Test Suite
v2023.4
API バージョン - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

API バージョン

Test Manager には、連携に使用できる API バージョンが 2 つあります。1 つ目の API バージョンは、ロールベースのアクセス制御で保護されていません。2 つ目の API バージョンは、特定のプロジェクト スコープ内でロールベースのアクセス制御で保護されます。一部のレガシ API には組織管理者しかアクセスできませんが、2 つ目の API バージョンには、組織管理者ではないプロジェクト所有者もアクセスできるようになりました。

バージョン スケジュール

V1 は、スタンドアロンと Automation Suite の Test Manager では 2023 年 4 月 (2023.4 のリリース) まで利用できます。

バージョンベースの API

API バージョン

権限

説明

V1

• Attachments

• AzureDevOpsConnector (非推奨)

• Capabilities

• Configuration

• Connectors (非推奨)

• CustomFieldDefinitions (非推奨)

• CustomFieldValues

• Defects

• JiraCloudBasicAuthConnector (非推奨)

• JiraCloudOAuthConnector (非推奨)

• JiraConnectorWebHooks

• JireServerConnector (非推奨)

• KPIs

• ObjectLabels

• Orchestrator

• ProjectReports

• Projects (非推奨)

• RedmineConnector (非推奨)

• Requirements (非推奨)

• ServerInfo

• ServiceNowConnector (非推奨)

• Settings

• Telemetry

• TestCaseLogs

• TestCases

• TestExecutions

• TestSets

• TestSteps

• ThirdPartyAuth (非推奨)

• UserAuth

• Users

• UserSession

• UserSettings

• WebHookConfiguration (非推奨)

• XrayCloudConnector (非推奨)

• XrayConnectorWebhooks

• XrayServerConnector (非推奨)

組織管理者および非管理者ユーザーが使用できます。

ロールベースのアクセス制御によって保護されていません。

v2

• AzureDevOpsConnector

• Connectors

• CustomFieldDefinitions

• JiraCloudBasicAuthConnector

• JiraCloudOAuthConnector

• JiraServerConnector

• ProjectPermissions

• Projects

• QtestConnector

• RedmineConnector

• Requirements

• ServiceNowConnector

• WebHookConfiguration

• XrayCloudConnector

• XrayServerConnector

管理者およびプロジェクト所有者が使用できます。

API バージョンを更新する

ロールベースのアクセス制御による呼び出しを行うには、Swagger を使用して API バージョンを更新します。

  1. お使いの Test Manager インスタンスの URL に /swagger/index.html を追加します (例: https://testmanager.com/swagger/index.html)。
  2. ページ上部の [Select a definition] をクリックして、ドロップダウン リストから [V2] を選択します。

    次の例に示すように、要求にバージョン番号が含まれるようになります。

    curl -X 'GET' \
      'https://company/testmanager/companyTenant/testmanager_/api/v2/projects' \
      -H 'accept: application/json'curl -X 'GET' \
      'https://company/testmanager/companyTenant/testmanager_/api/v2/projects' \
      -H 'accept: application/json'


関連記事

[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.