Test Suite
v2023.4
バナーの背景画像
Test Suite User Guide
最終更新日 2024年2月28日

ALM ツールとの連携

Test Manager は、Planview Tasktop Hub が提供する強力な連携ソリューションである UiPath Test Manager Connect を介して、さまざまなアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) ツールとシームレスに連携できます。この連携は、コラボレーションの強化、プロセスの効率化、およびテスト アクティビティの効率的な管理を目的として設計されています。

ALM ツールをはじめとする各種 UiPath コンポーネントと関連して Test Manager がどのように機能するかを理解するには、UiPath Test Suite ガイドの「はじめに」をご覧ください。

UiPath Test Manager Connect

Test Manager は、不具合管理、アジャイル計画、要件管理、およびテスト管理を含む、主要な ALM ソリューションに対応しています。この連携には、Test Manager にバンドルされている Planview の UiPath Test Manager Connect を使用します。UiPath Test Manager Connect では、高度なカスタマイズが可能な双方向のオブジェクトの同期を実行できるため、Test Manager とさまざまな ALM ツール間でシームレスにデータ交換が行えます。

ALM 連携パターン

Test Manager は、外部ツールとの 2 つの ALM 連携パターンをサポートしています。これらの連携パターンは、CI/CD パイプラインの連携には依存していません。

基本的な ALM 連携

この連携パターンは、不具合管理、アジャイル計画、要件管理のための外部 ALM ツールは既に存在するものの、テスト管理機能がない場合に効果的です。この連携では、Test Manager を使用してテストと結果を管理すると同時に、外部のツールセットでサポートされている開発ライフサイクルにテスト プロセスを統合できます。

以下の図は、この ALM 連携パターンで、どのタスクがどのコンポーネント (外部または UiPath) で実行されるかを示しています。コンポーネント間の関係の方向は矢印で示されています。



実際のシナリオでは、Studio を使用してオートメーションを作成し、それをテストに割り当てます。続いて、Orchestrator でテストを実行すると結果が Test Manager にプッシュされ、分析や開発プロセスへの統合が可能になります。テストが失敗した場合は、テスト実行の結果として不具合を作成できます。不具合を管理する外部ツールがある場合は、Test Manager を使用して新しい不具合を作成できます。使用しているツールで不具合が作成され、その影響を受けるすべての要件にリンクされます。不具合には、実行中のロボットから得られた詳細なログ情報が付加されます。

サイドステップ ALM 連携

この連携パターンでは、Studio でテストを自動化して Orchestrator でそのテストを実行できると同時に、外部ツールを使用してテストを作成および管理します。この連携パターンでは、テスト管理に外部ツールを使用し、Test Manager (Test Manager Hub) のサーバー コンポーネントでのみ、選択したテスト管理ソリューションで作成したテスト ケースでオートメーションを使用できます。

以下の図は、この ALM 連携パターンで、どのタスクがどのコンポーネント (外部または UiPath) で実行されるかを示しています。コンポーネント間の関係の方向は矢印で示されています。



たとえば、Studio を使用してテスト ケースにオートメーションを割り当て、Orchestrator を使用してそのテストを実行した後、結果を外部ツール (Xray for Jira など) に直接プッシュできます。実行結果は Test Manager Hub にアップロードされた後、コネクタを介して外部ツールにプッシュされます。

すぐに使えるコネクタ

UiPath Test Manager Connect を介して、他の ALM ツールとの連携を排他的に確立します。後方互換性の確保のため、以前のバージョンのすぐに使えるコネクタやネイティブの連携コネクタを引き続き使用することはできますが、UiPath Test Manager Connect の使用を推奨します。

すぐに使えるコネクタまたはネイティブ連携コネクタは、外部 ALM ツールを Test Manager に接続するライブラリです。外部システムとの連携は汎用インターフェイスで行います。コネクタは、特定の ALM システムと連携するための固有のインターフェイスを実装します。コネクタの設定は、Test Manager でプロジェクトごとに個別に行えます。Test Manager は、任意の数の外部システムおよびプロジェクトと連携できます。

  • Atlassian Jira - 要件と不具合を連携できます。
  • Xray for Jira - テスト実行で得られたスクリーンショット、ログ、テスターの注釈などの総合的な情報を追加します。Xray for Jira は、UiPath Test Manager for Jira を介してサポートされています。
  • Azure DevOps - 作業項目を Test Manager と同期し、Azure DevOps を使用してテストを管理します。
  • ServiceNow™ - UiPath Test Suite を使用して、アプリケーションと RPA 開発ライフサイクルに自動化したテストを追加し、ServiceNowTM でテスト ポートフォリオを管理します。
  • SAP Solution Manager - SAP および SAP 以外のアプリケーションの自動化されたテストを作成します。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.