Test Suite
v2023.4
プロジェクトをインポート - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

プロジェクトをインポートする

外部ソースからプロジェクトをインポートし、Test Manager を使用してテスト作業を実行できます。この機能を使用すると、テスト プロジェクト全体を異なるアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) システムから Test Manager に転送できます。

動作のしくみ

プロジェクトのインポートは、外部システムのプロジェクト (例: テスト アプリケーション) を Test Manager が読み取ることができる形式に変換するスキーマに従って行われます。これには、要件、テスト ケース、テスト セット、テスト結果、ラベル、カスタム フィールド、添付ファイルなどのオブジェクトが含まれます。インポート プロセスは非同期的に実行されます。



考慮事項

  • Test Manager へのインポート中に新しいオブジェクト ID (GUID) が生成されます。
  • タイムスタンプ (作成時刻更新時刻) は保持されます。
  • 作成者および更新者は、プロジェクトのインポート要求を送信したユーザーになります。ALM システムで成果物を作成した元のユーザーは保持されません。
  • サイズ制限 (90 MB) を超えた添付ファイルはスキップされます。

プロジェクトをインポートできるユーザー

有効な Test Manager ライセンスを持つユーザーであれば、誰でもプロジェクトをインポートできます。

詳しくは、「ユーザーとグループのアクセス管理」をご覧ください。

スキーマのバージョンを取得する

TMH ファイルを構築するには、スキーマのバージョンが必要です。スキーマのバージョンを取得するには、Swagger で API 呼び出しを使用する必要があります。以下の手順で行います。

  1. 現在使用している Test Manager エンドポイントを使用して Swagger に移動します。Swagger を Test Manager に接続するには、「API リファレンス」をご覧ください。
  2. ProjectMigrationSchema 要求に移動します。
  3. GET /api/v2/migration/schema/versions を実行し、[Response Body] 内に生成されたバージョンをコピーします。
  4. コピーしたスキーマ バージョンを GET/api/v2/migration/schema/{schemaVersion} のパラメーターとして入力し、API を実行します。
  5. [Response Body] セクションから [Download file] を選択します。

結果: Zip ファイルがダウンロードされます。このファイルには、TMH ファイルのさまざまなテスト成果物のスキーマが含まれています。ZIP ファイルには、次のフォルダーとファイルが含まれています。

  • attachments フォルダー - 各オブジェクトに関連付けられた添付ファイルに対応するサブフォルダーが含まれています。オブジェクト ID がフォルダー名 (テスト ケース、テスト セット、要件、テスト実行など) です。
  • objects フォルダー - Test Manager で利用可能なすべての種類のオブジェクトに対応するサブフォルダーが含まれています。
  • JSON マニフェスト ファイル - WebExtension に関する基本的なメタデータが含まれています。
  • readme.txt ファイル - フォルダーに入れるデータを準備する手順が記載されています。

TMH ファイルを準備する

インポートする TMH ファイルを準備する際は、ファイル サイズが 2 GB を超えないようにすることをお勧めします。ファイル サイズをこの制限内に抑えることにより、インポート プロセスが途中で中止されるのを避けられます。
各サブフォルダー内のサンプル スキーマに従って、JSON ファイルにインポートするすべてのオブジェクトを指定します。

: テスト ケースを指定するには、以下のサンプル スキーマを使用します。

{
  "testCases": [
    {
      "id": "string (100)",
      "version": "string (100)",
      "name": "string (100)",
      "inputParams": "string",
      "description": "string",
      "automationId": "string (100)",
      "automationTestCaseName": "string (100)",
      "automationProjectName": "string (100)",
      "foreignRef": "string",
      "connectorTestCaseId": "string",
    }
  ]
}{
  "testCases": [
    {
      "id": "string (100)",
      "version": "string (100)",
      "name": "string (100)",
      "inputParams": "string",
      "description": "string",
      "automationId": "string (100)",
      "automationTestCaseName": "string (100)",
      "automationProjectName": "string (100)",
      "foreignRef": "string",
      "connectorTestCaseId": "string",
    }
  ]
}

括弧で囲まれたデータは、自身のテスト ケースに対応するデータに変更します。

  1. プロジェクトの各オブジェクトに対して JSON ファイルを作成したら、これらのファイルを objects フォルダー内の対応するサブフォルダーに追加します。JSON ファイルには好きな名前を付けることができますが、サブフォルダーの名前は変更できません。

    : テスト ケースのデータを含む JSON ファイルを testcases サブフォルダーに追加します。

    重要: インポートするオブジェクトが大量にある場合は、testcases-1.jsontestcases-2.json のように複数のファイルに分割します。サブフォルダーあたりの最大数である 500 個のファイルを追加することをお勧めします。
  2. オブジェクトに関連付けられた添付ファイルを、フォルダー階層 /attachments/object-id/file name を使用して attachments フォルダーに追加します。
    • object-id - 関連付けられたオブジェクトの ID に置き換えます。
    • file name - 添付ファイルの名前に置き換えます。

プロジェクトをインポートできるユーザー

有効な Test Manager ライセンスを持つユーザーであれば、誰でもプロジェクトをインポートできます。

詳しくは、「ユーザーとグループのアクセス管理」をご覧ください。

Test Manager にプロジェクトをインポートする

エクスポートした TMH ファイルを準備してから、Test Manager でプロジェクトのインポートの詳細を確認します。
重要: インポートする TMH ファイルを準備する際は、ファイル サイズが 2 GB を超えないようにすることをお勧めします。ファイル サイズをこの制限内に抑えることにより、インポート プロセスが途中で中止されるのを避けられます。
  1. Test Manager にサインインします。
  2. [プロジェクトをインポート] をクリックします。
  3. TMH ファイルを追加します。プロジェクトの詳細は自動的に取得され、[プロジェクト内のオブジェクト] セクションに表示されるため、インポート プロセスを開始する前に確認できます。
  4. (任意) プロジェクト名、プレフィックス、および説明を編集します。
  5. [テスト ケースのオートメーションの情報を含める] オプションが自動的に選択され、オートメーションやその他の関連情報がインポートされます。たとえば、テスト ケースにリンクされたオートメーションは、その詳細とテスト ケースのステップがすべて含まれた状態で Test Manager にインポートされます。
  6. 情報を確認し、[インポート] をクリックしてプロセスを開始します。
    注: プロジェクトのインポートには通常約 10 分から 15 分かかりますが、大規模なプロジェクトの場合はさらに時間がかかる場合があります。

インポートしたプロジェクトは [プロジェクト] ページに表示され、インポート プロセスが完了するまで灰色表示されます。



Test Manager の既存のプロジェクトにインポートする

  1. Test Manager にサインインします。
  2. [プロジェクトをインポート] を選択します。
  3. こちらからダウンロードした TMH ファイルを追加します。

    プロジェクトの詳細は自動的に取得され、[プロジェクト ファイル内のオブジェクト] セクションに表示されるため、インポート プロセスを開始する前に確認できます。

  4. [ターゲット] の下にある [既存のプロジェクト] を選択します。
  5. [プロジェクト] ドロップダウンから、データのインポート先のプロジェクトを選択します。
    ヒント:
    • サイズが大きい TMH ファイルがある場合は、複数のファイルに分割して、同じターゲット プロジェクト内に別々にインポートできます。
    • 複数のプロジェクトをエクスポートした場合、既存のプロジェクト内に再度インポートできます。
  6. [テスト ケースのオートメーションの情報を含める] オプションが自動的に選択され、オートメーションやその他の関連情報がインポートされます。たとえば、テスト ケースにリンクされたオートメーションは、その詳細とテスト ケースのステップがすべて含まれた状態で Test Manager にインポートされます。
  7. 情報を確認し、[インポート] を選択してプロセスを開始します。
    警告: テスト結果はエクスポートされないため、[テスト結果] フィールドは常に 0 になります。

    既存のプロジェクトのインポート プロセスが完了すると、このイベントに関する「プロジェクトのインポートが完了しました。」という通知が表示されます。



  8. 通知を選択して、新しいプロジェクトの [添付ファイル] タブに移動します。以下を確認できます。
    1. 移行手順のログ (ZIP ファイル)
    2. 移行されたオブジェクトのログ (zip ファイル)

インポート後の手順

インポート後の手順

プロセスの完了後の通知として Test Manager に表示されるインポートのプロジェクト レポートを確認します。インポートの概要の PDF ファイルには、インポートしたオブジェクトのステータスが表示されます。インポートされていないオブジェクトは、オブジェクト移行ログの CSV ファイルで個別に調査できます。プロジェクトのインポートに失敗した場合は、UiPath のサポートにお問い合わせください。

オートメーションの情報を表示する

特定のテスト ケースを生成したオートメーションに関する情報を表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [プロジェクトをインポート] ページの下部にある [テスト ケースのオートメーションの情報を含める] を選択します。
  2. インポートを完了し、インポートしたテスト ケースに automationcleared ラベル フィルターを適用して絞り込みます。
  3. 返されたテスト ケースをそれぞれ開いて [詳細] タブに移動し、そのテスト ケースを生成したオートメーションに関する情報を取得します。

[詳細] タブに表示されるオートメーションの情報には以下が含まれます。

  • オートメーション ID
  • AutomationProjectName
  • AutomationTestCaseName



[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.