Test Suite
v2023.4
要件 - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

要件

ユーザー ストーリー、エピック、その他のアーティファクトなどの要件の管理には、専用の要件管理ツールを使用するのが一般的です。Test Manager は、外部ツールからの要件の同期のほか、Test Manager 内からの要件の作成にも対応しています。Test Manager のプロジェクトには、外部ツールから同期した要件のほか、Test Manager 内で作成した要件も含めることができます。

要件を作成する

Test Manager プロジェクト内に要件を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. [テスト設計] メニューで [要件] ページに移動します。


  2. [要件を作成] をクリックします。[要件を作成] ウィンドウが表示されます。
  3. フィールドに、次のように入力します。
    • 名前 - 要件の名前。
    • 説明 - (任意) 要件の説明を入力します。書式付きテキストを入力する場合は、Markdown 構文を使用します。
    • 必要に応じて、任意の数のオブジェクト ラベルを追加できます。
  4. [作成] をクリックします。新しい要件が、[要件] ページに表示されます。
    ヒント: ドキュメントをアップロードする

外部ツールの要件を同期する

外部 ALM ツールからの要件と Test Manager からの要件の同期を保つには、はじめに接続を設定する必要があります。プロジェクトを外部 ALM ツールと同期させるための設定方法については、「ALM ツールのコネクタについて」をご覧ください。

接続が正しく設定されれば、外部ツールで作成されるすべての要件が Test Manager 内にも作成されます。要件の名前と説明も、外部ツールで変更されるたびに同期されます。それらの属性は、Test Manager 内では読み取り専用になっています。

注: 外部 ALM システムとの接続設定が完了しても、既存のアーティファクトの初期同期は実行されません。膨大な量のデータが Test Manager 内に作成され、そのために予想もつかないほど長い時間がかかってしまうのを防ぐためです。ただし、外部ツール内のオブジェクトが更新された場合は、そのオブジェクトが Test Manager 内にまだ存在していなければ、必ず作成されます。

要件を複製する

一度に複製できる要件は 1 つだけです。
  1. 複製する要件の [その他のオプション] docs image を選択し、[複製] を選択します。
    [複製] パネルが表示されます。
  2. 複製する情報を選択します。
    1. テスト ケースの割り当て
    2. ドキュメント
    3. ラベル

      存在する場合は、カスタム フィールド定義、カスタム フィールド値も複製されます。

  3. [確認] を選択して、要件を複製します。
    要件はバックグラウンドで複製されます。」というメッセージが表示されます。


要件の複製が、別の ID で作成されます。


Jira の要件

オブジェクトを Jira から Test Manager に同期する

Test Manager には、Jira コネクタがはじめからインストールされています。Jira インスタンス上で、Atlassian Marketplace から UiPath Test Manager for Jira アプリをインストールする必要があります。同期を有効化するための Jira と Test Manager の設定方法については、「Jira プロジェクトに接続する」をご覧ください。

Jira のオブジェクトは、次のような状況で Test Manager に同期されます。

  • Jira でオブジェクトが作成され、Jira がその種類のオブジェクトを同期するように設定されている場合。
  • Jira でオブジェクトが更新され、Jira がその種類のオブジェクトを同期するように設定されている場合。

    注:

    Jira で Test Manager には存在しないオブジェクトが更新されると、Test Manager に新しい要件が作成されます。

    Jira でオブジェクトを削除しても、Test Manager 内の同期されたオブジェクトは削除されません。Test Manager はシステム間で削除アクションを伝搬しません。

同期を強制する

特定の種類のオブジェクトがただちに同期されるようにすることもできます。この機能は、次のような状況で役に立ちます。

  • 何らかの理由でオブジェクトの同期が失われている場合。たとえば、Jira のオブジェクトが更新されたときに、Test Manager が使用不可能であった場合など。
  • Test Manager で新しい Jira 接続を設定して、Jira の既存のオブジェクトを同期する必要がある場合。

オブジェクトが強制的に同期されるようにするには、次の手順を実行します。

  1. Jira でオブジェクトを開きます。
  2. [その他] メニューの [Push to Test Manager (Test Manager にプッシュ)] をクリックしますただちに、同期が実行されます。

    注: Jira との接続の設定後、Test Manager は「すべてを同期する」操作を実行しないことに注意してください。
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.