Test Suite
v2023.4
UiPath CLI - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

UiPath CLI

UiPath では、特定の定義済みタスクを実行して RPA パッケージの管理やテストを行うことができるコマンド ライン インターフェイス (CLI) を提供しています。UiPath CLI の目的は、こうした機能を GitLab、Jenkins などのサードパーティ ツールとプラグインなしで簡単に連携させることです。

UiPath CLI の一般的なユース ケースは以下のとおりです。

  • Studio プロジェクトを NuGet パッケージ化する
  • Orchestrator に NuGet パッケージをデプロイする
  • Orchestrator 内のジョブを実行する
  • Orchestrator 内のテスト セットを実行する

UiPath CLI は、次の 2 種類から構成されます。

  1. UiPath.CLI.Windows

    • Windows デバイスでのみ動作します。
    • Windows - レガシ プロジェクト、Windows プロジェクト、クロスプラットフォーム プロジェクトをビルドします。
  2. UiPath.CLI

    • Linux デバイスでのみ動作します。
    • クロスプラットフォーム プロジェクトのみをビルドします。

前提条件

  • UiPath.CLI の場合は、6.0.302 SDK に付属する . NET 6.0.7 かそれ以降のバージョンをインストールします。
  • UiPath.CLI.Windows の場合は、.NET 6.0.7 以降をインストールします。また、.NET SDK に付属する .NET Desktop Runtime もインストールする必要があります。

CLI をダウンロードする

UiPath CLI の任意のバージョンを UiPath のオフィシャル パブリック フィードからダウンロードできます。お使いのプロジェクトに適したバージョンを確認するには、以下の相互運用性マトリクスをご覧ください。

  1. UiPath のオフィシャル パブリック フィードに移動します。
  2. [Filter by keywords] の検索バーに「uipath.cli」と入力します。
  3. 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • UiPath.CLI
    • UiPath.CLI.Windows
  4. [Versions] タブに移動し、ダウンロードする CLI のバージョンを選択します。
  5. [Download] を選択します。
  6. NUPKG ファイルをダウンロードしたフォルダーを開き、ファイルを右クリックしてフォルダーに抽出します。
結果: NUPKG ファイルと同じ名前のフォルダーが作成されます。このフォルダーに UiPath CLI の内容が保持されます。すべての操作のエントリ ポイントは uipcli.exe (UiPath.CLI.Windows の場合) または uipcli.dll (UiPath.CLI の場合) になります。場所は tools フォルダーです。

UiPath.CLI.Windows の相互運用性マトリクス

プロジェクトの作成に使用する UiPath Studio のバージョンは、UiPath.CLI.Windows のバージョンと一致している必要があります。

凡例: - 相互運用性あり、 - 相互運用性なし

Orchestrator

projectType

UiPath CLI 23.6

2021.10.x オンプレミス

Windows - レガシ

2021.10.x オンプレミス

Windows

2021.10.x オンプレミス

クロスプラットフォーム

2021.10.x PaaS

Windows - レガシ

2021.10.x PaaS

Windows

2021.10.x PaaS

クロスプラットフォーム

2022.4.x

Windows - レガシ

2022.4.x

Windows

2022.4.x

クロスプラットフォーム

2022.10.x

Windows - レガシ

2022.10.x

Windows

2022.10.x

クロスプラットフォーム

2023.4.xWindows - レガシdocs image
2023.4.xWindowsdocs image
2023.4.xクロスプラットフォームdocs image

クラウド

Windows - レガシ

クラウド

Windows

クラウド

クロスプラットフォーム

UiPath.CLI の相互運用性マトリクス

プロジェクトの作成に使用する UiPath Studio のバージョンは、UiPath.CLI のバージョンと一致している必要があります。たとえば、v2021.10 の UiPath Studio を使用してプロジェクトを作成する場合は、v21.10 の UiPath.CLI を使用する必要があります。

凡例: - 相互運用性あり、 - 相互運用性なし

Orchestrator

projectType

UiPath.CLI 23.6

UiPath.CLI 22.10

UiPath.CLI 22.4

UiPath.CLI 21.10

2021.10.x オンプレミス

Windows - レガシ

docs image

docs imagedocs image

2021.10.x オンプレミス

Windows

docs image

2021.10.x オンプレミス

クロスプラットフォーム

docs image

docs image

2021.10.x PaaS

Windows - レガシ

docs image

2021.10.x PaaS

Windows

docs image

2021.10.x PaaS

クロスプラットフォーム

docs image

docs image

2022.4.x

Windows - レガシ

docs image

docs imagedocs image

2022.4.x

Windows

docs image

2022.4.x

クロスプラットフォーム

docs image

docs image

2022.10.x

Windows - レガシ

docs image

2022.10.x

Windows

docs image

2022.10.x

クロスプラットフォーム

docs image

2023.4.xWindows - レガシdocs imagedocs imagedocs imagedocs image
2023.4.xWindowsdocs imagedocs imagedocs imagedocs image
2023.4.xクロスプラットフォームdocs imagedocs imagedocs imagedocs image

クラウド

Windows - レガシ

docs image

クラウド

Windows

docs image

クラウド

クロスプラットフォーム

docs image

docs image

[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.