Test Suite
v2023.4
ヒートマップ - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

ヒートマップ

ヒートマップは、ビジネス ユーザーのためのデータ可視化ソリューションです。SAP システムの使用状況を把握し、実際のシステム データに基づいて何をどこからテストすべきかを判断するのに役立ちます。
注: ヒートマップでサポートされているシステムは、SAP ECCSAP S/4HANASAP EWM です。
データは、日次、週次、または月次のオーバーレイ経由で集計され、ヒートマップに視覚的に表示されます。SAP 用のヒートマップを使用して、テストの関連度とテスト カバレッジを判断します。
  • テストの関連度 - 特定の目標を達成するためのテストの関連度が、ヒートマップのボックスのサイズで表示されます。ボックスのサイズから、「このトランザクションの使用頻度と使用量はどれくらいか」という質問への答えが得られます。

    テストの関連度は、各種のパラメーター (ユーザー数、実行回数、総実行時間、トランザクションの複雑さ (開発オブジェクトの数に基づく)) と、設定したトランザクションの負荷の種類に基づいて計算および重み付けされます。

    SAP データのソースに応じて、ヒートマップの属性の割合に対して既定の設定を定義できます。

  • テスト カバレッジ - 実行されたテスト ケースによるトランザクションの実行カバレッジが、ボックスの色によって可視化されます。各色は以下を示します。
    • 灰色: テスト ケースが存在しないか、実行されていないことを意味します。
    • : テスト ケースは存在しますが、1 つ以上の実行が失敗したことを意味します。
    • - テスト ケースが存在し、すべての実行が合格したことを意味します。

このように可視化されるので、SAP の健全性をすばやく把握できます。

ヒートマップの表示

SAP データを使用して生成される実際のヒートマップでは、次の 2 つのレベルのビューが提供されます。

  1. アプリケーション コンポーネント — 特定のアプリケーション コンポーネント内で使用されるトランザクションがすべて含まれる、ヒートマップ内のコンテナーです。
  2. トランザクション — 特定のトランザクションまたはプログラムに関するデータ (名前、SAP コード、ヒートマップ内のテストの関連度のパーセンテージなど) を含む、アプリケーション コンテナー内のボックスです。

    選択した対象領域を拡大して、特定の SAP コンポーネントまたはモジュールにのみ集中できます。

    1. 灰色 - 実行されたテスト ケースがない、またはこのトランザクションにはテスト ケースが存在しないことを意味します。
    2. - テスト ケースが存在し、1 つ以上の実行が失敗したことを意味します。
    3. - テスト ケースが存在し、すべての実行が合格したことを意味します。


ヒート マップの属性の割合

ヒート マップは、以下の SAP 属性の値に基づいて作成されます。

SAP 属性説明既定値
ユーザートランザクションを使用するユーザーの数40
実行トランザクションあたりの実行数10
Timeトランザクションの実行に要する総処理時間10
オブジェクトトランザクションで使用される開発オブジェクト (画面、機能モジュール、テーブルなど) の数 10
強度トランザクションの種類:
  • 高負荷のトランザクションは、作成のトランザクションと見なされます。
  • 中負荷のトランザクションは、変更のトランザクションと見なされます。
  • 低負荷のトランザクションは、表示のトランザクションと見なされます)。
30
重要:
割り当てたすべての割合の合計が 100 である必要があります。

SAP インスタンスへの直接接続

設定は、ヒートマップの右上隅の から顧客のニーズに基づいて調整できます。



CSV ファイルを使用した接続

これらは、SAP から CSV ファイルをダウンロードするときに [Parameters] タブで設定します。



ヒートマップ、テスト ケース、およびトランザクション間のリンクと接続

ヒートマップ内のすべてのトランザクションには、実行時に一意のラベルが自動的に割り当てられます。ラベルの形式は、TRAN:SAP_CODE または PROG:SAPPROGRAM です。

実際に実行されたトランザクションとその依存関係に関する情報が実行時に収集されます。テストの実行は、SAP Testing Project テンプレートを使用して監視できます。SAP Testing Project テンプレートを使用すると、実行されたトランザクションとテスト ケースをリンクできます。

たとえば、名前が Create Purchase Order で SAP コードが ME21N のトランザクションには、 TRAN:ME21N というラベルが付きます。このトランザクションのテスト ケースを作成する場合、同じラベルが [テスト ケースを作成] ダイアログ ボックスの [ラベル] フィールドに表示されます。


ヒートマップの添付ファイル

ヒートマップを生成する SAP データは、Test Manager の [ダッシュボード][添付ファイル] にあります。

  • [データ ソース] として [SAP インスタンスを接続] が設定されている場合: 3 つの JSON ファイルが添付されます (用)。
  • [データ ソース] として [CSV からアップロード] が設定されている場合: アップロードした CSV ファイルが添付されます。
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.