Test Suite
v2023.4
バナーの背景画像
Test Suite User Guide
最終更新日 2024年2月28日

Azure DevOps

Azure DevOps を Test Manager と連携させることで、テスト管理作業、アジャイル計画、不具合追跡に対応できるようになります。この連携により、作業項目を Test Manager に同期できます。

お使いの Test Manager インスタンスを Azure DevOps プロジェクトに接続するには、以下の手順を実行します。
  1. Azure DevOps にプロジェクトを作成する
  2. Azure DevOps 接続を設定する

前提条件

Azure DevOps にプロジェクトを作成する

  1. Azure DevOps にログインします。
  2. [Create new project] をクリックして、プロジェクトの設定を構成します。
    • Project name: プロジェクトの名前を入力します。
    • Description: 各プロジェクトの用途を簡単に把握できるように説明を入力します。
    • Version control: バージョン管理を選択します。
    • Work item process: ドロップダウンから既定のプロセスとして、開発やテスト アクティビティなどのアジャイル計画法をサポートする、[Agile] を選択します。
  3. [作成] をクリックします。

    プロジェクトがコレクションに追加されます。



Azure DevOps 接続を設定する

  1. Test Manager に管理者としてログインします。
  2. プロジェクトを開きます。
  3. [プロジェクト設定] > [連携] に移動します。
  4. [新しい接続] をクリックして、ドロップダウンから [Azure DevOps] を選択します。
  5. 次の接続設定を構成します。
    • 名前: Azure DevOps 接続の名前を入力します。
    • 説明 (任意): 参考になる説明を入力します。
    • サーバー URL: Azure DevOps サーバーの URL を入力します。例: https://company-name-serverRegion.cloudapp.azure.com
    • 個人用アクセス トークン: Test Manager によるアクションの実行を許可するために、個人用アクセス トークン (PAT) を作成してこのフィールドに貼り付けます。
      警告: Azure DevOps 接続を作成する場合、PAT が Azure DevOps サービスに対するフル アクセスを持っている必要があります。このためには、PAT を作成または編集するときに、[Scopes][Full access] を選択します。接続が完了したら、PAT のスコープを [Test Management] - Read & Write[Work Items] - Read & Write に減らすことができます。詳細については、「個人用アクセス トークンを使用する」をご覧ください。
    • 不具合の種類: Azure DevOps でバグの報告に使用するオブジェクトの種類を入力します。不具合の連携を使用しない場合は、空欄のままにします。

      不具合の種類は、新規作成した Azure DevOps プロジェクト用に選択したオブジェクトの種類に基づいて入力します。例: Bug または Issue
    • プロジェクト名: Azure DevOps のプロジェクト名を入力します。



  6. 接続をクリックしてパネルを展開し、後で必要になる [API キー] をコピーします。
  7. Azure DevOps でプロジェクトを開き、[Project settings] に移動します。
  8. [Extensions][UiPath Test Manager] に移動します。
  9. 以下の拡張設定を構成します。
    • 要件の種類: テストを割り当てるオブジェクトの種類を選択します。これらは、Test Manager に要件として表示されます。詳細については、「要件」をご覧ください。
    • Server URL: Test Manager の URL を入力します。
    • API: API キーを貼り付けます。
    • Manage Tests with Azure DevOps: テストを Azure DevOps で管理する場合は、このオプションを選択します。それ以外の場合は、このオプションをオフのままにして、テストを Test Manager で管理します。
  10. [保存] をクリックします。


Azure DevOps と連携して作業する

連携の動作については、以下の方法で試してみてください。

作業項目を同期する

Azure DevOps で作業項目 (エピックなど) を作成し、それらを Test Manager と同期できます。作業項目は [要件] ページに表示されます。

  1. Azure DevOps にログインしてプロジェクトを開きます。
  2. プラス ボタン docs image をクリックして、ドロップダウンから [New work item] を選択します。
  3. 作業項目を設定した後、[Save & Close] をクリックします。詳細については、「作業項目を追加および更新する」をご覧ください。
  4. Test Manager にログインして [要件] に移動すると、同期された作業項目が表示されます。ページを更新するには、階層リンク要素 [要件] をクリックします。
    注: 連携前に作成された作業項目を同期するには、個々の項目を開き、[Actions] ボタン docs image をクリックして、ドロップダウンから [Push to Test Manager] を選択します。

Azure DevOps でテストを管理する

テスト オートメーションには UiPath Test Suite を使用し、テスト管理には Azure DevOps を使用することができます。両方のソリューションを同時に使用するには、まず連携の設定時に [Azure DevOps でテストを管理] を選択しておく必要があります。詳細については、「Azure DevOps 接続を設定する」をご覧ください。

Azure DevOps から Test Manager にテスト ケースをプッシュすることで、テストを管理できるようになります。つまり、種類が「テスト ケース」の Azure 作業項目が、すべて Test Manager にプッシュされるようになります。Azure のテスト計画にテスト ケースが追加されていることを確認してください。そこに結果がプッシュされるからです。詳細については、「テスト計画とテスト スイートを作成する」をご覧ください。

同期が完了すると、Studio でテスト ケースを自動化できるようになります。その後 Orchestrator を使用してテスト ケースを実行すると、結果が Azure のテスト計画にプッシュされます。

Azure DevOps 接続を管理する

以下に、Azure DevOps 接続を管理するために実行できるアクションのリストを示します。

操作

説明

手順

編集

接続設定を編集します。

  1. Test Manager に管理者としてログインします。
  2. プロジェクトを開きます。
  3. [設定] ボタンをクリックしてプロジェクトの設定を開きます。
  4. 連携のリストで Azure DevOps 接続をクリックし、パネルを展開する。
  5. [編集] をクリックして接続を設定します。
  6. [保存] をクリックして確定します。

削除する

選択した接続および関連する要件を削除します。

  1. Test Manager に管理者としてログインします。
  2. プロジェクトを開きます。
  3. [設定] ボタンをクリックしてプロジェクトの設定を開きます。
  4. 連携のリストで Azure DevOps 接続をクリックし、パネルを展開する。
  5. [削除] をクリックして、接続を削除します。
  6. [OK] をクリックして確定します。

関連記事

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.