Test Suite
v2023.4
バナーの背景画像
Test Suite User Guide
最終更新日 2024年2月28日

プロジェクトをエクスポートする

(提供オプションに関係なく) プロジェクトを Test Manager インスタンスから別のインスタンスにエクスポートし、Test Manager によって操作を標準化できます。この機能は、以下の目的に使用します。

  • テスト プロジェクト全体を別のテナントまたは Test Manager の別のインスタンスに転送する
  • 任意のプロジェクトのバックアップ コピーを作成する

動作のしくみ

プロジェクトをエクスポートすると TMH ファイルが生成され、このファイルを別の Test Manager インスタンスにインポートできます。このファイルには、要件、テスト ケース、テスト セット、ラベル、カスタム フィールド、添付ファイル、オートメーション情報などのオブジェクトが含まれます。エクスポート プロセスは非同期的に実行され、エクスポート プロセスが完了すると通知が表示されます。
注: 有効な Test Manager ライセンスを持つユーザーは、プロジェクトをエクスポートできます。詳しくは、「ユーザーとグループのアクセス管理」をご覧ください。

考慮事項

エクスポート TMH ファイルには以下が含まれます。

エクスポートされるオブジェクト詳細
テスト オブジェクトプロジェクトをエクスポートする際に、エクスポート TMH ファイルに以下の 1 つまたはすべてを含めるように選択できます。
  • 要件
  • テスト ケース
  • テスト セット
  • ObjectLabels
  • 添付ファイル
  • カスタム フィールド定義 (値のみ)
  • テスト ケースのオートメーションの情報
オブジェクト間の割り当て
  • 要件テスト ケース間の割り当て
  • テスト ケースとテスト セット間の割り当て
  • テスト オブジェクトとラベル間の割り当て
プロジェクト情報
  • 名前
  • プレフィックス
  • 説明

前提条件

エクスポート TMH ファイルが正常にダウンロードされるようにするため、API 管理ゲートウェイの buffer response 設定を false に設定します。
  1. API 管理ゲートウェイ システムにアクセスします。
  2. /download で終了する API エンドポイントを見つけます。download を API 応答として持つ API エンドポイントに対してのみ、バッファ応答を false に設定できます。
  3. 詳しくは、ご使用の API 管理ゲートウェイ システムの公式ドキュメントをご覧ください。 たとえば、Microsoft Azure を使用している場合に、buffer-responseの設定を true から falseに変更する方法について詳しくは、こちらの公式ドキュメントをご覧ください。

Test Manager からプロジェクトをエクスポートする

  1. Test Manager にサインインします。
  2. エクスポートするプロジェクトを選択し、[その他のオプション] docs image を選択します。

    [プロジェクトをエクスポート] パネルが開きます。

  3. エクスポート ファイルに含めるテスト オブジェクトを選択し、[エクスポート] を選択します。
    警告: テスト結果はエクスポート ファイルに含まれません。

    docs image
  4. エクスポート プロセスが完了するまで待機し、[プロジェクトのエクスポートの完了] の通知を選択して、通知パネルまたはメールで通知を受け取ります。エクスポート TMH ファイルが自動的にダウンロードされます。ダウンロードが自動的に始まらない場合は、[ダウンロード] を選択します。
警告: このダウンロード リンクは 7 日で有効期限が切れます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.