

    Orchestrator Cloud RPA のアカウント名です。外部アプリケーションのアプリケーション IDアプリケーション シークレットアプリケーション スコープと組み合わせて使用する必要があります。

    -I または --applicationId (外部アプリケーション認証を使用する場合は必須)

    外部アプリケーション ID です。アプリケーション アカウントアプリケーション シークレットアプリケーション スコープと組み合わせて使用する必要があります。

    -S または --applicationSecret (外部アプリケーション認証を使用する場合は必須)

    外部アプリケーション シークレットです。アプリケーション アカウントアプリケーション IDアプリケーション スコープと組み合わせて使用する必要があります。

    --applicationScope (外部アプリケーション認証を使用する場合は必須)

    アプリケーション スコープを単一のスペースで区切って列挙したリストです。外部アプリケーションのアプリケーション アカウントアプリケーション IDアプリケーション シークレットと組み合わせて使用する必要があります。

    -P または --project-path

    テストする Testing パッケージ ファイルのパスです。

    -s または --testset
    実行するテスト セットに表示される名前です。テスト セットにテスト ケースの最新バージョンが含まれるようにします。
    テスト セットが既定のフォルダーに含まれていない場合は、前に適切なフォルダー名を含めてください。例: AccountingTeam\TestSet

    --out

    結果を返すファイルの種類です。

    -r または --result_path

    結果を保存するファイルの保存先パスです。

    -e または --environment (クラシック フォルダーの場合は必須)
    パッケージをデプロイするロボット グループです。project path と組み合わせて使用する必要があります。
    -w または --timeout

    テスト セットが実行されるまで待機する時間 (秒) です。既定値は 7200 秒です。

    -i または --input_path (エントリ ポイント ワークフローに、コマンド ラインを介して渡す入力パラメーターがある場合は必須)

    JSON 入力ファイルのフル パスです。

    --attachRobotLogs

    実行された各テスト ケースのロボット ログと JUnit テスト レポートを添付します。

    -o または --organizationUnit

    テスト セットを実行する Orchestrator フォルダーです。

    -l または --language

    Orchestrator のユーザー インターフェイスで使用する言語です。

    -y または --disableTelemetry

    テレメトリ データを無効化します。

    --traceLevel

    イベントのトレースを表示します。

    --identityURL (PaaS デプロイの場合のみ必須)

    Identity Server の URL です。

    --help

    このコマンドのパラメーターと例を表示します。

:

  • test run "https://uipath-orchestrator.myorg.com" default -A myAccountForExternalApp -I myExternalAppId -S myExternalAppSecret --applicationScope "OR.Folders.Read OR.Settings.Read" -s "MyRobotTests" です。
  • test run "https://uipath-orchestrator.myorg.com" default -t a7da29a2c93a717110a82 -a myAccount -P "C:\UiPath\Project\project.json" -e TestingEnv -r "C:\results.json" --out uipath -l en-US です。
  • test run "https://uipath-orchestrator.myorg.com" default -t a7da29a2c93a717110a82 -a myAccount -P "C:\UiPath\Project\project.json" -e TestingEnv -r "C:\results.json" -i "C:\UiPath\Project\input-params.json" --out uipath -l en-US --attachRobotLogs "true" です。

外部アプリケーションを追加する

外部アプリケーションを登録し、そのアプリケーションが OAuth を使用して UiPath リソースにアクセスできるようにするには、以下の手順を実行します。

  1. テナントに管理者としてログインします。
  2. [テナント] > [アクセス権を管理] > [ロールを割り当て] に移動して、[アカウントおよびグループを管理] をクリックします。

    テナント レベルが開きます。

  3. 左側の [外部アプリケーション] を選択します。

    現在のテナントに登録されている、すべての既存外部アプリケーションのリストが [外部アプリケーション] ページに表示されます。



  4. 表の上で、右側にある [アプリケーションを追加] をクリックします。
  5. [アプリケーション名] フィールドに入力します。
  6. [アプリケーションの種類] のオプションを選択します。

    [機密アプリケーション] を選択した場合、最後にアプリケーション シークレットが提供されるので、使用しているアプリケーションでそのシークレットを安全に保存できることを確認してください。それが不可能な場合は [非機密アプリケーション] を選択します。

  7. [リソース][スコープを追加] をクリックします。

    右側に [リソースを編集] パネルが開きます。このパネルでは、アプリケーションにアクセス権を与える必要があるリソースを選択できます。

  8. [リソース] ドロップダウン リストから、アプリケーションが使用できる UiPath API を選択します。
    注: スコープは一度に 1 つのリソースに対してのみ追加できます。複数のリソースへのアクセスを許可するには、このプロセスを繰り返して各リソースにスコープを追加します。
  9. [ユーザー スコープ] タブで、必要に応じて、付与する論理 API 権限のチェック ボックスを選択します。

    ユーザー スコープに基づく権限付与とは、外部アプリケーションがそれらのリソースにユーザー コンテキスト内でアクセス可能であり、適切な権限を持つユーザーがログインする必要があることを意味します。

  10. 機密アプリケーションの場合は、[アプリケーション スコープ] タブに切り替え、必要に応じて、選択したリソースに対するアプリケーション レベルでの権限も付与できます。

    アプリケーション スコープに基づく権限を持つ外部アプリケーションは、ユーザーの操作なしで、選択したスコープのすべてのアプリケーションのデータにアクセスできます。

    非機密アプリケーションは、アプリケーション スコープにアクセスできません。

  11. [保存] をクリックします。

    パネルが閉じ、フォームの [リソース] の表に、選択したリソースとスコープが追加されます。

  12. 外部アプリケーションが対応している場合、[リダイレクト URL] フィールドに URL を追加すると、認可応答がその URL に送信され、アプリケーションがその URL を使用して UiPath リソースにアクセスできるようになります。
  13. [追加] をクリックして登録を作成します。

    確認メッセージが表示されます。機密アプリケーションの場合、確認メッセージには登録済み外部アプリケーションが認可を要求するときに使用できるアプリケーション シークレットが含まれます。アプリケーション シークレットは、その後はもう表示されることがないので、必ず安全な場所に保存しておいてください。

  • 外部アプリケーションを追加する
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.