Test Suite
v2023.4
ローカル iOS デバイス - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

ローカル iOS デバイス

ローカル iOS デバイスを設定する

ローカル デバイスをモバイル オートメーション アクティビティで動作するように設定するには、Appium のローカル インスタンスを実行し、iOS デバイスの操作の自動化に必要なツールを用意する必要があります。

自動化できるローカル iOS デバイスには、次の 2 種類があります。

  • 物理 - USB ケーブルでローカル マシンに接続できる iOS 物理デバイスです。
  • エミュレーター - ローカルに保存される iOS デバイス用のエミュレーターです。

使用頻度の高い Appium コマンド

以下のリストは、モバイル デバイス オートメーションのコンテキストで Appium を設定する場合に最もよく使用されるコマンドです (Appium 2.0 に推奨)。

  • xcrun simctl list - 利用可能なデバイス、デバイスの種類、ランタイム、デバイスのペアのリストを表示します。
  • xcrun simctl list devices - 使用可能なデバイスのリストを表示します。
  • xcrun simctl list devicetypes - デバイスの種類のリストを表示します。
  • xcrun simctl list runtimes - ランタイムのリストを表示します。
  • xcrun simctl list runtimes - デバイスのペアのリストを表示します。

アプリケーション ストレージ

モバイル アプリを Appium サーバーが動作中のマシンに保存するか、IPA ファイルを、Appium サーバーが匿名でアクセスできる URL (例: Blob ストレージ) にアップロードする必要があります。

Google Play ストアまたは Apple App Store からアプリケーションをインストールすることはできません。ただし、これらのアプリケーションを手動で自動化して、独自のアプリケーションをインストールする場合は別です。

重要:
アプリのアーティファクトが拡張子 APP を使用していて、そのアプリをパブリック URL にアップロードする場合、Payload という名前のフォルダーを作成し、そこに拡張子 APP 付きのアプリを配置してから Payload フォルダーをアーカイブし、その拡張子を ZIP ではなく IPA に変更する必要があります。

さらに、自動化しようとしているアプリケーションが、ターゲット アーキテクチャ (シミュレーターまたは物理デバイス) 用にコンパイルされていることも確認してください。

iOS 物理デバイスを設定する

前提条件

  1. Xcode をインストールします。
  2. ターミナルを開き、次のコマンドを実行して Homebrew をインストールします。

    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

  3. 次のコマンドを実行して Node.js をインストールします。

    brew install node

  4. Appium をインストールします。
    • Appium 1.0 の場合は、コマンド npm install -g appium を実行します。これにより、必要なドライバーがすべて自動的にインストールされます。
    • Appium 2.0 の場合は、コマンド npm install -g appium@next を実行します。
Appium 2.0 には既定ではドライバーがインストールされていません。したがって、必要なドライバーをインストールするために、コマンド appium driver install xcuitest も実行する必要があります。
重要:
  • v22.10 以降の モバイル オートメーション アクティビティ パッケージには Appium 2.0 を使用することをお勧めします。
  • iOS 物理デバイスでモバイル オートメーションをテストする場合は、Appium 2.0 をインストールしてください。

    1. Xcode を開いて、必要になる可能性がある追加のコンポーネントをすべてインストールすることを許可します。スプラッシュ スクリーンが表示されたら閉じます。
    2. コマンド appium --port 8001 --default-capabilities "{\"appium:systemPort\":9001}" --relaxed-security を使用して Appium サーバーを起動します。


ローカルの物理 iOS デバイスを設定する

  1. 物理デバイスを Mac に接続します。
  2. 警告のポップアップが表示されたらデバイスのロックを解除して、コンピューターが確実にデバイスにアクセスできるようにします。
  3. Appium URL を取得し、後で使用するために保存します。
    • [システム設定] に移動して [ネットワーク] タブを開き、物理デバイスが接続されている Wi-Fi ネットワークを選択します。
    • デバイスが接続されている Wi-Fi ネットワークの IP アドレスをコピーします。Appium URL の形式は http://<ipaddress>:8001 です (8001 は Appium を開始するポート番号です)。


  4. XCode から、お使いのマシンに接続した物理 iOS デバイスの UDID を取得します。
    • [Window] > [Devices and Simulators] > [Devices] に移動します。
    • 接続した iOS デバイスをクリックします。
    • Identifier をコピーします。これがデバイスの UDID です。後ほど MDM にこの iOS 物理デバイスを追加するときに、希望する追加機能として追加します。
  5. お使いの Mac の XCode で WebDriverAgent を構築します。
    • パス /Users/<username>/appium2/node_modules/appium-xcuitest-driver/node_modules/appium-webdriveragent を使用して appium-webdriveragent フォルダーに移動し、xcodeproj ファイルを開きます。
    • [WebDriverAgent] を選択し、[Targets] セクションの [WebDriverAgentRunner] を開きます。
    • [Signing & Capabilities] タブに切り替えて [Automatically manage signing] を選択し、[Team] ドロップダウンからユーザー アカウントを選択します。
    • [Bundle Identifier] を一意の値に変更します。
    • この Bundle Identifier をコピーして保存します。このファイルを使用して、MDM (バンドル ID) 内にアプリケーションを追加します。



  6. お使いの iOS 物理デバイスに WebDriverAgent をインストールします。
    • WebDriverAgent のナビゲーション バーで [WebDriverAgentRunner] を選択します。
    • XCode で [Product] に移動し、[Test] をクリックします。接続済みの iOS 物理デバイスで、WebDriverAgent がインストールされるのを確認できます。
  7. モバイル デバイス マネージャーに iOS デバイスを追加する」の手順を使用して、設定したローカルの物理 iOS デバイスをモバイル デバイス マネージャーに追加します。

モバイル デバイス マネージャーにローカル iOS デバイスを追加する

  1. Studio からモバイル デバイス マネージャーを開きます。
  2. 左側のナビゲーション パネルの [デバイス] に移動します。
  3. デバイスを次のように設定します。
    • 名前 - [デバイス] タブでデバイスを識別するための名前を入力します。
    • Appium URL - 前述の手順でコピーした Appium URL を http://<ipaddress>:8001 という形式で入力します。
    • プラットフォーム - フィールドをクリックして、ドロップダウンから [iOS] を選択します。
    • デバイス名 - デバイスの名前を入力します。
    • 希望する追加機能 - 次の機能を追加します。

      名前

      値 (Value)

      automationName

      xcuitest (Appium iOS ドライバーをアクティブ化する機能)

      udid

      the Identifier of the connected physical iOS device

  4. (任意) [ログ] タブでログ記録とビデオ記録の詳細を設定します。
  5. (任意) [開発] タブで開発プロセスを設定します。
    • 類似タブを閉じる (既定で有効): 類似のデバイスやアプリケーションとの接続を実行しているタブを閉じます。
    • ページの更新を待機 (既定で有効): ページのソースが各アクションのスクリーンショットを取得するまで待機します。
  6. [保存して閉じる] をクリックしてデバイスを追加します。

    デバイスが [デバイス] リストに追加されます。ローカル デバイスを追加するには、「ローカル デバイス」をご覧ください。

    デバイスを起動できない場合は、「トラブルシューティング シナリオ: iOS 物理デバイスの起動に失敗する」をご覧ください。



iOS でのハイブリッドおよび Web の自動化

運用環境向けのアプリ構築の自動化を目的としていない場合、ハイブリッド自動化は既定で iOS デバイスで機能します。運用環境のアプリを自動化する場合、WKWebView でホストするコンテンツは自動化できませんが、SFSafariViewController でホストする Web コンテンツであれば、運用環境のアプリでも自動化できます。詳細については、「SFSafariViewController」をご覧ください。

[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.