Test Suite
v2023.4
モバイル デバイス マネージャーを管理する - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

モバイル デバイス マネージャーを管理する

モバイル デバイス マネージャー (MDM) を使用してデバイスとアプリケーションを管理できます。

モバイル デバイス マネージャーの条件

  • MDM には、Studio からのみアクセスできます。
  • 一度に起動できる MDM のインスタンスは 1 つだけです。

クイック アクション

モバイル デバイス マネージャーが起動し、[ようこそ] タブが表示されます。このタブでは、いくつかのアクション (アプリケーションを開始する、ログを開く、など) をすばやく実行できます。

docs image

以下に、[ようこそ] タブで実行できる操作のリストを示します。

操作

説明

デバイスを開く

[デバイス] タブを開きます。詳しくは、「デバイスを管理する」をご覧ください。

アプリケーションを開く

[アプリケーション] タブを開きます。詳しくは、「アプリケーションを管理する」をご覧ください。

アプリケーションを開始

デバイスとアプリケーションを選択し、ログ設定を切り替えて、接続を作成します。

アプリケーションを開始するその他の方法は、「アプリケーションを開始する」をご覧ください。

ログを開く

ログを選択して新しいタブで開き、操作、要求、イベントをレビューすることができます。詳細については、「ログおよび実行タイムライン」をご覧ください。

設定をエクスポート

設定したデバイスとアプリケーションのリストを JSON ファイルとしてエクスポートします。

設定をインポート

設定したデバイスとアプリケーションのリストを JSON ファイルとしてインポートします。新しい設定は、必要に応じて既存の設定に追加されます。インポート中に重複するデバイスやアプリケーションが見つかると削除されます。

プロジェクト設定を管理する

プロジェクト設定は、現在のプロジェクトにのみ適用されます。既定のログ パスの変更、デバイスとの対話の設定、デバイスとアプリケーションで使用する変数の設定が可能です。

プロジェクト レベル設定を構成する

プロジェクト設定を構成するには、モバイル デバイス マネージャーを開き、[プロジェクト設定] > [プロジェクト レベル設定] に移動します。以下に、プロジェクト レベルで構成できる設定のリストを示します。

設定

説明

ログのパス

既定のログのパスを変更します。ログへのパスを共有ネットワーク ドライブに設定すれば、メンバーが広くリソースにアクセスできるようになります。詳細については、「ログおよび実行タイムライン」をご覧ください。

コンテキスト対応の要素を発見

デバイス上にマウスをホバーさせて、コンテキスト対応の要素をより簡単に検出することができます。この機能は、既定でアクティブに設定されています。詳細については、「デバイスとの対話」をご覧ください。

許容される ID の最大の長さ

要素 ID の文字数として実用的な値を設定します。既定値は 40 です。

スライダーの値を正規化

スライダーの値を 0 ~ 1 の範囲で設定します。

変数を設定する

動的な値を作成するには変数を定義します。たとえば、Appium エンドポイントを使用している場合、すべてのデバイスで使用する変数を定義できます。変数は、デバイスとアプリケーションの両方の設定に使用できます。

変数を設定する

動的な値を作成するには変数を定義します。たとえば、Appium エンドポイントを使用している場合、すべてのデバイスで使用する変数を定義できます。変数は、デバイスとアプリケーションの両方の設定に使用できます。

変数を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. Studio を開き、[モバイル オートメーション] > [モバイル デバイス マネージャー] に移動します。
  2. [プロジェクト設定] > [変数] に移動します。
  3. [名前][値] を設定します。入力できるのは英数字だけです。
  4. [保存して閉じる] をクリックします。

変数を使用する

デバイスを設定する場合、次のフィールドでは変数を使用できます。

  • 名前
  • デバイス名
  • プラットフォーム バージョン

アプリケーションを設定する場合、次のフィールドでは変数を使用できます。

  • アプリ
  • アプリのパッケージ
  • アプリのアクティビティ
  • 開始ページ

カスタム HTTP ヘッダーを設定する

Appium により生成される既定のヘッダーにカスタム HTTP ヘッダーを追加して、プロキシの背後でのモバイル テストを実行しやすくします。カスタム HTTP ヘッダーを使用すると、特定のヘッダーのみを受け入れるプロキシを追加して、モバイル テストを実行できるようになります。追加するカスタム ヘッダーは既存のヘッダーを上書きしませんが、ヘッダーがサポートする値のコレクションに追加されます。

HTTP ヘッダーを使用する

  1. Studio を開き、[モバイル オートメーション] > [モバイル デバイス マネージャー] に移動します。
  2. [プロジェクト設定] > [HTTP ヘッダー] に移動します。
  3. [キー] (カスタム ヘッダーの名前) と [値] (カスタム ヘッダーの実際の値) を設定します。

    [値] フィールド内に変数を追加することはできません。

    docs image
  4. [保存して閉じる] をクリックします。
  5. [モバイル デバイスの接続] アクティビティ内の接続の詳細を選択します。

    MDM 内に追加したカスタム HTTP ヘッダーは、アクティビティの [HTTP ヘッダー] コレクション内にインポートされます。

  6. アクティビティの [HTTP ヘッダー] コレクションに、さらにカスタム HTTP ヘッダーを追加します。
    これらのヘッダーは MDM には表示されませんが、ヘッダーの追加前に作成したモバイル デバイス接続に適用されます。
    警告:

    モバイル デバイス接続の詳細を変更すると、以下が発生します。

    • [モバイル デバイスの接続] アクティビティの [HTTP ヘッダー] コレクション内で直接作成された HTTP ヘッダーが失われます。
    • MDM 内で直接作成された HTTP ヘッダーは保持されます。
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.